小説 七つの大罪 ―外伝― 彼らが残した七つの傷跡

2016年、アニメ2期、制作決定!!!
原作発行部数1500万突破の大人気ヒロイック・ファンタジー『七つの大罪』。
活字でハマれる冒険世界、ノベライズ・ヴァージョン―外伝―が、大好評につき続編を刊行しました。
初めて明かされる、聖騎士長・ザラトラス殺害から〈七つの大罪〉の帰還までをつなぐニュー・エピソードが満載です。

小説 七つの大罪 ―外伝― 彼らが残した七つの傷跡

著 松田朱夏
原作・イラスト 鈴木央
2015年10月16日発売
定価:本体670円(税別)
講談社KCデラックス
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063772982

【概要】
リオネス王国誕生祭の朝、聖騎士長ザラトラスが惨殺された事件は、伝説の騎士団〈七つの大罪〉が、王国の転覆を謀ったがゆえに引き起こされた……。
そう流布され、人々はそれを信じた。しかし――。

あの朝の「真実」を、美しき第一王女と、ザラトラスの息子にして、姫君を守る騎士は知っていた。
国をも揺るがす事実を心に秘めるには若すぎるふたり。
だが、互いを慕う気持ちと、〈七つの大罪〉が残した足跡が、ふたりを、そしてふたりを取り巻く人々を強くする!

惨劇の後、〈七つの大罪〉が王国に戻るまでを結ぶ珠玉のエピソードが、いま初めて明かされる!!


【原作者・鈴木央先生も魅かれた!】
ギルサンダーとマーガレット、この二人がより大好きになりました!!


【著者・松田朱夏さんのコメント】
 ザラトラス殺害事件から2年後の夏を舞台に、〈七つの大罪〉が王国に残していった7つの事象を廻る、ギルサンダーとマーガレット、そしてその周りの人々の物語をお届けします。
 秘密を知ったまま引き離された幼い恋人たちがあの10年をどうやって耐えたのか、それを解き明かすお話です。
お楽しみいただければ幸いです。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社講談社
  4. >
  5. 小説 七つの大罪 ―外伝― 彼らが残した七つの傷跡