“東北の魅力”を国内および訪日外国人旅行者へも発信 「東北 絆キャンペーン」~ともに進む、あしたへつなぐ 東北の未来~

JTBグループ全社キャンペーン 実施期間:2016年3月11日~9月30日

株式会社ジェイティービー(東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行/以下JTB)は、2016年3月11日より、東北6県を舞台に、JTBグループ全社での取り組み「東北 絆キャンペーン」を実施します。
2011年3月11日の東日本大震災発生後、JTBグループは、東北の魅力を伝えるため様々な活動を行っております。「東北 絆キャンペーン」は、JTBグループの総合力を活かし、東北の魅力を日本全国や世界に発信してまいります。特に、訪日外国人旅行者に対しては、JTBグループとして初めてインバウンド誘客キャンペーンとして位置付け、国内旅行の個人旅行者および団体(法人)旅行者へ“東北の魅力”をご紹介するとともに、東北の未来に貢献したいと考えております。

訪日外国人旅行者向けには中長期的に『東北』を定番の訪問地にすべく、自然・文化に因んだ魅力を発信し、東北ならではの夏祭り体験商品や双方向のチャーター便の設定など実施いたします。
 

 

 国内向けでは、新たな取り組みの一つとして、宮城県山元町の被災エリアを語り部ガイドと訪れ、参加者が“黄色いハンカチ”に東北への想いなどを記入し、旧小学校に設置した特設ポールに掲げることで東北との絆を深めることができる「黄色いハンカチプロジェクト」の企画をはじめ、地域でしか体験できない“食”“温泉”“祭り”などを活かした個人・団体旅行者への様々な企画をご用意いたします。

【今までのJTBグループの活動の一例】
・「学びのプログラム」シリーズの立ち上げ
震災の風化を防ぎ、後世にその教訓を伝えることを目的とし、地元自治体などと協力し合い復興支援と防災について学べる企画実施しています。
・「JTB東北ふるさと課(化)」プロジェクト
2013年5月よりを発足。「海と生きる気仙沼で 日本酒を知る 海中貯蔵の旅」と銘打ち、地元の銘酒『蒼天伝』(男山本店)を参加者自らが海中に貯蔵するユニークなプランなど、数々の旅行商品の企画をしています。
また、JTB公式Facebookでは、毎月11日には、被災地との継続的な関係を通じて心の復興にもつなげるため、
東北の情報を発信しています。
・JTBのオリジナルイベント「杜の賑い」東北開催
地域の様々な郷土の祭りや伝統芸能を一度に鑑賞できるJTBのオリジナルイベント「杜の賑い」を、福島、秋田、山形にて実施しました。
・JTBのデスティネーションキャンペーン「日本の旬」東北エリアで開催
2015年度上期(4~9月)は東北を舞台に実施しました。
 

 2016年3月11日で5年が経過しますが、これからも震災を決して忘れることなく、東北の方々と共に魅力溢れる東北の未来に向け、旅のチカラで人々の交流を創造し貢献し続けていきます。
 

 

1.東北 絆キャンペーン概要
(1)実施期間 :2016年3月11日(金)~9月30日(金)
(2)対象地域 :東北6県(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の各県)
(3)コンセプト:~ともに進む あしたへつなぐ 東北の未来~
(4)実施概要
「東北ならではの特典」「わかりやすい情報提供」「思い出に残る感動体験」など、旅行者にとって便利で快適なサービスを提供し、東北の魅力を日本全国・世界に発信し、観光を通じた人々の交流拡大を図ることで、更なる東北の魅力向上と東北地域の活性化を目指します。

①JTBグループの総力を結集し、食・温泉・祭りなどの東北ならではの魅力を発信し、需要拡大につなげる。
②東北の行政・経済界の課題である、訪日外国人旅行者の誘客に対し、JTBグループとして初めてのインバウンド誘客キャンペーンを、東北を対象に実施。
③東北ならではの素材を磨き上げるとともに、北海道新幹線開業に伴う青森県・函館デスティネーションキャンペーンとも連携し、魅力ある地域づくり・観光ルート開発に貢献。
④地域との連携強化を更に進め、地域素材の商品造成・復興ツーリズム・CSR活動(JTB地球いきいきプロジェクト等)などの復興支援の取組を継続。

2.訪日外国人旅行者向け主要取組内容

海外から訪日されるお客様数は急拡大しており、本キャンペーンでも、訪日外国人旅行者への取組強化のため、広域観光周遊ルート「日本の奥の院・東北探訪ルート」を主軸として、定番観光地・コース化を目指し、中長期的な目線で多くの方にお越し頂けるよう“東北の魅力”を広く世界に発信します。

