デジタル地上波最高音質!通信料不要!多彩なチャンネル!進化する無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」始まる!~3月1日(火)12時からプレ放送開始~

株式会社エフエム東京(代表取締役社長:千代勝美)が中心となって設立したi-dio(V-Lowマルチメディア放送)の事業全般を推進するホールディング会社、BIC株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千代勝美)、基幹放送局提供事業者(ハード事業者)となる株式会社VIP(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁平成彦)、関東・甲信越広域圏の移動受信用地上基幹放送局(ソフト事業者)となる東京マルチメディア放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤勝之)は、進化するデジタル放送『i-dio(アイディオ)』の放送を開始致します。2016年3月1日(火)12時より、福岡、大阪、東京でプレ放送スタートとなります。

 

◆i-dioは進化するメディアです。いままでのラジオ、IPサイマル、音楽配信サービスとここが違う!
◎進化するポイント1:デジタル地上波最高音質のサウンド!
既存のラジオやIPサイマルラジオでは体験できない高音質サウンドでON AIR!
48kHz/320kbps(MPEG-AAC)でお送りするチャンネルはデジタル地上波放送最高音質、更に2017年には「HDS(High Definition Sound)」(96kHz音源)にも対応予定です!

◎進化するポイント2:様々なデバイスに送れる映像やデータ
「i-dio」では、高音質サウンドに加えリアルタイム動画、電子チラシ・電子クーポンなども配信します。リアルタイム放送の合間にTTS(TEXT TO SPEECH=自動音声読み上げ)が割り込んだり、受信デバイス内のデータ更新を「i-dio」の放送波で行うなど、放送と通信の組み合わせを超える新しい機能が生まれます。

◎進化するポイント3:通信混雑を起こさない安心・安全メディア!
「i-dio」では、災害発生時、大規模イベント開催時など、多くの利用者が集中する時間や場所でも、通信のようなアクセス集中による回線の混雑が発生しないため、必要な人に必要な情報を確実にお届けします。
また「i-dio」を活用した防災情報配信システム「V-Alert」は、自治体から地域住民に向けた避難情報(音声・データ)を指定のエリアだけに配信できるなど、防災行政無線を補う新しい防災・減災プラットフォームです。

◎進化するポイント4:サービスとともに進化するアプリ!
これまでのラジオ・テレビの基本機能は70年の間変化がありませんでした。また、白黒からカラー、SDからHD、3Dテレビ、HDから4K/8Kなど、サービスの品質アップには受信機自体を買い替えることが必須でした。
「i-dio」では、チャンネル毎のサービスの進化に合わせて、受信アプリをアップデートすることで機能をアップグレードすることができます。また、ドライバー向け「Amanekアプリ」やTS ONE専用の「TS PLAY」など、チャンネル毎の機能に特化したオリジナルアプリも登場します。

■『i-dio』チャンネル内容紹介
3月1日よりスタートする、「i-dio」のチャンネル内容をご紹介します。下記の6チャンネルは全国放送となります。
【チャンネル① 「TS ONE」】
「i-dio」のコンテンツプロバイダーであるTOKYO SMARTCAST株式会社が提供するチャンネルです。
一級のレコメンダーによる音楽レコメンデーション番組から、世界のカルチャーをクリエイター目線で発信するプログラムまで、検索ではたどり着けない音楽や情報との出会いを、デジタル地上波最高音質でお届けします。※デジタル地上波放送最高音質・・・AAC形式/320kbpsで放送し、2017年にはハイレゾ級音質「96kHz」音源にも対応予定。


◇SYMBOLIC PROGRAM

 

◇WEEKDAY PROGRAM&MUSIC PROGRAM

 

◇WEEKEND SPECIAL PROGRAM

 

◇TS ONEならではのデータ放送展開

 

◇TS ONEタイムテーブル

 

