日本人プロゲーマーのパイオニア ウメハラ(梅原大吾)を描いた 描き下ろしマンガ独占配信スタート!

スマホ向け無料週刊誌「週刊ジョージア」にて

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹 以下KADOKAWA)は、日本コカ・コーラ社協力のもと発行中のスマートフォン向け無料週刊誌「週刊ジョージア」にて、7/26(土)より、世界で活躍するプロゲーマー・梅原大吾の青年期を描いた描き下ろしコミック「ウメハラ FIGHTING GAMERS!」を独占配信いたします。
KADOKAWAが創刊する「週刊ジョージア」は、日本コカ・コーラ社が手掛ける2014年「ジョージア」新キャンペーン「世界は誰かの仕事でできている」と連動し、媒体ターゲットである「働く男」たちを応援していきます。

マンガ「ウメハラ FIGHTING GAMERS!」
週刊ジョージアにて7/26(土)より隔週連載スタート!

 

 

★監修:梅原大吾 作画:西出ケンゴロー 原作:折笠格 (c)Daigo Umehara & Kengoro Nishide & Itaru Orikasa (c)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED. (c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


それは、 プロ格闘ゲーマーの物語。
上級者同士の戦いは、相手の技を瞬時に読みきり対応する卓越した戦術眼と、1/60秒とも言われる高速でのコマンド入力技術が鍵を握る職人技の世界。
日本のみならず、世界中に猛者が存在するこの世界で伝説と呼ばれる日本人プロゲーマーがいる。
名前は梅原大吾。
機械のように正確無比なプレイスタイルは世界で「BEAST」と恐れられ、プレイ哲学をまとめた本が出版されるなど、業界を飛び越え評価される。
今作は、彼の最強のライバル「ヌキ(大貫晋也)」の視点を軸に、二人がいかに格闘ゲーム業界で成長していったかを描いていく。

コミック監修:梅原大吾 作画:西出ケンゴロー 原作:折笠格


■連載を記念し、漫画の見どころや裏話をウメハラ本人や関係者が語る生放送番組を公開!
7月25日…こくヌキ王国 7月30日…TOPANGA TV※ウメハラ特設ページ 
http://weekly-g.jp/sp/comic/25/umehara/(※スマートホン向け。PCではWeb版サイトが表示されます)

【「週刊ジョージア」とは?】
仕事合間の5分間に! 30~40代の働く男性に届けるスマホ専用の“週刊誌アプリ”です。
KADOKAWAと日本コカ・コーラ社が共同で運営アプリ。「世界は誰かの仕事でできている」という、缶コーヒー・ジョージアのブランドメッセージを軸に、 「働く男を応援する」コンテンツを、週平均30本配信しています。


■実施概要
・発行主体:株式会社KADOKAWA
・協力:日本コカ・コーラ株式会社
・提供コンテンツ:マンガ/グラビア/インタビュー/グルメ情報/その他読み物
・実施方法:スマホ無料アプリ(iOS、Android)+ウェブ
※一部コンテンツの閲覧はGEORGIAの缶を使ったアクティベーションが必要となります。
・実施期間…2014年1月~2015年1月 ・発行号数:全48号(予定)

■仕様
・スマートフォン向けアプリ版Apple:iOS6.0以上のiPhone(iPad、iPad mini、iPod touchは対象外)
Google:Android4.0以上

■内容紹介
○忙しく働く男たちに“ひと時の癒やし”を与える完全撮り下ろしグラビア「さわれるグラビア 妄想カノジョ」。
人気の女優やアイドルが続々登場!画面の「カノジョ」に触れると声が聞けたり、髪の毛がなびくことも♪
○毎日配信!もう一度、俺たちをアツくする「マンガ傑作選」
○働く男は、美しい。ワーカーズ・ドキュメンタリー「働キング」
○連載企画も充実!
・男のロマンをカガクする「空想科学研究所SP」
・大人も楽しめるヴァーチャルツアー「社会科見学のススメ」
・話題のニュースの裏表教えます「男の流行りもん講座」   
・腹十二分目が男でしょ「男のガッツ飯」  
・ラーメンは人生だ!「推し麺倶楽部」   
・この言葉、知ってる?「イマドキーワード」 ほか
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 日本人プロゲーマーのパイオニア ウメハラ(梅原大吾)を描いた 描き下ろしマンガ独占配信スタート!