デジタルハリウッドとパナソニックによる4Kテレビ『VIERA(ビエラ)』公開セミナー「4Kテレビとこれからの映像クリエイティブ」~4Kで広がるテレビの未来、クリエイターの未来~

デジタルハリウッドは、パナソニック株式会社の協力のもと、『デジタルハリウッド杉山学長と語る4KTVとこれからの映像クリエイティブ』と題した公開セミナーを開催いたします。
テレビハードメーカーのパナソニックと、クリエイター育成機関のデジタルハリウッドは、それぞれの立ち位置から映像クリエイターを支援していくことを目的とし、この度「テレビとクリエイターの未来」について商品開発者・技術者・広告制作者を交えてプレゼンテーション・ディスカッションするイベントです。
当日は、映像クリエイター必見の最新型4K対応テレビの機能実演のほか、4K映像の価値を理解してもらうためにパナソニックが取り組むプロジェクトの映像紹介、さらにデジタルハリウッド学長の杉山知之をモデレーターとし、テレビとクリエイターの近未来を商品開発者・技術者と共にディスカッションします。
main image
 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社では、パナソニック株式会社協力のもと、『デジタルハリウッド杉山学長と語る4KTVとこれからの映像クリエイティブ』と題した公開セミナーを開催いたします。


『4Kで広がるテレビの未来、クリエイターの未来』
若者のテレビ離れという話題がある一方で、予想以上の勢いで市場への浸透が進んでいる4K対応テレビ。4K対応テレビが提供する高画質映像やスマートTV機能は、今後の私たちの生活にどのような価値や変化をもたらすのでしょうか?そしてもたらされる価値や変化は映像クリエイターにどのように影響するのでしょうか?

テレビハードメーカーのパナソニックと、クリエイター育成機関のデジタルハリウッドは、それぞれの立ち位置から映像クリエイターを支援していくことを目的とし、この度「テレビとクリエイターの未来」について商品開発者・技術者・広告制作者を交えてプレゼンテーション・ディスカッションするイベントを開催いたします。

当日は、映像クリエイター必見の最新型4K対応テレビの機能実演のほか、4K映像の価値を理解してもらうためにパナソニックが取り組むプロジェクトの映像紹介、さらにデジタルハリウッド学長の杉山知之をモデレーターとし、テレビとクリエイターの近未来を商品開発者・技術者と共にディスカッションいたします。

映像クリエイターの方、映像業界を目指されている方には必見のイベントです。デジタルハリウッドの学生・卒業生はもちろんのころ、一般の皆様も参加可能となっておりますので是非ご来場ください。



『デジタルハリウッド杉山学長と語る4KTVとこれからの映像クリエイティブ』
~4Kで広がるテレビの未来、クリエイターの未来~

【日程】 2014年11月14日(金) 19:30~21:30  19:15開場
【場所】 デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス 駿河台ホール
     東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3階
     http://www.dhw.ac.jp/access/
     (交通アクセス)
     JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩1分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結、
     丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分
【定員】 100名(先着申込み順)

【内容】
・ セミナー主旨説明
・ 4Kビエラ開発への想い
・ 最新4Kビエラとテレビの未来 ~4KTV実演タイム~
・ 4Kで広がるテレビの未来とクリエイターの未来 ~Beautiful Japanプロジェクト映像紹介~
・ 質疑応答(10分)

【お申込み方法】参加ご希望の方は下記URLにアクセスの上お申し込みください。
┗ https://krs.bz/dhw/m?f=116

<注意事項:申込される方はご一読ください>
※満席時のみ、お断りのメールをさせていただく場合がございます。
※本講座は本学の学生以外に、一般の方ならびにマスコミ関係者も参加される予定です。
※お申し込みをされた方は必ず参加するようにしてください。

●4Kテレビとは?
4Kテレビとは、フルハイビジョン(約207万画素)の4倍の約829万画素もの緻密な画素数で表示できるテレビのこと。映像の細部までクッキリとリアルに再現できます。


【ゲスト】
木原 麻登氏(きはら あさと)
パナソニック株式会社 ホームエンターテインメント事業部 テレビ商品企画グループ  チームリーダー
1991年入社後、ビデオカメラの商品企画に配属。その後、インターネットショッピングサイトの立ち上げやエネルギービジネスを経験し、2012年からテレビ商品企画を担当。現在はビデオの商品企画も兼任。

清水 浩文氏(しみず ひろふみ)
パナソニック株式会社 ホームエンターテインメント事業部 テレビビジネスユニット 電気設計グループ
ユニットリーダー
1993年入社後、一貫して民生テレビの商品設計に従事。 最初の10年間、北米向けCRT TVの設計を担当した後、 日米のLCD TV設計を担当。

新宮 俊夫氏(しんぐう としお)
パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティングジャパン本部 コミュニケーショングループ クリエイティブチーム 主幹
1992年入社以来、パナソニックの広告制作に従事。現在、テレビ、レコーダー、デジタルカメラなど
AV商品のTVCM、ラジオCM、平面広告などの企画制作を担当。

【モデレーター】
杉山 知之(すぎやま ともゆき)
デジタルハリウッド大学 学長
日本大学理工学部建築学科卒業、大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手となり、コンピューターシミュレーションによる建築音響設計を手がける。
MITメディア・ラボ客員研究員、国際メディア研究財団準備事務所・主任研究員、日本大学短期大学専任講師を経てデジタルハリウッドを設立。
現在、同大学の学長そして、デジタルハリウッド学校長を務めている。
著書「クール・ジャパン世界が買いたがる日本」(祥伝社)など多数。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デジタルハリウッド株式会社
  4. >
  5. デジタルハリウッドとパナソニックによる4Kテレビ『VIERA(ビエラ)』公開セミナー「4Kテレビとこれからの映像クリエイティブ」~4Kで広がるテレビの未来、クリエイターの未来~