◇さらに進化するTS ONE
TSでは、i-dioならではの「クーポンが貯まる」「より多くのアーティスト情報が取れる」「番組を聴くとポイントが貯まる」などの機能を加えたサービスがフルで楽しめるTSアプリ「TS PLAY」を5月にリリースします。
また6月1日には、開局イベントとして「ROCKWELL SIRKUS SHOW 2016」を東京ドームシティーホールで開催。高音質生放送でお届けします。さらにノンストップミュージックチャンネル「Air Supply」をスタート。
「TS ONE」でも続々と驚きの番組がスタートします。ご期待ください。

【チャンネル② 「Amanekチャンネル」】
「i-dio」のコンテンツプロバイダーである株式会社アマネク・テレマティクスデザインが提供する「Amanekチャンネル」は、日本初のドライバー専門放送。クルマの走行位置にあわせた15分先の天気予報、ドライブを快適にする音楽、旬の行楽情報やクーポンの配信まで。ナビにはないライブ性と、ラジオにはない双方向性で、安心・快適なドライブのための音声とデータを提供します。
※3月1日よりプレサービス開始。グランドオープンは7月1日からとなります。


◇アナウンサーの声と、TTS(TEXT TO SPEECH=自動音声)を組み合わせた新しい放送!
★ブロック放送:ブロック全体向けには、アマネクのナビゲーターがスタジオから放送します。スタジオに設置したオリジナルモニターで、天気情報やリスナーからの投稿などをチェックしながら、音楽やドライブ情報をお届けします。 (※生放送と収録番組があります)
★エリア別放送:市町村などのエリア別の情報は、TTS(TEXT TO SPEECH=自動音声)でお届けします。クルマの位置情報(GPS)に合わせた気象情報や観光情報などをお伝えします。

 

◇Amanekチャンネルがお届けする情報
★デジタル地上波最高音質でお届するドライブミュージック
J-POP、JAZZ&フュージョン、ボサノバ、クラシックなど、時間帯に合わせた選曲で、ドライブを快適に・・・。デジタル地上者最高音質を無料でお届けします。気になった曲は車載機の画面をタップするだけで、リンクしたスマホの「アマネクアプリ」にメモできます。

★15分先を伝える天気予報
クルマの走行位置に合わせて、減災につながる15分先の気象情報をTTS(自動音声)でお届けします。ゲリラ豪雨やホワイトアウトなど、運転に影響の大きい天気情報を、定時間ごとにエリア別にお届けします。

★四季のドライブ情報、観光・イベント情報
季節ごとの観光情報、夕焼けや星空情報、道にまつわる物語まで、ドライブを豊かにする情報や、走行エリア周辺のサービスエリア情報、近隣店舗のタイムセール情報、お得なクーポンも配信!ドライブ中に情報をメモしなくても、気になった情報は車載機の画面をタップするだけで、リンクしたスマホの「アマネクアプリ」に登録できます。

 

◇Amanekタイムテーブル
★3月いっぱいはプレ放送となる予定。アマネクのサービス内容を紹介する番組をお届けする予定です。
★4月~6月は下記のタイムテーブルで放送する予定です。
★7月1日グランドオープン以降のタイムテーブルは後日発表致します。

 

【チャンネル③~⑤ 「i-dio Music Selection」(3ch)】
24時間ノンストップ!「ジャズ」「クラシック」「マスターピース」の3つのチャンネルでセレクトミュージックをお届けします。

 

【チャンネル⑥ 「クリエイターズ・チャンネル」】
クリエイターとともに創りだすオリジナル映像チャンネル。ショートムービー・アニメを中心に、新たな映像表現を発掘していきます。放送なので動画をいくら見てもパケット代を気にする必要はありません。

 

<秘密結社 鷹の爪DO ©秘密結社 鷹の爪DO製作委員会>
悪の秘密結社 鷹の爪団は、総統・吉田・レオナルド博士・菩薩峠・フィリップの5人組。「人と地球にやさしい世界征服」を夢見て、毎日のように怪人や秘密兵器を作っている。でも、正義のヒーロー・デラックスファイターや、ライバル組織・阿武隈バイオ研究所などなど、邪魔者はいっぱい。おまけにお金が無くて、毎日ギリギリの生活だけど、絶対めげない!へこたれない! 

