世界中から届いた「切り絵アート」を見てみませんか?パナソニックの"Cut Out the Darkness"プロジェクト。デザイン募集も期間延長!

main image

ご存知ですか?世界では、約13億もの人たちが電気の無い生活を送っており、その家庭の多くが照明に使われる灯油ランプによって、火事の危険や煙による健康被害にさらされています。

パナソニック株式会社は、そんな無電化地域の人々にソーラーランタンのあかりを届ける、「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を推進しています。そして現在、"Cut Out the Darkness"プロジェクトと題して、寄贈予定のランタンに被せるシェードのデザインを全世界から募集しています。

▼"Cut Out the Darkness"~電気が使えない地域の人たちにあなたの想いを込めたソーラーランタンを届けよう
http://cotd.panasonic.net/
▼【デザイン募集】電気が使えない地域の人たちにあなたの想いを込めたソーラーランタンを届けよう~Cut Out the Darknessプロジェクト(2013年12月24日)
http://panasonic.co.jp/news/topics/2013/119102.html

2013年12月からデザイン募集を開始し、現在、世界中から続々と個性溢れる作品が届いています。

「切り絵」と一口に言っても、その捉え方は様々。
国も違えば、考え方も違う。けれども、無電化地域の人たちにあかりを楽しんでもらいたい、電気がつくたびに幸せな気持ちになってもらいたい、という思いは一つ。
そんな思いが一つ一つ詰まった作品を見ているだけでも、なぜかあたたかい気持ちになってきます。

可愛らしいデザインから繊細なデザインまで、切り絵でここまで表現出来るのかと目を見張る作品が数多く寄せられている"Cut Out the Darkness"のプロジェクトサイト。ぜひ一度ご覧いただき、世界から寄せられたたくさんの"想い"に触れていただければと思います。

▼世界各地から投稿された作品集~"Cut Out the Darkness"プロジェクト
http://cotd.panasonic.net/entry/latest/1

また、サイト上では人気投票も行っています。気に入った作品、想いが伝わった作品がありましたら、ぜひあなたの気持ちとともに、投票ボタンを押していただければと思います。
サイト訪問者による人気投票をもとに選ばれた100作品は、ランタンシェードへと加工され、無電化地域へ贈られます。こちらの人気投票へもぜひご参加ください。

遠く離れていても、私たちにできることはきっとある。

ご参加お待ちしております!

【シェードデザインの募集期間延長!】
当初、2014年1月末までの募集期間でしたが、ご好評につき、期間を2014年2月5日(水)まで延長!
また、「自分でデザインしたシェードをアップロードしたい!」という声にもお応えし、サイト上から作品データをアップロードすることも可能になりました。
もちろんサイト上の専用プリケーションを使いながら簡単に切り絵デザインもできますので、引き続き皆様からの心あたたまるシェードデザインをお待ちしております!
http://cotd.panasonic.net/design/

▼[動画]Cut Out the Darknessプロジェクトとは?
http://ch.panasonic.net/jp/contents/11940/


■プロジェクト関連サイト一覧
・“Cut Out the Darkness”プロジェクトウェブサイト: http://cotd.panasonic.net/
・“Cut Out the Darkness”プロジェクトムービー:http://ch.panasonic.net/jp/contents/11940/
・プロジェクト進捗報告Facebookページ(「ソーラーランタン10万台プロジェクト」公式Facebookページ):http://www.facebook.com/PanasonicSolarLantern
・「ソーラーランタン10万台プロジェクト」ウェブサイト:
http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パナソニック
  4. >
  5. 世界中から届いた「切り絵アート」を見てみませんか?パナソニックの"Cut Out the Darkness"プロジェクト。デザイン募集も期間延長!