今春開講!社会人・ダブルスクール対応1年制就業コース「本科CG/VFX専攻アニメCGコース」に徳間書店「アニメージュ」編集長の協力が決定!開講直前イベントを3/26開催

デジタルハリウッド(専門スクール)では、3DCGの活用が本格化したアニメ業界からの要望を受け、3DCGを用いて日本様式のアニメーションを制作する“3DCGセルアニメーション”の人材育成を目的とした「ネクスト・アニメーター・プロジェクト」(NAP)を実施しています。
2014年のNAPの取り組みとして、4月開講「本科CG/VFX専攻アニメCGコース」にてTVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」OP等で有名な神風動画を主導に、アニメーション作品「九十九」にて第86回米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートとなったYAMATOWORKS、プロダクションI.Gの「攻殻機動隊S.A.C.シリーズ」を手掛けてきたCGスタッフによるアニメCGスタジオ、サブリメイションの現役スタッフによる、アニメ専門スキル教育の実施が決定。
更にこの度、株式会社徳間書店によるアニメ専門誌「アニメージュ」編集長の協力によるアニメ業界講義「コンテンツプロデュース」も盛り込まれることが決定しました。
main image
 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド] では、3DCGの活用が本格化したアニメ業界からの要望を受け、3DCGを用いて日本様式のアニメーションを制作する“3DCGセルアニメーション”の人材育成を目的とした「ネクスト・アニメーター・プロジェクト」(NAP)を実施しています。

 2014年のNAPの取り組みとして、今年4月開講コース「本科CG/VFX専攻アニメCGコース」にてTVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」OP等で有名な有限会社神風動画を主導に、アニメーション作品「九十九」にて第86回米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートとなったYAMATOWORKS、プロダクションI.Gの「攻殻機動隊S.A.C.シリーズ」を手掛けてきたCGスタッフによるアニメCGスタジオ株式会社サブリメイションの現役スタッフによる、アニメ専門スキル教育の実施が決定しています。
 更にこの度、株式会社徳間書店によるアニメ専門誌「アニメージュ」編集長の協力によるアニメ業界講義「コンテンツプロデュース」も盛り込まれることが決定しました。

 今回のタイアップは、今後アニメ産業界においてクリエイターとして活躍が期待される受講生に対し、3DCGによるアニメ表現技術だけではなく、アニメ業界や歴史に関する知識教育も必要であるというNAPのコンセプトに、アニメージュ編集長の松下氏が共感し、実現に至りました。
 本科CG/VFX専攻 アニメCGコース内の講義科目「コンテンツプロデュース」にて松下氏に登壇いただき、これからアニメ業界でクリエイターとして就業する上で必要となるアニメ業界の基礎知識や3DCGの利用動向等についての授業がおこなわれます。アニメージュは現存する最も歴史のあるアニメ誌であり、これまで数多くのアニメ作品やアニメスタジオ、クリエイターを誌面で取り上げ、アニメ業界の活性化を担ってきました。アニメージュ編集長である松下氏による授業の導入により、デジタルハリウッドはより業界ニーズに適したクリエイター人材の輩出を実現します。

 また、3月26日(水)にはアニメCGコース開講記念プレイベントの開催が決定しており、同コースにて技術指導を行う有限会社神風動画代表の水崎氏、同社スタッフの永田氏(デジタルハリウッド東京本校卒)からコースコンセプトについて説明を行っていただく他、ゲストとのクロストークも予定しています。


【雑誌/講師紹介】

■アニメージュ
1978年5月26日に創刊された、現存する最古参のアニメ雑誌。
誌名は創刊編集長・尾形英夫により「animation」と「image」をミックスして命名された。
創刊以来、多数の類誌が創刊されては消えていく中で一貫してアニメ雑誌市場を牽引し続け、
創刊36周年を迎える今年も、ティーンを中心とした最前線のアニメファンに寄り添う雑誌で
あり続けている。
増刊として声優専門誌「ボイスアニメージュ」、女性向けアニメ雑誌「プリンスアニメージュ」
などを刊行。

編集長:松下俊也(まつした・としや)
1967年10月7日生まれ、愛知県出身。
創刊20周年を機に1998年7月号より編集長に。
その後、一旦アニメージュを離れるが、2006年より編集長に復帰。

■デジタルハリウッド“本科CG/VFX専攻”とは
 http://school.dhw.co.jp/course/cgvfx/index.html
「本科」はクリエイティブ業界を牽引するクリエイターを輩出するデジタルハリウッドの最高峰クラスです。
「CG/VFX専攻」は2104年開講のクリエイティブ未経験者向け1年制コースであり、週末クラス・平日クラスの
選択によりダブルスクールや社会人の受講に対応しています。
デジタルハリウッド伝統の3DCG授業に加え、卒業後に就業を希望する業界に応じて「VFXコース」「アニメCGコース」のどちらかを選択して受講できるのが特徴です。


【アニメCGコース 開講記念プレイベント】
日時:3月26日(水) 19:30~21:00(予定)
ゲスト:有限会社神風動画 水崎氏、永田氏、他ゲスト数名を予定
会場:デジタルハリウッド東京本校 駿河台ホール(御茶ノ水ソラシティアカデミア3F)
参加費:無料(要事前予約)
定員:100名
申込方法:下記URLよりお申込ください。
     http://school.dhw.co.jp/school/tokyo/event/event009.html


【イベントゲスト/登壇企業 紹介】
水崎 淳平 氏
有限会社神風動画代表取締役。
京都造形芸大を卒業後、DTPやゲーム制作、セルアニメーション業界を経て、
メディアの壁を超えた作風を武器に神風動画を設立。代表的な監督作は
みんなのうた『図書館ロケット』『TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 第一部
オープニング』『 EXILE"BOW & ARROWS"MV』『安室奈美恵"Dr."MV』
座右の銘は「妥協は死」。

永田 奏 氏
デジタルハリウッド東京本校を2006年に卒業後、サンライズ荻窪スタジオにて
『FREEDOM』『ボトムズ・ファインダー』『ヒピラくん』『コイ☆セント』『ノラゲキ!』等
の作品でアニメーターとして参加。
神風動画には2011年入社。『ファイアーエムブレム覚醒』『ファンタジーライフ』等に参加。
『ジョジョの奇妙な冒険 一部&二部OP』『ガッチャマン クラウズOP』
『月極蘭子のいちばん長い日』『未来光子 播磨サクラ』ではリードアニメーター兼
CGI監督として参加。


■有限会社神風動画
http://www.kamikazedouga.co.jp/
代表取締役:水崎 淳平
CGによる漫画・アニメ的日本様式の画作りを研究・提案し、常に斬新な映像を制作・発表している
クリエイター集団。
1998年に代表の水崎淳平が京都で個人事業として活動をスタート。
2003年に法人化。本年満10年を迎える。
『TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険』オープニング映像にてCEDEC AWARDS 2013ビジュアル・アーツ部門
最優秀賞受賞、EXILE『BOW & ARROWS』MVにて第16回文化庁メディア芸術祭にて審査委員会推薦作品に選出。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デジタルハリウッド株式会社
  4. >
  5. 今春開講!社会人・ダブルスクール対応1年制就業コース「本科CG/VFX専攻アニメCGコース」に徳間書店「アニメージュ」編集長の協力が決定!開講直前イベントを3/26開催