<MINE TV presents キレイをつくるビューティーチャンネル>
毎日に“インスピレーション”を与えるライフファッション動画マガジン「MINE TV」からトピックを厳選。トレンドセッターが今知りたい、美容・フード・ファッション情報をお届けします。

<NC2Lab presents ひよこGAMES>
現役の声優・アイドル・ゲーム実況者が世界で愛される日本のレトロゲームに挑戦!最新コンシューマー・アーケード・スマホタイトルからイベントレポートまで幅広く網羅。世界中すべての「ゲームを楽しむ」人々のためのプログラム。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

★各エリアのチャンネル内容は下記の通りです。近畿広域圏、九州・沖縄広域圏では、それぞれの地域のローカルチャンネル「KANSAIチャンネル」「Qリーグチャンネル」が放送を開始します。

 


【『i-dio』が実現する新しい防災情報】
◇「i-dio」を活用した防災情報システム『V-Alert』
『i-dio』を活用した防災情報配信システム『V-Alert』は、「放送による一斉同報」「停電や通信ダウン時にも情報伝達が可能」「日常使いによる利用度の向上」などの従来のFMラジオ放送が持つ利点に加え、「音声だけでなく、文字その他多彩なデータを一斉配信できる」「エリアコードにより局所的な情報を複数同時並行で配信できる」など、デジタル放送ならではのメリットを持ちます。
『i-dio』で配信した防災情報は、屋内の防災ラジオ、スマートフォン、タブレットや、車内のカーナビ等によって受信され、これまでの防災行政無線などでは情報が届きにくかった家のなかや車のなかにも、より確実に緊急情報を伝達します。
たとえば、防災行政無線の音声をそのまま指定エリアに配信したり、J-Alert、L-Alert(公共情報コモンズ)や自治体システムと接続することで、自治体や公共機関の緊急情報を、瞬時に遅延なく地域住民に配信することが可能です。
福岡県宗像市では、2015年9月よりV-Alert対応防災ラジオ(加賀電子MeoSound VL1)の配備を開始、住民の暮らしの安全・安心を確保する防災情報配信を実施いたします。


【『i-dio』を楽しめるデバイス(受信端末)】
初の市販受信機器として、i-dio/FM/TV対応SIMフリースマートフォン「i-dio Phone」(開発元:コヴィア/VIP)が全国の家電量販店、インターネット通販、TOKYO FM公式ECサイト「Shops.Love」で現在発売中です。
さらに、『i-dio』の放送波をWi-Fiに変換することで、お手持ちのスマートフォンで『i-dio』を受信することができる「i-dio Wi-Fiチューナー」の第1期無料モニター(合計50,000名様)も、本日2月29日まで応募受付中です。
今後の予定として、自動車内で快適に『i-dio』の番組やサービスを利用できる、車載用Tuner Box(仮称)が2016年4月に発売予定です。夏の高温など変化の激しい車内環境に対応したチューナーで、フロントガラスにフィルムアンテナを貼ることで、高感度の安定した受信を実現します。
今後も受信機器はオーディオ機器、カーナビゲーション、組み込み型IoT向け機器などi-dioの幅広い用途にあわせて拡大してまいります。

 

【『i-dio』を受信するアプリケーション】
i-dioをスマートフォンで受信するためのアプリケーション「i-dioアプリ」は、Andoroid版が本日リリースされ、iOS版もまもなくリリース予定です(Apple社申請中)。i-dioアプリは、i-dio公式サイトからダウンロードいただけます(無料/内蔵型「i-dio Phone」以外の機種での受信にはWi-Fi-チューナーが必要です)。
今後、コンテンツプロバイダー各社からは、各社の放送サービスを一層便利にご利用いただける、特色あふれる独自受信アプリケーションが発表予定です。

