カーバッテリー寿命判定ユニット「ライフ・ウィンク」で「日刊自動車新聞 用品大賞2014 特別賞」を受賞~車内でバッテリーの状況がわかり、「バッテリーあがり」などの防止に貢献

main image


パナソニックグループのパナソニック ストレージバッテリー株式会社は、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK (ライフ・ウィンク)」シリーズで「日刊自動車新聞 用品大賞2014 特別賞」を受賞しました。受賞対象は、カーバッテリーに装着することでバッテリーの状態をランプで確認できる「ライフ・ウィンク ベースユニット(N-LW/P4)」と、アクセサリーソケットに挿入しバッテリーの状態を車内で確認できる「ライフ・ウィンク 車内モニター(N-LWM/B1)」です。

▼カーバッテリー寿命判定ユニット「ライフ・ウィンク」について
http://panasonic.jp/car/battery/lifewink/

「日刊自動車新聞 用品大賞」は、日刊自動車新聞社が毎年実施しているもので、今年度で27回目を迎えます。過去1年間に注目を集めた各ジャンルのカー用品を対象に、販売数量だけでなく、「商品の技術開発力」「企画力」「アイデア」「ユニークさ」「パイオニア精神」なども重視し、選定されています。2014年7月11日には、東京都内で表彰式が開催されました。

車のトラブルとして一番多いのは「バッテリーあがり」と言われています。バッテリーの状態を把握することで適正な時期でのバッテリー交換が可能となり、トラブルの予防につながります。パナソニックでは、2006年よりカーバッテリー本体に装着する「ライフ・ウィンク ベースユニット」を発売しています。2012年からは車内でカーバッテリーの寿命確認ができる「ライフ・ウィンク 車内モニター」を新発売し、車内モニターに対応したリニューアルモデルとして「ライフ・ウィンク ベースユニット(N-LW/P4)」を発売しています。

■「ライフ・ウィンク」シリーズの特長
1.「ライフ・ウィンク ベースユニット(N-LW/P4)」と「ライフ・ウィンク 車内モニター」(※1)との併用により、車内でバッテリーの状態がわかる
2.「ライフ・ウィンク 車内モニター」とスマートフォンを接続すると、専用アプリでバッテリーの高精度診断結果がわかる
3.「ライフ・ウィンク 車内モニター」でスマートフォンの充電が可能
(※1)「ライフ・ウィンク 車内モニター」だけではカーバッテリーの寿命を診断することはできません。「ライフ・ウィンク べースユニット(N-LW/P4)」が取り付けられた車両のみ、車内モニターを使用することができます。

▼車内でバッテリー寿命がわかる「LifeWINK(ライフ・ウィンク) 車内モニター」発売~スマートフォンの充電やスマートフォンアプリにも対応~
http://panasonic.co.jp/news/topics/2013/112387.html
▼カーバッテリー寿命判定ユニット「ライフ・ウィンク」について
http://panasonic.jp/car/battery/lifewink/
▼パナソニックのカーバッテリーについて
http://panasonic.jp/car/battery/

【関連情報】
▼「日刊自動車新聞 用品大賞2014」について
http://www.njd.jp/notice/#6659
▼パナソニック カーバッテリーの受賞歴
http://panasonic.jp/car/battery/prize/index.html
▼パナソニック ストレージバッテリー株式会社について
http://panasonic.co.jp/ec/psb/
関連URL:http://panasonic.co.jp/ais/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パナソニック
  4. >
  5. カーバッテリー寿命判定ユニット「ライフ・ウィンク」で「日刊自動車新聞 用品大賞2014 特別賞」を受賞~車内でバッテリーの状況がわかり、「バッテリーあがり」などの防止に貢献