【ホテル日航福岡】マルモッタン・モネ美術館所蔵 究極の「モネ展」×テーマレストラン「レ・セレブリテ」コラボレーション企画

東京では70万人越えの来場者を突破した!話題の「モネ展」の絵画の数々を「レ・セレブリテ」シェフ森田が洗練された感性で表現するスぺシャルキューイジーヌ。

株式会社ホテル日航福岡(福岡市博多区・総支配人:戸村純三)は、2階テーマレストラン「レ・セレブリテ」にて2015年12月22日(火)~2016年2月21日(日)迄、福岡市美術館で開催される展覧会「モネ展」とコラボレーションしたスペシャルメニューを販売致します。

クロード・モネ《印象、日の出》1872年 油彩、カンヴァス Musée Marmottan Monet, Paris © Christian Baraja 2016.2.4 〜2.21の期間限定出品


展覧会では、世界有数のモネ作品のコレクションを誇るパリ、マルモッタン・モネ美術館から、モネが晩年までに手元に残したモネのプライベート・コレクション「モネによるモネ・コレクション」をはじめ、印象派の名前の由来となった歴史的名画「印象、日の出」の他、「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」など、マルモッタン・モネ美術館の中核をなす作品群で、滅多に外部に出るこのない貴重な作品が来日します。また愛用していたメガネやパレットなど身の回りの品も展示され、モネの知られざる内面を知る得難い機会となるでしょう。また今回「印象、日の出」は九州初上陸。まさにマルモッタン・モネ美術館にしかできない、知られざる究極のモネ展が開催されます。

その展覧会での片鱗をテーマレストラン「レ・セレブリテ」にてお楽しみ下さい。モネの美しい色彩が印象的な絵画の数々を「レ・セレブリテ」シェフ森田が洗練された感性で表現するスペシャルキュイジーヌ。モネの実像に思いを馳せながら美術館の余韻と共にお愉しみ下さい。
展覧会半券をご提示いただきますと、ワンドリンクサービスと次回3800円以上のご注文でご利用いただける1,000円割引の優待券をお渡しします。お得なモネ展(当日券1500円)チケット付きコースもご用意しております。またチケット付きの宿泊プランもご用意しました。詳細は下記の通りです。

【究極の「モネ展」スペシャルメニュー概要】
■期間:2015年12月22日(土)~2016年2月21日(日)
(*除外日:2015年12/22~25、12/31~2016年1/3)
■場所:2階テーマレストラン「レ・セレブリテ」092-482-1163
■価格:ランチ4,800円【チケット付6,000円]】/
    ディナー 8,000円・10,000円【チケット付9,000円、11,000円】
■内容:
【ランチ】営業時間11:30~14:30
〇ル・アーブル港に昇る太陽“日の出”
〇“クロード・モネの眼鏡“ 青リンゴのジュレを纏ったフォアグラのミ・キュイ
〇なめらかな金武カブのヴルーテ シヴェルニーの“睡蓮”に見立てて
〇しっとりと火を入れた糸島ポーク“バラの小道”のインスピレーションで
〇“クロード・モネ”のパレット  〇コーヒーまたは紅茶 全6品

【ディナー】営業時間17:00~21:30
〇ル・アーブル港に昇る太陽“日の出”
〇“クロード・モネの眼鏡“ 青リンゴのジュレを纏ったフォアグラのミ・キュイ
〇アルジャントゥイユから“サン=ラザール駅”へ立ち上がる蒸気に包まれて
〇なめらかな金武カブのヴルーテ ジヴェルニーの“睡蓮”に見立てて
〇揺れ動く水草と“小舟”香り高い糸島バジルのナージュと共に
〇しっとりと火を入れた糸島ポーク“バラの小道”のインスピレーションで
〇“クロード・モネ”のパレット 〇コーヒーまたは紅茶 〇ミニャルディーズ 全8品
◎お客様からのお問い合わせ:テーマレストラン「レ・セレブリテ」 TEL:092-482-1163(直)

<福岡市美術館「モネ展」入場チケット付き宿泊プラン>
■期間:2015年12月22日(火)~2016年2月21日(日)
■部屋タイプ:ツインルーム(29.5㎡)、トリプルルーム(35.0㎡)、シングルルーム(21.5㎡)
■料金:平日10,500円~/3名利用時お一人様あたり
■特典:福岡市美術館「モネ展」入場チケット+西鉄バス フリー乗車券「ぐりーんパス」
◎お客様からのご予約・お問合せ:宿泊予約092-482-1117

【主催】福岡市美術館、マルモッタン・モネ美術館、FBS福岡放送、読売新聞社

 2階テーマレストラン「レ・セレブリテ」
■営業時間:11:30~14:30・17:00~21:30 ■席数:56席(全席禁煙)
フレンチレストラン「レ・セレブリテ」。磨き抜かれた技と洗練された感性で仕上げられたキューイジーヌ。シェフ森田の思いがこもった一皿が特別な時間を彩ります。店内は小川フェレールによるインテリアデザインで、上品なパリの館を彷彿させる雰囲気を演出。パリの街の石の色をイメージしたベージュ系の壁と天井、ロビーとのつながりを意識したパーゴラ天井に囲まれたインテリア。壁面のアートワークはパリのオペラ座を設計したフランスの建築家「シャルル・ガルニエ」による「ヌーベル・オペラ」の完成予想図であるが建築はなされていない。

ホテル日航福岡について ■客室数:360 ■本館:地上14階、地下3階 ■新館:地上3階、地下2階
ホテルチェーン「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル(NHI)」の国内8番目のホテルとして1989年7月8日に福岡市博多区に開業。ホテル日航福岡は、JR博多駅(博多シティ)から徒歩3分、利便性に優れたロケーションに位置する博多の国際級ホテルです。ハイクオリティを意識した客室空間はワンランク上の上質な滞在をお約束いたします。また全8種のレストラン&バーでは、博多ならではの旬の食材にこだわったお料理と心温まるサービスでおもてなしいたします。このほか2,000名を収容できる国際会議から大規模なイベントに対応可能な大宴会場「都久志の間」をはじめ、お客様の目的やシーンに合わせお選びいただける大小12の宴会場をご用意しております。ヨーロッパのゴシック聖堂をモチーフとした、石材はヨーロッパの大聖堂で使用されているもので形造られている新館3階の「チャペル プリエール」。チャペル後方には挙式用としては、西日本最大級のフランス・ケルン社製のパイプオルガンを配し、1999年に完成しました。挙式のみならずコンサートにも対応できる他にはない本格的なチャペルをご用意しております。http://www.hotelnikko-fukuoka.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ニッコー・ホテルズ・インターナショナル
  4. >
  5. 【ホテル日航福岡】マルモッタン・モネ美術館所蔵 究極の「モネ展」×テーマレストラン「レ・セレブリテ」コラボレーション企画