GMOリサーチ、DIY型リサーチシステム「GMO Market Observer」に モニターの回答率を高精度に予測する独自エンジン搭載

~適切なアンケート配信数を決定し、DIY型の調査結果の質を向上~

2014年9月10日
報道関係各位

GMOリサーチ株式会社
===============================================================
GMOリサーチ、DIY型リサーチシステム「GMO Market Observer」に
モニターの回答率を高精度に予測する独自エンジン搭載
~適切なアンケート配信数を決定し、DIY型の調査結果の質を向上~
===============================================================
 GMO インターネットグループのGMO リサーチ株式会社 (本社: 東京渋谷
区、代表取締役: 細川 慎一 以下、GMOリサーチ) は、インターネット調
査に必要な機能を一元化したDIY型(セルフ型)リサーチシステム「GMO
Market Observer(マーケット オブザーバー)」に、アンケートモニターの回
答率を高精度で予測する独自のエンジン「Accurate Prediction Engine
(アキュレート プレディクション エンジン 以下、APE)」を新たに
搭載し、アジアのマーケッター向けに提供開始いたしました。
 これにより、「GMO Market Observer」を利用してアンケート調査を計画
・実行するクライアント企業は、誤差の少ない回答率予測をもとに適切なア
ンケート配信数を決定できるため、調査結果の質の向上が期待できます。


---------------------------------------------------
【高精度回答率予測エンジン「APE」開発の背景】
---------------------------------------------------
 アンケート調査においては、あらかじめ設定した対象者の属性や条件によっ
て、アンケートにおける「有効回答の回収見込み数」」(=信頼の置ける調
査データに必要な回答の回収予測)が変動し、調査結果の信頼性やその後の
スケジュールに影響を及ぼすこともあります。そのため、アンケート調査後
に商品開発/広告宣伝等の実施を予定しているクライアント企業からは、ア
ンケートの対象者を設定した時点で、より精度の高い「有効回答の回収見込
み数」を把握し、質のよい回答を期間内に回収することが求められます。

 リサーチ会社による調査の場合、定期的にモニターに対して実施している
アンケート回答率調査の結果に加え、アンケート内容や質問数で左右されて
しまう回答率を、経験豊富なオペレータが自身の経験で補い算出しているた
め、高い精度で「有効回答の回収見込み数」を把握することができます。し
かし、通常のDIY型リサーチシステムの場合、クライアント企業が独自に「回
答回収見込み数」を予測しなくてはなりません。

 そこでGMOリサーチは、こうした課題を解決するべく、DIY型リサーチシス
テム「GMO Market Observer」において、オペレータが対応するレベル同等の
精緻な回収設定が可能な予測エンジン「APE」を開発し、搭載いたしました。


---------------------------------------------------
【最新技術を用いた高精度回答率予測エンジン「APE」】
---------------------------------------------------
 GMOリサーチが開発した予測エンジン「APE」では、各アンケートモニター
の過去半年間の回答結果を全て分析し、個人単位での回答率の計算が可能で
す。分析する回答履歴は数百万モニター・数億レコードに及び、このビッグ
データを処理するために並列分散処理技術「Hadoop(TM)」(※1)を採用してい
ます。
 「APE」による回答率予測には、以下の特徴があります。

(1)過去半年間のモニター・アンケート・回答の全てを分析対象にしており、
  統計誤差が生じにくい。
(2)週次で分析を行っているため、常に最新の回答率予測である。
(3)モニター個人の回答率を保持しており、誤差の影響なく適切な配信を
  行える。

 これにより、「GMO Market Observer」でDIY型のアンケート調査を行うク
ライアント企業様は、精度の高い「有効回答の回収見込み数」を把握できる
ため、回答の質の向上が見込めるだけでなく、正確な開発・宣伝スケジュー
ルを立てるたてることが可能です。

(※1)Hadoopとは、米Apacheソフトウエア財団(ASF)が開発・公開するオー
 プンソースソフトウエア。大規模なデータを効率的に分析処理することが
 可能なため、「ビッグデータ活用」を支える技術として注目されている。


