アリス=紗良・オット、Technicsの2016年グローバルブランドアンバサダーに起用

ユニバーサル ミュージック合同会社(本社:東京都港区、社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、ユニバーサル ミュージック)は、傘下のレーベル、ドイツ・グラモフォン所属のアリス=紗良・オットが、パナソニック株式会社が展開するHi-Fiオーディオ製品ブランド「Technics(テクニクス)」の2016年のグローバルを対象としたブランドアンバサダーへの起用が決定しました。*(ドイツ 2月29日発表)

 

アリス=紗良・オットは、ドイツ人と日本人の両親を持ち、2008年よりドイツ・グラモフォンと専属契約を結ぶピアニストとして世界各地の主要なコンサート・ホールでの演奏やオーケストラとの共演を重ねています。

今回、Technicsの新商品であるCDステレオシステム「OTTAVA™ SC-C500」、ステレオヘッドホン「EAH-T700」のプロモーション・ムービー及び広告ビジュアルにアリス=紗良・オットが起用され、Technicsブランドサイトや販売促進活動で展開される予定です。

楽曲「グリーグ:抒情小曲集」から「蝶々」を新たに録音・撮り下ろし、[音と光の共鳴篇]として、音楽を愛する人の住空間を上質に演出するというTechnicsのブランドフィロソフィーに合わせた映像となりました。
 

 

 


Technics ブランドオフィシャルサイト:http://www.technics.com/


アリス=紗良・オットは本楽曲を収録した最新アルバムをユニバーサル ミュージック傘下のレーベル、ドイツ・グラモフォンより2016年に発売する予定です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ユニバーサル ミュージック合同会社
  4. >
  5. アリス=紗良・オット、Technicsの2016年グローバルブランドアンバサダーに起用