(1)商品
 ①雪・桜等自然景観、その地域でしか見られない食・温泉・祭りなどを活用し、充実した商品ラインナップを用意します。
  ・体験重視・価格訴求型商品を取り揃える「EXPERIENCE JAPAN」及び国内旅行者向け商品「エース大感動号」に外国人混乗プランの商品設定。
  ・和牛の夕食+地酒(またはワイン)付プラン、さくらんぼ狩りも楽しめるさくらんぼ満喫プラン、夏祭り桟敷席付プランなど地域素材や特典付きのお得なプランを設定。
  ・外国人向け宿泊サイト「JAPANiCAN」にて東北特集を行い、全世界へ東北ならではの付加価値を付けた商品を発信。
 ②海外の旅行会社向けに、団体向けパッケージプランを新設定します。
  ・首都圏等からの国内移動を含めた、東北を主体とした地方分散に向けた商品。
 ③東北地域と東南アジア都市間での航空チャーター便を実施します。
  ・アジアを主力方面とした2WAYチャーターを行い、訪日外国人旅行者のみならず、東北発の海外旅行需要喚起を地域と連携実施。
(2)情報発信・販売強化
 ①海外からのお客様の視点で、魅力的な観光地や素材を、JTBグループサイトにおける特集ページやアジア域内有名ブロガーによるSNS発信などを活用して伝えていきます。
 ②アジアパシフィック(シンガポール、タイ、台湾など)・中国・韓国のJTBグループ各社を通じて、「東北重点販売キャンペーン」を実施し、販売員研修や各国旅行博への出展などを行い、幅広く東北の魅力をアピールします。
 ③アメリカ・カナダにおいても東北の夏祭りを訪ねるプランなどを企画しています。

3.国内旅行者向け主要取組内容
(1)個人旅行
  ①「新緑」のベストシーズンの魅力をお客様にPRし、新たな需要喚起をします。
   ・新緑見ごろカレンダーと平日宿泊割引・ハイブリッドレンタカー割引の連動
   ・「感動の瞬間(とき)」と連動した東北新緑名勝地10選の選定
   ・地元ガイドとの奥入瀬渓流・五色沼散策、蔵王ドッコ沼のロープウェイ無料企画、磐梯吾妻レークライン及び磐梯高原新緑サイクリング など
  ②「桜」「祭」「花火」「秘湯・名湯」をテーマとした商品の拡充をします。
   ・小岩井農場の一本桜 場内ウォーキング鑑賞、おすすめ桜鑑賞タクシープラン
   ・青森ねぶた祭り期間内宿泊拡充
  ③「めぐる」をテーマに、エリア周遊や街めぐりプランなどを新設定します。
   ・松島、会津若松でのおすすめ観光地を厳選し、お得に見学できる街あるきクーポン
   ・タクシープランの拡充(白神相乗りタクシー、会津・喜多方酒蔵タクシー)
  ④特別企画商品「世界文化遺産登録5周年記念平泉歌舞伎」(日時/9月22日19:00頃開演予定)

(2)団体旅行
  ①「地恵のたび」「学びのプログラム」のラインナップの拡充をします。
  ※「地恵のたび」とは、地域の特性・特産物等を活かして「まちおこし」に成功した地域(事例)を訪ね、新たな地域活性に役立てるプロジェクトです。
   ・宮城県山元町『被災地から1粒1,000円のイチゴができた訳』
   ・福島県土湯温泉『エネルギー再生バイナリー発電事業』 など
  ※「学びのプログラム」とは、震災から未来に向けて学びを得る復興ツーリズムへプログラムを進化させるプログラムです。
   ・宮城県山元町・岩沼市『黄色いハンカチプロジェクト』震災復興支援プログラム・防災学習プログラム
   ・岩手県宮古市、宮城県気仙沼市・南三陸町・女川町同上 など
  ※その他 絆プログラム
   ・岩手県釜石市 『北の鉄人釜石の奇跡とスポーツの奇跡 ~世界遺産橋野高炉跡~』
   ・青森県『B-1グランプリを立ち上げた町おこし軍団』
   ・宮城県『防災まちあるき ~津波伝承ARアプリ~』
   ・福島県『二本松農園 ~ふくしまの食の今を応援する~』 など
  ②特別プログラムの設定を行います。
   「中尊寺秘仏御開帳」「毛越寺特別拝観」「宮沢賢治生誕120周年」「東の奥参り」など

(3)情報発信
東北絆キャンペーン専用サイトURL(1/22より公開予定)
http://www.jtb.co.jp/kokunai/brand/ace/kizuna/

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ジェイティービー
  4. >
  5. “東北の魅力”を国内および訪日外国人旅行者へも発信 「東北 絆キャンペーン」~ともに進む、あしたへつなぐ 東北の未来~