---------------------------------------------------
【「APE」の予測結果を活用した機能】
---------------------------------------------------
┏━━━┓
┃機能1┃「回収見込み検索機能」
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 性別・年代・居住地(都道府県)など、GMOリサーチがアンケートで取得し
ている200以上の項目を用いて、モニター数の検索および回答の回収見込み数
が確認できます。この機能により、調査によって目的の回答が集められるか
を即時に判断できます。

例)年齢別に「週に一度以上、車を運転している方」を検索した
 画面イメージは以下のURLをご参照ください。 
 http://www.gmo.jp/news/article/?id=4567

┏━━━┓
┃機能2┃「おすすめ配信機能」
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 精緻な回答率予測により、適切なアンケート依頼数(配信数)の算出が可
能です。例えば、1,000名の回答が必要な調査の場合、回答期待値が1,000に
なるよう、モニターそれぞれの回答率を踏まえながらも、ランダムにモニター
を選定・調整し、推奨配信数を提示します。これにより、回収数の不足や、
モニターが多いことによる無回答バイアス(※2)・短時間バイアス(※3)
の抑止が可能になり、回収品質の向上を実現します。

(※2)無回答バイアスとは・・・アンケート配信対象者の一部が無回答で、情
 報が得られなかったことにより生じる調査結果の偏り。
 配信数が多すぎると、回収が早く終了し、トータルの回収率が低下する
 ことからバイアスが拡大してしまう恐れがある。
(※3)短時間バイアスとは・・・アンケート配信時間帯によって生じる調査結
 果の偏り。例えば、過剰な人数にアンケートを配信すると、
 アンケートの実施期間が1日以内になり「夜間に回答する人の割合が高す
 ぎる」など、調査結果に偏りを生む可能性がある。

┏━━━┓
┃機能3┃「おまかせ配信機能」
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アンケートの回答率予測は、アンケート内容によっても変動します。これ
に対応するため、アンケート実施中にも予測数値との乖離を計測し、予測を
下回る回答率であれば、自動で適切な追加配信を行うよう補正する機能を開
発中です(2014年10月リリース予定)。

-------------------------------------------
【今後の展開について】
-------------------------------------------
 今後GMOリサーチは「APE」において、「個人の活動時間を推定して最も回
答率が高い時間帯にアンケートを送付する」といった機能の充実を図り、ア
ンケートモニターとのコミュニケーションを最適化してまいります。
また、「APE」の高度なビッグデータ解析技術と行動予測を組み合わせるこ
とで、広告関連サービスをはじめとする様々なサービスやプラットフォーム
の運用の自動化・DIY化にも貢献するべく、協業を推進してまいります。


-------------------------------------------
【「GMO Market Observer」について】
(URL:http://www.gmo-research.jp/rsp
-------------------------------------------

 「GMO Market Observer」は、GMOリサーチの保有するパネルソース(※4)に
加え、お客様が独自に保有するパネルソースも利用できるDIY型リサーチシス
テムです。アンケートの配信から、回収・集計までを同一インターフェース
で行うことができるため、より効率的に調査・データ収集が行えます。2014
年9月より操作画面の言語を「日本語・英語・中国語」の3言語から選択でき
るようになっており、アジアのマーケッターに広くご利用いただけます。

(※4) パネルとは、モニターの集合体。モニターとは、アンケート協力の承
 諾を得ている会員一人ひとりのこと。また、パネルソースとはその会員組
 織を指す。

以上

-------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社 サービスプロデュース本部 担当 松本
TEL:03-5459-5565(代表)
E-mail:info@gmo-research.jp
-------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社 JMI事業本部 担当 白鳥
TEL:03-5459-5565(代表)
E-mail:press@gmo-research.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611
E-mail:pr@gmo.jp
-------------------------------------

【GMOリサーチ株式会社】(URL:http://www.gmo-research.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOリサーチ株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 細川 慎一
事業内容 ■インターネットリサーチ事業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】(URL:http://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット証券事業
    ■モバイルエンターテイメント事業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2014 GMO Research, Inc. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. GMOインターネットグループ
  4. >
  5. GMOリサーチ、DIY型リサーチシステム「GMO Market Observer」に モニターの回答率を高精度に予測する独自エンジン搭載