デジタルハリウッド大学大学院×ネクスウェイによる、産学連携ソーシャル実験プログラム「ともつく。33」を11/1・2の2日間開催

デジタルハリウッド大学大学院では、ITホールディングスグループの株式会社ネクスウェイとともに、“サービス創造”ソーシャル実験プログラム「ともつく。33」を開催いたします。
このプログラムでは、事業やサービスの「ウケテ」から「ツクリテ」に変わる体験を、大学生を対象として提供します。解決したい「想い」を実際のサービスに形づくり、提供し市場に評価される、その一連のサイクルを通じて、「価値のツクリテ」になるために必要な事を把握し、「実現力」を自らのものとするプログラムです。
main image
 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社では、ITホールディングスグループの株式会社ネクスウェイとともに、“サービス創造”ソーシャル実験プログラム「ともつく。33」を開催いたします。

 このプログラムでは、事業やサービスの「ウケテ」から「ツクリテ」に変わる体験を、大学生を対象として提供します。解決したい「想い」を実際のサービスに形づくり、提供し市場に評価される、その一連のサイクルを通じて、「価値のツクリテ」になるために必要な事を把握し、「実現力」を自らのものとするプログラムです。


◆”サービス創造“ソーシャル実験プログラム「ともつく。33」開催の背景
現在、学生の多くが「価値のウケテ」として様々なサービスを受け、様々な仕組みを使いこなしていますが、今後飛び出していく世の中では、「価値のツクリテ」になることが求められています。
しかし学生生活を通して「価値のツクリテ」になるる機会はあまり多くないのが現状です。また、「価値のツクリテ」に必要な自分の”想い”に気づき、その”想い”を伝える事が出来る機会もまだまだ多くありません。
特に今後就職活動を控える学生にとって、この夏に様々なイベントに参加し、様々な企業の考え方に触れてはいるものの、実際に「価値を創り提供する」といった踏み込んだ活動はしていないようです。
そこで夏のインターンシップが一段落した現在、就職活動から離れてみて、「価値のツクリテ」たる経験をする事で、社会に出ていく意味を考える機会を用意しました。
日常に目を向けて、ふと立ち止まった時に感じる違和感や葛藤といった”想い”を源泉に、我々と一緒にサービスを作ってみる機会です。
それは必ずしもITサービスである必要はありません。参加者の内から湧いてくる想いを一緒にサービスにしてみたいと思っています。それもあえて日常を一緒に過ごした事のないメンバーと。そして作ったサービスが外部に評価をされるトコロまで、と考えています。


◆本プログラムの募集対象者
下記の方にお勧めのイベントとなっております。

・企画立案系のインターンシップでは物足りなさを感じた学生

・物事のすすめ方は分かったが、実際に自分の力になったか分からない学生

・新たな出会いの中で自分の現在地を確かめたいと思う学生


◆本プログラムの目的
この“サービス創造”ソーシャル実験プログラム「ともつく。33」で、想いがサービスになり市場からの評価を受けた時、参加者は社会やビジネスを楽しむ新たな視点が獲得出来るはずです。

そして今回は産学連携で取り組む第一回目のプログラムとなります。前途不明!実験プログラム!ではありますが、アカデミック×ビジネスの現場の融合を図っていきたいと思っています。

企業と大学が共同で開催するこのプログラムで、自身の”想い”や相手の”想い”に触れる事で、湧き出る感情と真剣に向かい合ってみませんか?


■“サービス創造”ソーシャル実験プログラム「ともつく。33」概要
名  称: ともつく。33
目  的: 内から湧いてくる想いをサービスにする体験を通じ、「実現力」を手にするプログラムです。
      日常を一緒に過ごした事のないメンバーと、作ったサービスが外部(市場)に評価をされるトコロまでを
      体感いただきます。
主  催: 株式会社ネクスウェイ、デジタルハリウッド大学大学院
協  賛: 株式会社ソーシャルリクルーティング
開催期間: 2014年11月1日(土)~2014年11月2日(日)
実施内容: 自分自身の体験「想い」から、サービスアイデアを考え、実際に実行する。
      11/1~2は、サービス企画の練り上げと計画までを行い、後日、実施した内容に対する振り返りMTGを実施。
担当教員:  松本 英博  (デジタルハリウッド大学院 教授)
       鳥居 長英  (デジタルハリウッド大学院 非常勤講師)
当日予定: 
<初日:11月1日(土)>
10:00-12:00 イントロダクション/チームビルディング

12:00-13:00 ランチ/インプット(講義)

13:00-14:30 サービス企画立案MTG

14:30-15:30 中間レビュー

15:30-17:00 サービス企画FIX/プロモーション戦略立案

17:00-18:00 プレゼンテーション/フィードバック

<2日目:11月2日(日)>
10:00-10:30 イントロダクション

10:30-12:00 審査会用資料作成/サービスデザイン作成

12:00-13:00 ランチ

13:00-14:00 最終レビュー/フィードバック

14:00-15:30 最終調整

15:30-16:00 サービスリリース

16:00-17:00 プレゼンテーション/フィードバック

17:00-17:30 リフレクション

17:30-19:00 懇親会

19:00-19:15 閉会

応募資格: 大学生・大学院生で、
      ○ 企画立案系のインターンシップでは物足りなさを感じた学生

      ○ 物事のすすめ方は分かったが、実際に自分のチカラになったか分からない学生

      ○ 新たな出会いの中で自分の現在地を確かめたいと思う学生

      ・・・を対象としています。

専用サイト、お申込みはこちら: https://www.tomotsuku33.com


【デジタルハリウッド株式会社】
http://www.dhw.co.jp/
1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。
東京(御茶ノ水)、渋谷、大阪、福岡で4校の専門スクールと、eラーニングによる通信講座を展開し、
設立以来、7万人以上の卒業生を輩出。
2004年には、日本初、株式会社による「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、その後、「デジタルハリウッド大学」を開学。
2012年5月、自分のライフスタイルに合わせて好きな時間に学べる新しい学習スタイルを取り入れたラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」の第1号を新宿にオープン。現在、東京(渋谷・新宿・御茶ノ水)、神奈川(横浜)、大阪(梅田)、福岡(天神)、新潟(新潟)、愛知(名古屋)、鳥取(米子)、沖縄(沖縄)、北九州(小倉)、熊本(熊本)全12校のSTUDIOを展開中。今後も全国の地方都市へ出展予定。
またアジアへの展開も注力し、タイに「デジタルハリウッド バンコク校」を開校。
国内外におけるデジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。
2014年10月に設立20周年を迎えた。

<会社概要>
会社名:デジタルハリウッド株式会社
代表:鳥越憲一(代表取締役社長兼CEO)
学長:杉山知之 (取締役学長)
本社所在地:東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F/4F
事業内容:<スクール事業>
CG、WEBなどのクリエイター養成スクール運営
オンラインスクール運営
<大学・大学院事業>
デジタルハリウッド大学(四年制大学)運営
デジタルハリウッド大学院(専門職大学院)運営
<法人ならびに自治体向けコンサルティングサービス事業>
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デジタルハリウッド株式会社
  4. >
  5. デジタルハリウッド大学大学院×ネクスウェイによる、産学連携ソーシャル実験プログラム「ともつく。33」を11/1・2の2日間開催