『24時間にふれる』展 -みて、きいて、さわって-開催のお知らせ

Open MUJI Tokyo

Open MUJI Tokyo(東京都:無印良品 有楽町内)では、2016年1月16日(土)~2016年2月21日(日)まで、「『24時間にふれる』展 –みて、きいて、さわって-」を開催致します。
 

 


“毎日、毎時間、私たちは無数のものと触れています。朝めざめた時から再び床につくまでの間に一人の人間の必要とするもの、使うもの、身につけるもの、そして捨てるものまで丹念に数えてリストにしたら相当な数になる筈です。”
この言葉から無印良品が出版した『素手時然』は、はじまります。

私たちのまわりはモノで溢れています。日々、暮らしの中で無意識のうちにそのモノ=道具にふれています。それは身体を守る衣類であったり、飲み物をいただくためのグラスや心地よく眠りにつくためのシーツであったり、何かをするために必要な道具です。無印良品には衣・生・食7000アイテムを超えるくらしに寄り添う道具があります。それらの道具はさまざまな素材でできています。
本展では、都市に暮らす50人にリサーチし、1日24時間にふれた素材の平均値を割り出し、無印良品の商品・素材に置き換えました。「みて」「きいて」「ふれる」視覚・聴覚・触覚の3方向からくらしを観察し、より良いくらしを目指すわたしたちの活動がここにあります。

【基本情報】
会場|無印良品 有楽町 2F Open MUJI Tokyo
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
会期|2016年1月16日(土)~2016年2月21日(日)(全36日間) 開場時間|10:00-21:00(入場無料)
お問い合わせ|http://www.muji.com/jp/events/tokyo/
主催|無印良品
企画・運営|生活雑貨部企画デザイン室・無印良品 有楽町 Open MUJI Tokyo
協力|資生堂、資生堂グローバルイノベーションセンター

【関連イベント】
本展では、感性・感覚の研究者やアーティストをお招きして、「ふれる」にまつわるトークイベント、ギャラリートークを開催致します。
■トークイベント「都市生活者の「五感を科学する・デザインする」」 ※要事前申込
日程 :1/27(水)19:00〜20:30(受付:18:30〜)
登壇者:  川副智行(資生堂 基盤研究センター 感性・感覚研究グループ グループマネージャー,工学博士)
大友聡(良品計画 生活雑貨部企画デザイン室 ディレクター)・森田明奈(良品計画 生活雑貨部企画デザイン室 ディレクター)
■ギャラリートーク ※要事前申込
日程 :2月10日(水)19:00〜19:30(受付:18:30〜)
登壇者:ひつじ(システムアーティスト)
大友聡(良品計画 生活雑貨部企画デザイン室 ディレクター)・森田明奈(良品計画 生活雑貨部企画デザイン室 ディレクター)

各イベントの詳細、お申し込みにつきましては、OpenMUJI Tokyo公式Webサイトをご覧ください。
OpenMUJI Tokyo公式Webサイト|http://www.muji.com/jp/events/tokyo/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社良品計画
  4. >
  5. 『24時間にふれる』展 -みて、きいて、さわって-開催のお知らせ