GMOグローバルサイン、1枚のSSLサーバ証明書で単一グローバルIPアドレスによる複数サイトのSSL通信が可能になる定額制サービス「クラウドSSL」提供開始

2012年11月7日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
================================================================
1枚のSSLサーバ証明書で単一グローバルIPアドレスによる複数サイトの
SSL通信が可能になる定額制サービス「クラウドSSL」提供開始
================================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認証
サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一
郎 以下、GMOグローバルサイン社)は、1枚のSSLサーバ証明書で最大100個の
FQDN(*1)(URL)のSSL通信が追加で可能になる定額制サービス「クラウド
SSL(URL: https://jp.globalsign.com/service/ssl/cloudssl.html )」を本日
2012年11月7日(水)より提供開始いたします。

(*1) FQDNとはドメイン名・サブドメイン名・ホスト名を省略せずにすべて
 記載した記述型式です。

【「クラウドSSL」について】
 通常、SSLサーバ証明書は、1枚で1つのFQDN(URL)しか設定できません。そ
のため、利用しているグローバルIPアドレスが同一でも、マルチドメイン(複
数の独自ドメイン)によってURLの異なる複数のサイトを運営している場合、
SSL通信を設定するには、サイトの数だけSSLサーバ証明書をお申し込みいただ
く必要があります。
 GMOグローバルサイン社では、2012年2月から、同一グローバルIPアドレスで
複数サイトを運営している場合、1枚のSSLサーバ証明書で複数サイトのSSL通
信を可能にする「マルチドメインオプション」を「企業認証SSL」のオプショ
ンサービスとして提供しており、大変好評をいただいております。
 この度、GMOグローバルサインは、よりインターネットの安全性を高めるこ
とと、枯渇するIPアドレスの節約にお役立ていただくため、「企業認証SSL」
を必要としていないお客様にも「マルチドメインオプション」の機能をご利用
いただけるよう、「マルチドメインオプション」を改良した新サービス「クラ
ウドSSL」を提供することといたしました。

 「クラウドSSL」は1枚のSSLサーバ証明書で最大100個のFQDNでのSSL通信が
追加で可能となるうえ、SSLサーバ証明書の有効期限内であれば、FQDN の追加
・削除に費用が発生しない、定額制でのご提供となります。そのため、SSL通
信が必要なサイトが短期間で変わる、キャンペーンサイトや企画サイトを運営
する際に有効です。本サービスは、ホスティング事業者や数多くのウェブサイ
トを運営する企業のお客様へ向けてご提供いたします。

【「クラウドSSL」の導入メリット】
-------------------------------------------
1)IPアドレスの節約
-------------------------------------------
 IPアドレスの枯渇問題が取り沙汰される中、レンタルサーバーを提供するホ
スティング事業者は、「クラウドSSL」を導入することで、SSLサーバ証明書を
発行するためにIPアドレスを顧客に追加で割り当てる必要なく、IPアドレスの
節約にお役立ていただけます。

-------------------------------------------
2)ドメイン使用許諾書の提出が不要で簡単にFQDNの追加が可能
-------------------------------------------
 「クラウドSSL」では、FQDNの追加の際、お客様にドメイン使用許諾書をご
提出いただく必要なく、メール認証もしくはページ認証でFQDNを追加すること
ができます。そのため、オンライン上で簡単にSSL通信を行いたいサイトの
FQDNの入れ替えができます。

-------------------------------------------
3)APIによる自動連携で、SSLサーバ証明書の発行から複数サイトでのSSL通信
設定が可能
-------------------------------------------
 APIでも提供するため、ホスティング事業者や企業のお客様は、自社サービ
スに「クラウドSSL」を組み込んでサービス同士を連携させて、FQDNの追加・
削除を自動化することができます。

-------------------------------------------
4)定額制のため期間の短いキャンペーンや企画サイトの運営に最適
-------------------------------------------
 「企業認証SSL」の「マルチドメインオプション」の場合は、長期で複数の
サイトを運用する場合に最適ですが、「クラウドSSL」の場合は、FQDNの追加
・削除に費用が発生しない定額制のため、短期間のうちにSSL通信が必要なサ
イトが次々と変わるような、キャンペーンサイトや限定企画サイトなどに最適
です。

---------------------------------------------------------
■サービス概要・ご利用料金
---------------------------------------------------------
 「クラウドSSL」において、1つのSSLサーバ証明書で追加設定が可能なFQDN
は最大100個となります。ご契約年数およびFQDNの上限に応じて、定額となる
ご利用料金をお見積もりいたします。

---------------------------------------------------------
■「クラウドSSL」の仕組み
---------------------------------------------------------
 SSLサーバ証明書を発行するためには、申請時に作成するCSR(*2)の電子証
明書内のフィールドに、FQDN(URL)をコモンネーム(*3)として指定します
が、通常コモンネームには1つのFQDNしか設定することができません。コモン
ネームとは別にSAN(Subject Alternative Name/サブジェクトの別名)と呼
ばれるSSLサーバ証明書の拡張領域があり、「クラウドSSL」は、このSANにコ
モンネームと異なるFQDNの追加設定を可能にすることで、1枚のSSLサーバ証明
書で最大101個のウェブサイトの暗号化通信を実現いたしました。また、「ク
ラウドSSL」では、FQDNの追加の際にドメイン使用許諾書の提出が不要で、メー
ル認証もしくはページ認証でFQDNを追加することができます。

(*2)CSRとは、サーバ証明書を発行するための署名要求(Certificate
 Signing Request)です。
(*3)コモンネームとはSSL暗号化通信を行うサイトのFQDN(URL)です。

 GMOグローバルサイン社は、電子証明書業界のリーディングカンパニーとし
て「もっと信じられるインターネットを」の実現に向け、今後もお客様のニー
ズに応じた利便性の高い商品の提供に努めてまいります。

【「GlobalSign」とは】
 世に電子認証サービスが登場し始めた初期段階の1996年にベルギーでサー
ビスの提供を開始し、ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局です。
ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとす
るベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証
局への認証を行っています。2006年にGMOインターネットグループにジョイン
し、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開
しております。現在では、40万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績をはじめ、
政府関連機関や大手企業へ多数の納入実績があります。また、
『CABF(CA/Browser Forum)』、『Anti-Phishing Working Group』に参加し、
電子証明書市場のリーディングカンパニーとして積極的な活動を行っていま
す。
※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カー
ドプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのID
カードが配布される。

以上

-----------------------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOグローバルサイン株式会社 マーケティング部 是次
TEL:03-6809-0196  FAX:03-5728-1552
E-mail:info@globalsign.co.jp
-----------------------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・古見
TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101
E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 福井・石井
TEL:03-5456-2695  FAX:03-3780-2611 
E-mail:pr@gmo.jp
-----------------------------------------------------------------


【GMOグローバルサイン株式会社】 (URL:http://jp.globalsign.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOグローバルサイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 中條 一郎
事業内容  ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金 3億5,664万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOクラウド株式会社】 (URL:http://www.gmocloud.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOクラウド株式会社 (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
     ■セキュリティサービス事業
資本金 9億1007万円(2012年3月末現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】 (URL:http://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
     ■インターネットメディア事業
     ■インターネット証券事業
     ■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金  30億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. GMOインターネットグループ
  4. >
  5. GMOグローバルサイン、1枚のSSLサーバ証明書で単一グローバルIPアドレスによる複数サイトのSSL通信が可能になる定額制サービス「クラウドSSL」提供開始