タブレット1台でアプリを“つくる・つかう”が可能に!アプリがつくれるアプリ&親子で楽しめるアプリ『JointApps(ジョイントアップス)』がリニューアル

デジタルハリウッドでは、プログラミング経験がなくても『だれでも』『かんたん』に『たったの4ステップ』でAndroidアプリの手作り体験ができる『JointApps』(ジョイントアップス)の、タブレットのみでアプリを“つくる・つかう”が可能になったリニューアル版をリリースしました。
2013年にリリースして以来、アプリ作り体験ツールとして多くのユーザー、とりわけ親子の皆様にご好評をいただいております『JointApps』。
全国各地で開催したワークショップでも、毎回多くの親子にご参加いただいております。
これまでは、パソコンとAndroidスマートフォンが必要でしたが、Androidタブレット一台だけで、より便利に、かんたんにアプリ作りを楽しんでいただけるようになりました。
 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド] は、プログラミング経験がなくても、『だれでも』『かんたん』に、『たったの4ステップ』でAndroidアプリの手作り体験ができる『JointApps』(ジョイントアップス)の、タブレットのみで、アプリを“つくる・つかう”が可能になったリニューアル版をリリースいたしました。


 2013年にリリースして以来、アプリ作り体験ツールとして、多くのユーザー、とりわけ親子の皆様にご好評をいただいております『JointApps』。

 全国各地で開催したワークショップでも、毎回多くの親子の皆様にご参加いただいております。

 これまでは、パソコンとAndroidスマートフォンが必要でしたが、Androidタブレット一台だけで、より便利に、かんたんにアプリ作りを楽しんでいただけるようになりました。

 また、端末とネット環境さえあればアプリづくりを楽しむことができるため、アプリ作りワークショップ企画側も、より簡単にアプリ作りワークショップを開催できるようになりました。


【新しいJointAppsはココが新しい!】
①WIFI/3G回線がつながったAndroidタブレット1台で「つくる」⇒「つかう」が可能に!
 PCが無くてもタブレットのみでアプリを作って再生することが可能になりました。


②ユーザーインターフェースがよりわかりやすくリニューアル!
 1.ブロックをつなぐ ⇒ 2.文字や画像を入れる ⇒ 3.レイアウトする ⇒ 4.OK(保存)
 各作業が完了したら次のステップへ進むスタイルになったことで、よりわかりやすく・つくりやすくなりました。


③ポータルサイトのコンテンツがシンプルに、実のあるものに!
 JointAppsのニュース、アプリの作り方を毎週配信。さらにお子様を持つ親御様からご好評を
 いただいていることもあり、スマホと子供に関してのコラムを新しく追加!
 親子のスマホとの付き合い方を、様々な角度から考えてまいります。
 *JointAppsは親子いっしょにつくる・楽しめるアプリとしてご好評をいただいております。


■ワークショップ開催者募集!
今回のJointAppsのリニューアルにより、PCが無くても、タブレットと3G回線またはWIFIスポットさえあればアプリ作り体験ワークショップが開催可能になりました。
無料サービスであるJointAppsを使って、親子向けのアプリ作りワークショップを開催してみませんか?
レクチャー方法やワークショップの段取りなど、JointAppsアソシエーション事務局が全面サポートいたします。



【ワークショップサポートご希望の方はこちらまで】
jointapps@dhw.co.jp (JointAppsアソシエーション事務局)までお気軽にお問い合わせください。


【JointAppsとは? ~動作やアイテムなどの“ブロック”を繋げるだけで、簡単にアプリを作ることが可能~】

JointAppsは“アプリ作りが体験できるアプリ”のことです。


ブロックエディタ(=アプリを作るWebブラウザアプリ)とJointAppsPlayer(=アプリを再生するAndroidアプリ)の2つから成り立っています。この2つのダウンロードと利用は無料です。

プログラム言語の習得の必要は一切なく、プログラムの知識がゼロでも、ブロックを繋げる簡単な操作でアプリをつくることが出来ます。

現在は、カメラアプリが作れるブロックキットが利用できますが、ブロックの組合せや画像・音源などを変えることで、おみくじアプリや楽器アプリなど、様々なアプリを作成することが可能です。今後は地図ブロックキットの追加を予定しており、ブロックが増えることで作れるアプリが増えていく仕組みです。

機能や要素をブロックで並べてから、画像を指定したり、レイアウトしていくJointAppsの制作方法は、レイアウトしてから機能を設定していく他のアプリビルダーとは違い、アプリの企画を頭で理解し「何が必要か?」を要件定義してから、論理的に作る必要があります。

そのため、JointAppsでのアプリ作りは、プログラミングの工程に近く、コンピュータープログラムを学ぶ前の教育に有効であるとともに、アルゴリズムなどを理解するような子供向けプログラミングセミナーでは得られない、完成したプログラムを、アプリとして持ち帰り、愛用してもらうことを通じて、よりデジタルのモノづくりに親しみ、プログラムへの興味をもっていただけるものと考えております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デジタルハリウッド株式会社
  4. >
  5. タブレット1台でアプリを“つくる・つかう”が可能に!アプリがつくれるアプリ&親子で楽しめるアプリ『JointApps(ジョイントアップス)』がリニューアル