無印良品 台南旗艦店 リニューアルオープンのお知らせ

海外初のMUJI BOOKS導入

 株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑曉)のグループ会社である台湾無印良品股份有限公司(台北市/総経理 梁益嘉)は、台湾南部の台南市にある無印良品台南門市をリニューアルし、台湾最大面積となる341坪に拡大して11月6日(金)にオープンします。台南旗艦店は、台湾では3店舗目となるCafé&MealMUJIを設置するほか、海外で初めてとなるMUJI BOOKSを導入、さらに台湾初のサービスとなるオーダー家具もこの店舗限定で販売を開始します。

 

 台南市は、17世紀に台湾島ではじめて都市がつくられた場所で、史跡や文化財を多く保有する「文化古都」として知られています。無印良品は、台南市中心街に位置する大規模百貨店、新光三越台南西門店の5階。歴史と文化の継承をすべく、店舗環境には、台南地区に古くから使われている「鉄花格子」を取り入れます。豊かな自然環境に包まれたこの地から、無印良品の考える「感じ良いくらし」を発信していきます。


■「感じ良いくらし」のヒントを発見する「MUJI BOOKS」
日本国内で提案してきた「MUJI BOOKS」が、初めて海外に飛び出します。この台南旗艦店では、台湾と日本で発行された書籍や雑誌を、くらしの中の「衣食住・行育楽」をテーマに選書し、無印良品の商品と融合した売場を展開します。ゆたかな暮らしの種となる、思いがけない発見やヒントを、MUJI BOOKSで見つけてほしいと考えています。

■お客様とのコミュニケーションスペース「Open MUJI」を設置
お客様との直接のコミュニケーションスペースとなる「OpenMUJI」も海外初の展開です。地元を基盤として活躍する職人やデザイナーを招待したワークショップやセミナーを開催するなど、情報発信のプラットフォームとして、OpenMUJIを軸にお客様との交流を積極的に行ってまいります。

■台湾初となるオーダー家具の導入
お客様ひとりひとりのニーズに相応しい暮らし方を提案する無印良品は、台湾で初めてとなるオーダー家具の導入をいたします。また、インテリアの専門知識を持つインテリアアドバイザーが常駐し、お客様に沿った暮らし方を気軽に選ぶためのお手伝いをいたします。

■現地の食材を使った「Café&Meal MUJI」
‘素の食はおいしい。’をコンセプトとし、素材の味を生かしたシンプルな調理のデリやデザートで、台湾でもご好評をいただいているCafé&Meal MUJIの3号店となるこの店舗では、「食通の街-台南」の要素も取り入れて、限定メニューを用意します。
「黒豆醤油バター風焼きサバヒ-」は官田水鳥緑保育法※で育つ菱※やハスの実、焼きサバヒーを使います。また、熱帯気候の台南に最適な酢漬けたまねぎ柚子サラダなど、台南ならではの素材と味を提供します。
※官田水鳥緑保育法・・・・農薬を使わず、水鳥と共生する環境を整えた中で農産物(水生植物)を栽培する方法
※菱・・・・水生植物


【店舗概要】
・無印良品
店舗名   無印良品 台南門市
所在地 台南市西門路一段658號5FA區(新光三越台南西門店)
営業時間 11:00~22:00
売場面積 341坪 (約1,125㎡)
オープン 2015年11月6日(金)

・Café&Meal MUJI
店舗名 Café&Meal MUJI 台南
所在地 台南市西門路一段658號5FA區(新光三越台南西門店)
営業時間 11:00~22:00
売場面積 49坪 (約161㎡) / 61席
オープン 2015年11月6日(金)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社良品計画
  4. >
  5. 無印良品 台南旗艦店 リニューアルオープンのお知らせ