ボックス型ハイエンドスイッチングハブ「ZEQUO(ゼクオ)」シリーズ 2機種を新発売

main image
パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、大規模ネットワークのコアからエッジまでをカバーするボックス型ハイエンドスイッチングハブ「ZEQUO」シリーズとして、主にPCネットワーク構築用で全ポートギガビットに対応し、豊富な認証機能を搭載したボックス型レイヤ2スイッチングハブ「ZEQUO 2200(24ポートタイプ)」、「ZEQUO 2210(16ポートタイプ)」の2機種を2014年12月1日から発売します。

本製品は、全ポートがギガビットに対応するとともに、動作環境温度50℃まで対応。さらに、豊富な認証機能(MACアドレス認証機能(※1)、WEB認証機能(※2)、IEEE802.1Xユーザ認証機能等(※3))を搭載しました。コアからエッジまで、ZEQUOシリーズを使用したネットワークを構築することで、ネットワークの運用負荷を抑えたセキュリティ環境を構築可能です。また、IGMP クエリア(※4)、IGMP Snooping機能(※5)によりIGMPパケットを監視し、不要なデータを端末に流れないようにフィルタリングします。動画配信など、大容量データを効率よく処理し、カメラネットワークのバックボーンとしても使用できます。
現在、公開中の統合支援アプリケーション(無償)(※6)(2014年8月に監視・管理機能を追加して「ZEQUOASSIST(ゼクオアシスト)」としてバージョンアップを予定)に対応し、スイッチングハブの設定、導入から監視、管理まで、お客様のネットワーク運用をサポートします。さらに、本体前面にSDカードスロットを装備。SDカードを使用することで、スムーズな保守・復旧を実現します。

【特長】
1. 豊富な認証機能により、ネットワークの運用負荷を抑えたセキュリティ環境を構築可能
2. IGMP クエリア、IGMP Snooping機能によりカメラネットワークのバックボーンとして使用可能
3. 統合支援アプリケーション(無償)により、お客様のネットワーク運用をサポート

【品名】ZEQUO 2200
【品番】PN26241
【希望小売価格(税抜)】198,000円
【発売日】2014年12月1日
【販売目標】3600台/年(2015年度)

【品名】ZEQUO 2210
【品番】PN26161
【希望小売価格(税抜)】165,000円
【発売日】2014年12月1日
【販売目標】1800台/年(2015年度)

※1:MACアドレス認証:パソコン等に内蔵のネットワークカード(ポート)が持つ固有のMACアドレスをアクセス制御に利用する認証方式
※2:WEB認証:Webブラウザによるユーザ認証。さまざまな端末が混在した環境でもユーザ認証が可能
※3:IEEE802.1Xユーザ認証:ネットワーク内のユーザ認証の方式を定めた規格。認証されたユーザのみ通信を許可
※4:IGMP クエリア: IPマルチキャスト配信を行う際に必要なIGMP対応ルータの働きをL2スイッチが代行する機能
※5:IGMP Snooping機能:スイッチングハブの各ポートを流れるIGMPパケットを監視し、不要な端末にデータが流れないようにフィルタリングする機能
※6:パナソニックホームページから無償ダウンロード可能
http://panasonic.co.jp/es/pesnw/product/appli/z_assist.html

▼パナソニックESネットワークス
http://panasonic.co.jp/es/pesnw/

【お問い合わせ先】
お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9:00~20:00)
パナソニックESネットワークス株式会社 マーケティングセンター 電話:03-6402-5301 8:30~17:00 (受付(平日のみ) ) 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パナソニック
  4. >
  5. ボックス型ハイエンドスイッチングハブ「ZEQUO(ゼクオ)」シリーズ 2機種を新発売