【『i-dio』放送エリアは順次拡大!】 
2016年3月時点の放送エリアは下記のとおりです(※i-dio PhoneやWi-Fiチューナーを用いて受信できるエリアのめやす)


◆今後も放送エリアは順次拡大します!
2016年3月1日からの福岡・東京・大阪での放送スタート以降、東海・北陸広域圏でのサービス開始(2016年度上期)の準備が進行中です。2016年度から2017年度にかけては、中国・四国広域圏、東北広域圏で順次サービスを開始してまいります。2018年度には北海道広域圏でのサービスを開始し、2019年度には世帯カバー率78.3%の受信エリア実現を目指しています。

 


<参考資料>
◆新しい無料デジタル放送『i-dio(アイディオ)』について
新放送サービス『i-dio』は、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯 (VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設される放送サービス。既存のテレビでもラジオでもない全く新しい“第3の放送”です。
テレビは「映像」を送る、ラジオは「音声」を送ることが義務付けられていますが、「i-dio」は、映像・音響・データなど、デジタルデータなら何でも送ることが可能です。また放送波で送信するため、通信とは異なり、輻輳もなく、不特定多数に情報を送ることができ、さらにリアルタイム放送・蓄積型放送も可能です。
いよいよ2016年3月1日から、福岡・大阪・東京で放送開始、その後順次、全国へと拡大してきます。
i-dio公式サイト  http://www.i-dio.jp/

*「BIC(ビーアイシー)株式会社」について
BIC株式会社は、エフエム東京、産業革新機構、ジグノシステムジャパン、フェイス、パーク24など、34社が資本参加するV-Lowマルチメディア放送事業全体を推進する持株会社です。株式会社VIP及び東京マルチメディア放送株式会社の親会社です。
http://bic.v-low.jp/

*「株式会社VIP(ヴィアイピー)」について
株式会社VIPは、エフエム東京、産業革新機構、ジグノシステムジャパン、フェイス、パーク24、NEC、大日本印刷、日本電波塔など、34社が資本参加するV-Lowマルチメディア放送(i-dio)事業全体を推進するBIC株式会社の100%出資により、全国での基幹放送局提供事業を展開するハード事業者です。

*「東京マルチメディア放送株式会社」について
東京マルチメディア放送株式会社は、BICを親会社に持つ、関東・甲信越広域圏におけるソフト事業者です。2015年10月14日付で電波監理審議会において認定適当の答申を受けました。
http://www.multimedia.co.jp/ltd/

*「株式会社アマネク・テレマティクスデザイン」について

株式会社アマネク・テレマティクスデザインは、ソフト事業者より放送帯域の開放を受けてビジネスを展開するコンテンツ・プロバイダーです。元本田技研工業株式会社役員待遇参事グローバルテレマティクス部長であった今井武を中心に設立。日本初のモビリティ向け専用デジタルラジオチャンネル「Amanekチャンネル」として、”安心・安全”をベースに、ドライバー・クルマをもっと楽しく快適にするテレマティクスサービス&コンテンツを提供します。
http://www.amanek.co.jp/

*「TOKYO SMARTCAST株式会社」について
TOKYO SMARTCAST株式会社は、ソフト事業者より放送帯域の開放を受けてビジネスを展開するコンテンツ・プロバイダーです。生活を豊かにする様々なコンテンツとの出会いと「安心・安全」サービスの実現に向けて、高音質放送をはじめi-dioならではのサービスを提供する「放送メディア事業」と、パートナースポンサーと共に放送波を活用した新規ビジネスを構築する「データ放送ビジネス事業」を展開していきます。
http://www.smartcast.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. TOKYO FM
  4. >
  5. デジタル地上波最高音質!通信料不要!多彩なチャンネル!進化する無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」始まる!~3月1日(火)12時からプレ放送開始~