『まぶらほ ~じょなんの巻・じゅう~』発売! はたして正ヒロインの座には誰が――!? ラブコメラノベの金字塔、15年目の完結!

『ドラゴンマガジン』誌での連載開始から15年。ついに主人公争奪戦に終止符が! さらには、完結を記念してシリーズ全33巻+豪華特典をひとつにまとめた、電子書籍版合本『まぶらほ』コンプリートBOXも配信決定! ライトノベルを変えたマジカル・ラブコメのフィナーレを見届けよう!
ファンタジア文庫(株式会社KADOKAWA 富士見書房BC)より刊行されてきた人気タイトル、『まぶらほ』の最終巻が3月20日に発売となり、15年に渡るシリーズがついに完結を迎えた。
夕菜、凜、玖里子、千早といったヒロインたちが主人公争奪戦を繰り広げてきた本シリーズ。最終巻ではついに花嫁の座を勝ち取る少女が決定する――はずなのだがそうは問屋がおろさない。新たな少女が主人公、式森和樹の前の出現し、彼に告げるのだ。「私は、あなたの娘」だと……。
式森ゆりやと名乗った少女の正体は!? もし娘ならば、彼女の母親は一体誰なのか? 膠着状態にあった日常があわただしく動き出す。果たして、式森和樹と結ばれる少女は――。

本編、外伝にくわえてスピンオフなど多岐にわたり展開され、コミカライズ、TVアニメ化などメディアミックスも果たしたラブコメラノベの金字塔、マジカル・ラブコメシリーズ完結刊となる『まぶらほ ~じょなんの巻・じゅう~』は、ファンタジア文庫より発売中!

まぶらほ ~じょなんの巻・じゅう~

■『まぶらほ』シリーズとは?

富士見書房より発行されている小説誌『ドラゴンマガジン』にて2000年より連載開始。2001年よりファンタジア文庫にて刊行開始。本編22巻を含む全33巻。2000年当時、ファンタジーや伝奇が主流であったライトノベルにおいて、学園ラブコメというジャンルは異質な存在であったが熱狂的な支持を獲得。2003年にはTVアニメ化。人気イラストレーター、駒都え~じの手によるイラストも人気を呼んだ。

■築地俊彦プロフィール
1999年、ファンタジア文庫『ライトセイバーズ』シリーズにてデビュー。『まぶらほ』のほか、『けんぷファー』(MF文庫J)、『戦嬢の交響曲』『艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!』(ファミ通文庫)など、ラブコメからミリタリーまで幅広いジャンルをカバーしながら、ライトノベル作家として活躍中。

■書誌情報
まぶらほ ~じょなんの巻・じゅう~
著:築地俊彦
イラスト:駒都え~じ
ファンタジア文庫刊
定価:本体580円+税
WEB:http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321501000042

【全巻セット】まぶらほ コンプリートBOX 全33巻セット〈豪華特典版〉

大人気マジカル・ラブコメ待望のコンプリートBOX、豪華特典付きで登場!

■内容紹介
マジカル・ラブコメ『まぶらほ』全33巻を収録し、さらに豪華特典としてカバーイラストコレクションに加え、電子特別版や文庫未収録のイラストを大増収録!
※本作品は『まぶらほ』シリーズ全33巻を収録しています。
※本商品は1冊に全巻を収録した合本形式での配信となります。あらかじめご了承ください。

■配信日
BW先行配信:3/20(金) ※その他ストアは4/24(金)予定
希望小売価格:12,738円(税込)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 『まぶらほ ~じょなんの巻・じゅう~』発売! はたして正ヒロインの座には誰が――!? ラブコメラノベの金字塔、15年目の完結!