『位置情報ビジネス報告書2016』1月29日(金)に発売

拡大する自動運転/ドローン/ビッグデータ/フィンテックからスマートシティ/マイクロロケーション/ウェアラブルの新展開と セキュリティ対策を詳説!

インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びパートナー出版事業、デジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、「位置情報ビジネス」に関する内外の最新サービス事例と技術を網羅してまとめた『位置情報ビジネス報告書2016』を、1月29日(金)に発売しました。

 

『位置情報ビジネス報告書2016』は、『位置情報ビジネス報告書2015』を大幅に刷新し、注目の最新キーワードについても追加解説したものです。従来の地図/ソーシャルメディア/コンテキストサービスなどに加えて、新たな利用分野として登場してきたコネクテッド・カーやシェアード・モビリティ、オンデマンドやビッグデータサービスなどを新たに加えて再分類し、最新の内外のサービス事例を収録しました。最近注目されている自動運転やドローン、フィンテック(金融とITを融合させたサービス)などについても、最新事例を掲載しています。

また、本書では、今後、ますます拡大する位置情報とIoTやビッグデータとの連携において重要となる個人情報の扱いやセキュリティ対策についても、新しく章を設けて解説しています。

本書は全8章で構成され、各章の内容は下記の通りです。

第1章では、位置情報ビジネス全般についての概要や沿革、市場の概況について解説しています。

第2 章では、主要な位置情報ビジネスを地図/スポット情報/ソーシャルメディア/コネクテッド・カー/シェアード・モビリティ/オンデマンドサービス/コンテキストサービス/その他の8ジャンルに分類し、国内外の最新のサービス事例について紹介しています。

第3 章では、iBeaconがアップルのiOS 7の標準機能として2013年6月に発表されて以来、O2Oやオムニチャネルなどのマーケティング効果が期待され、今後さらにその普及が期待されている「マイクロロケーションサービス」について最新事例を説明しています。国内事例については、「ポイント」「イベント」「コンテンツ」「業務支援」に分類し、日本交通や全日本空輸、星野リゾートなどの新たな事例を追加したほか、今後、位置情報との連携が加速する「ビッグデータ」「フィンテック」の分野についても事例を交え解説しています。

第4 章では、IoT/クラウドサービス/スマートモビリティとの連携により現実となり始めた、スマートシティの国内外の事例について紹介しています。IoTにおけるハードウェアプロトタイピングプラットフォームの情報や、欧州におけるスマートモビリティをめぐる動きなど、新たな情報を収録しています。

第5 章では、位置情報技術の最新動向について記載しています。新たな技術としてPDR(歩行者自律航法)やM2M/IoTにおけるセンサーデータの利用、クラウド型データベースについても説明し、また、2015年以降、現在もさらに注目を集めているドローンについては、ドローンの分類や業界の動向、法規制を含めて大幅に加筆しています。

第6 章では、政府や自治体がもつデータを、自由利用が可能なライセンスで公開し民間で利用する「オープンデータ」という取り組みのなかから、位置情報に関連する事例を取り上げています。

第7 章では、位置情報についてセキュリティという観点から、ビジネスで活用するために必要な情報や注意するポイントを整理しました。位置情報や個人情報の取り扱いが問題となった実際の事例を参照しながら、具体的な対策方法をわかりやすく解説しています。「自動運転」「ドローン」についての法規制や課題への対処方法についても記載しています。

第8 章では、位置情報ビジネスについて、技術とサービスの両面から、将来の展望を行っています。特に、今後、位置情報技術と連携することでビジネスが発展すると考えられる「スマートハウス(コネクテッドホーム)」「スマートモビリティ」「ロボット」の分野については、物流や農業、インフラ管理、医療などの領域で自動化や効率化が図られると期待でき、具体的な事例を挙げて解説しています。

本書は、さまざまな業界と複合的に絡み合い変化し発展する「位置情報ビジネス」について、市場、事例、技術と周辺ビジネス、セキュリティなど多様な視点から網羅的に解説した、必読の一冊です。

<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
位置情報ビジネス報告書2016
[拡大する自動運転/ドローン/ビッグデータ/フィンテックから
スマートシティ/マイクロロケーション/ウェアラブルの新展開とセキュリティ対策]

上田直生、梅元建次朗、黒瀬翼、鈴木まなみ、関治之、中尾真二[著]

<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日   :2016年1月29日(金)
価格     :CD(PDF)版 78,000円+税
           CD(PDF)+冊子版 88,000+税
判型     :A4判
ページ数 :406ページ
詳細、ご注文は右よりご覧ください。 → https://r.impressrd.jp/iil/geo2016
※目次は参考資料をご参照ください。

以上


【調査報告書 購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレス 法人営業局 営業2部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地 TEL:03-6837-4631 FAX:03-6837-4648
E-mail:report-sales@impress.co.jp

【株式会社インプレス】 http://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社インプレスホールディングス
  4. >
  5. 『位置情報ビジネス報告書2016』1月29日(金)に発売