小嶋 陽菜さんもはじめた?!資生堂の機能性表示食品『飲む肌ケア』新プロモーションを12月1日(木)よりスタート!

 資生堂は機能性表示食品「飲む肌ケア」の新たなプロモーションとして、小嶋 陽菜(こじま はるな)さんを起用した交通・WEB広告を2016年12月1日(木)より開始します。

 「飲む肌ケア」は、2016年9月21日(水)に発売した機能性表示食品です。どこでも手軽に飲むことができる「飲む肌ケア」を、乾燥が気になるけれど自分に手がかけられず満足のいくお手入れができていないと感じている働く女性たちに向けて、交通広告・WEBで発信していきます。

 広告は「飲む肌ケア 乾燥が気になったら。」をキャッチコピーに、顔もからだも美しいイメージを訴求します。
 ますます空気が乾燥してくる冬に向けて、今までにない全く新しい乾燥ケアとして「飲む肌ケア」を皆さまに提案します。

【交通広告】
交通広告は12月1日(木)から順次、7都道府県でスタートします。
<車内ポスター>
北海道:JR北海道、札幌地下鉄(期間12/1~31)
宮城県:JR仙台(東北・常磐線(719系))・仙台地下鉄(東西線)(期間12/1~31)
東京都:JR東日本(関東圏内主要路線)(期間12/5~11)、東京メトロ(銀座線、丸ノ内線)(期間12/12~18)
愛知県:名鉄(期間12/8~14)、近鉄(特急を除く名古屋線全線)(期間12/12~18)
大阪府:大阪地下鉄(御堂筋線、四つ橋線、千日前線、今里線、堺筋線、長堀鶴見緑地線、中央線、谷町線)(期間12/5~11、12~18)、阪急(期間12/12~18)
広島県:JR広島(山陰本線、呉線)(期間12/1~31)
福岡県:JR九州(鹿児島本線・日豊本線)(期間12/1~31)
<駅ポスター>
東京都:JR東日本山手線主要5駅(期間12/12~18)
渋谷駅(山手線内回りホーム上(新宿方面)、新宿駅(改札内北通路付近)、東京駅(改札外丸ノ内地下中央口付近)、新橋駅(びゅうプラザ前)、池袋駅(改札外北通路付近))
愛知県:名古屋地下鉄(東山線ホーム)(期間12/12~18)
大阪府:大阪地下鉄御堂筋線(梅田駅・心斎橋駅・なんば駅)(期間12/12~18)

【WEB】
ブランドサイトでは、小嶋 陽菜さんのインタビュー動画を2016年12月1日(木)から公開。2017年2月22日(水)に卒業コンサート、そして春頃に卒業する予定となっており、AKB48ではない20代をはじめて過ごすという小嶋 陽菜さんが、”これからはじめたいこと”や”憧れの女性像”など大人の女性として「飲む肌ケア」だけに打ち明けてくれました。

▼インタビュー動画(「飲む肌ケア」ブランドサイト)
http://www.shiseido.co.jp/hadacare/model/index.html?rt_pr=tr723

 

■小嶋 陽菜(こじま はるな)さんプロフィール
生年月日:1988年4月19日
ニックネーム:こじはる
AKB48のメンバーとして活動するほか美容雑誌のモデルやタレントとして幅広い分野で活躍し、多忙な毎日を過ごす。11年間活動したAKB48の卒業を発表。卒業後の活動に注目が寄せられる。


《商品概要》

<商品名>飲む肌ケア
<分類>機能性表示食品
<容量>60粒入り(約20日分)
<価格>ノープリントプライス
<商品特長>肌の乾燥が気になるかたに。顔もからだも。機能性関与成分蒟蒻(こんにゃく)由来グルコシルセラミド1,800μgを配合した機能性表示食品です。

【機能性関与成分】蒟蒻由来グルコシルセラミド
【届出番号】A278
【届出表示】本品には蒟蒻由来グルコシルセラミドが含まれます。蒟蒻由来グルコシルセラミドは、顔やからだ(頬、背中、ひじ、足の甲)の肌の水分を逃がしにくくすることが報告されており、肌の乾燥が気になるかたに適しています。

本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

▼飲む肌ケア ブランドサイト
http://www.shiseido.co.jp/hadacare/?rt_pr=tr723

※お客さまからのお問い合わせは「資生堂お問い合わせ先 フリーダイヤル0120-81-4710」でお受けしています

《参考》
2015年4月に新しい制度でスタートした機能性表示食品は、機能性関与成分と効果部位が表示され、消費者が目的に応じて商品を選びやすくなりました。日本通信販売協会※1の調べでは機能性表示食品の内容まで知っている人は12%と少ないものの、富士経済※2による機能性表示食品市場規模は2016年で699億円、2018年は2,500億円と約3.6倍になると予測されており、今後のセルフメディケーション意識の高まりとともに、機能性表示食品市場はより一層拡大すると予測されます。
※1 2016年3月 公益社団法人 日本通信販売協会調べ、n=5,611名
※2 株式会社富士経済 H・Bフーズマーケティング便覧2016 No.3
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 小嶋 陽菜さんもはじめた?!資生堂の機能性表示食品『飲む肌ケア』新プロモーションを12月1日(木)よりスタート!