新刊『日本語教師の7つ道具シリーズ+(プラス)教案の作り方編』、3月16日発売

教案を指導する、教案を勉強する全ての教師に役立つ1冊

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)より、新刊『日本語教師の7つ道具シリーズ+(プラス)教案の作り方編』のご案内を申し上げます。

 

○実習のために教案を作成しなければならないけど、書き方がまるっきりわからない
○日本語教師になったけど、自分の教案で大丈夫なのか不安。他の人はどんな教案を作っているのか見たい
○後輩教師の教案をチェックする立場だけど、実は自分もわかっていない。教えるための拠り所になるテキストがほしい

これらは日本語教育に携わる多くの方に当てはまる悩み・要望です。

本書は、なぜ教案を作るのか、教案にはどんな要素が必要なのか、どんな手順で書けばいいのかがわかり、現役日本語教師20人の実際の教案を見ることができる、今までになかった日本語教師のためのテキストです。

■教案に関するQ&A
教案はなぜ書くのか、何を書くのか、何を使って書くのか、どう使うのか、書くときのポイントは何か……そんな教案についての基本的な疑問に答えます。今までなんとなく作っていた教案を、しっかりした根拠に基づいて書くことができるようになります。

■教案作成のプロセス
教案はどのような手順で作成すれば、授業の目的に合ったものになるのでしょうか。質の高い授業をするための教案作成のプロセスを、実際の授業例に沿って、丁寧に、具体的に紹介します。

■教案例
他の日本語教師が作った教案を見る機会はなかなかありません。「他の教師はどんな教案を作っているんだろう、是非、見て参考にしたい!」そんな要望に応え、現役日本語教師20人の教案を掲載しました。それぞれ、時間の表示方法、項目の並べ方、大切なところの目立たせ方など、特長や工夫が満載です。是非参考にし、自分の教案に取り入れてください。教案作成者による「この授業で工夫した点・学習者の反応など」、監修・著者による「教案を読んで」というコメントもそれぞれの教案についており、更に深く読み解くのに役立ちます。

<商品情報>
【タイトル】『日本語教師の7つ道具シリーズ+(プラス)教案の作り方編』
【URL】http://ec.alc.co.jp/book/7016018/
【価格】2,700円
【サイズ】B5判、120ページ、別冊48ページ
【ISBNコード】978-4-7574-2801-0
【監修・著】横溝紳一郎、坂本 正
【著者プロフィール】
横溝紳一郎(よこみぞしんいちろう)
ハワイ大学大学院より修士(MA)および博士号(Ph.D.) 取得。元日本語教育学会理事。現在、西南女学院大学人文学部英語学科教授として、日本語教師養成と英語教師養成を同時に行っている。在住の博多地区でも、小中連携の英語教育コーディネーターやゲストティーチャーを担当したり、福岡市国際教育礎プラン運営指導委員会委員長や、はっぱの会(博多小中のオヤジの会)の会長を務めたりする等、様々な教育活動に積極的に関わっている。
主な著書に『今さら聞けない日本語教師塾:日本語教師の役割=「やる気」を引き出す!(DVD)』(凡人社)、『クラスルーム運営』(くろしお出版)、『生徒の心に火をつける-英語教師田尻悟郎の挑戦-』(共著、教育出版)等がある。

坂本 正(さかもと ただし)
ウィスコンシン大学大学院より修士号(M.A.)、ボストン大学大学院より博士号(Ed.D.)を取得。元日本語教育学会副会長。現在、南山大学人文学部日本文化学科、並びに、同大学大学院人間文化研究科教授として、日本語教育学や第二言語習得論を教える。主な著書に『学習者の発想による日本語表現文型例文集-初級後半から中級にかけて』(凡人社)、『速読用の文化エピソード:日本語中級用』(共著、凡人社)、NAFL Institute 日本語教師養成通信講座『日本語教育実習』(共著、アルク)、『総合的日本語教育を求めて』(共著、図書刊行会)、『プロフィシェンシーと日本語教育』(共著、ひつじ書房)、『どんどん使える!日本語文型トレーニング 初級』(監修、凡人社)、『どんどん使える!日本語文型トレーニング 中級』(監修、凡人社)、『日本語教育の新しい地平を開く』(共著、ひつじ書房)等がある。

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク マーケティング部 河合(かわい)
e-mail:mark@alc.co.jp
TEL:03-3323-1253 (平日 9:00~18:00)

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。創刊から45年の『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:http://www.alc.co.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アルク
  4. >
  5. 新刊『日本語教師の7つ道具シリーズ+(プラス)教案の作り方編』、3月16日発売