パナソニックが中東およびアフリカ市場に向けてLED照明126モデルを発売

「MEE 2015」パナソニックブース(イメージ)

 

近年、中東・アフリカ地域の照明市場は、省エネ化でよりサスティナブルなくらしを主唱する政府方針と、湾岸協力理事会加盟国の建設部門の好調を受けて高成長を見せており、中でもLEDに対する関心が高まっています。

LEDへの高い需要が喚起される中で、パナソニック マーケティング ミドルイースト&アフリカ(以下、PMMAF)は、2015年3月2日、同地域向けとして、新モデル126種類によるLED照明の幅広いラインナップを発売しました。

▼ハイライト映像:Panasonic at Middle East Electricity (MEE) 2015(英語)
https://www.youtube.com/watch?v=KtTkXRiNyq0


照明を含む電力・電機業界のあらゆる部門を網羅する世界最大の展示会の一つ、「Middle East Electricity (MEE) 2015」。2015年3月2日から4日にかけてドバイ世界貿易センターで開催された同展示会には、電力、照明、エネルギー、再生可能エネルギーの各分野から1,200を越える出展者が世界中から参加しました。

同地域におけるLED照明分野への参入を発表したパナソニックは、住宅、商業施設、小売店および観光業界のニーズに応える最新の商品をラインナップしています。
「MEE 2015」での記者会見でLED商品群の発売を発表した、アンカーエレクトリック インディア社の共同マネージング・ディレクター兼、パナソニック株式会社エコソリューションズ社 アジア・中東・アフリカ販売地域のディレクター小栗 貴樹氏は次のように述べました。「パナソニックには60年に渡る照明事業の歴史があり、技術革新に対するコミットメントを原動力として、この事業で世界3位にランクされています。政府がサスティナブルなくらしと省エネに注力している当地域において、私たちの製品は大きな可能性を有しています。中東の盤石な住宅および建設業界と、好調な店舗およびホテル・観光セクター、いずれにおいても当社の省エネLED照明が貢献できると考えています」。

蛍光灯に比べてエネルギー消費が最大で9割も小さいLEDは、エネルギー効率の良いくらしのための最良のソリューションです。住宅部門におけるLEDの採用見通しは世界的に引き続き高く、2016年に約50%、2020年までには70%を超えると予測されています。また、LED市場全体の成長も2016年まで年5%、その後2020年まで年3%が見込まれています。さらに、ホテル・観光業界、店舗および屋外照明といった住宅以外の用途にも、LEDの急速な浸透が見られるでしょう。

記者会見で、PMMAFのエコソリューションズ部門ディレクターの 熊澤 龍也氏は「中東・北アフリカ地域における電力消費は、次の10年にかけてさらに早いペースで伸びることが見込まれます。ある調査によると、2020年までにこの地域の電力セクターに対して2000億米ドルを超える額の投資が見込まれており、これはインフラの急速な充実と共に、当地域における照明事業にとって明るい兆しです。パナソニックもこの成長の波に乗り、中東地域に強力な地盤を築くプランを立てています。今回発表した新たな商品レンジによって、当社は当地域のお客様に先端の省エネ照明製品をお届けし、照明業界の膨らむニーズに効果的に応えられると確信しています」と述べました。

将来的にパナソニックは、製品レンジを工業および屋外照明分野にも拡大することを検討しており、「SmartArchi」や「PROiD」のような、この分野における新シリーズも発売します。「SmartArchi」シリーズはハイエンドな建築照明であり、「PROiD」シリーズは内蔵タイプLEDベースライトに多様なオプションを提供する商品群です。

アンカーエレクトリック インディア社の照明事業ユニットディレクターの加藤 義行氏は次のように述べました。「パナソニックは優れた品質を持つ、最高にコストパフォーマンスの高い選択肢を提供できるように努めています。今回の新製品も、革新的でサスティナブルな商品を提供するという私たちのコミットメントを具現化したものです。LEDダウンライト、LEDベースライトおよびLEDスポットライトを含む商品ラインナップは、オフィス、店舗およびあらゆるタイプの商業施設を前提にしており、省エネという課題の解決に寄与するのみならず、当社の定評ある世界レベルの品質と機能を提供できることを意味しています」。

「MEE 2015」のパナソニックブースでは、LED照明ソリューションの幅広い商品群とその他の電力ソリューションが展示されました。

記者会見の終了後、夕方に行われたエコソリューションズ社代理店会議には、同地域内の40を超えるディーラーが出席。ディーラーと直接会い、歓談し、長年に渡る支援と協力に感謝するこの有意義な席では、全てのディーラーに、パナソニック製品の継続的な販促支援に対する感謝状が贈られました。最後にはアフリカのドラマーによるエンターテインメント・セッションが行われ、全参加者が親交を深めました。

スマートなくらしの空間を創造する取り組みを継続していくパナソニックの高効率な先進の照明ソリューションのラインナップは、当地域全体の省エネ課題の解決に寄与するものです。これらの新たなLED照明商品は、既存の配線デバイス、電材商品との相乗効果を強め、電気・電材ソリューション分野におけるパナソニックの地位を強固にするものと言えます。

<関連情報>
▼Panasonic Middle East and Africa(アラビア語/ペルシャ語)
http://www.panasonic.com/middleeast/home/
▼Panasonic Middle East Facebook
https://www.facebook.com/panasonic.me
▼Panasonic ME&Africa Twitter
https://twitter.com/panasonic_MEA
▼Panasonic Middle East & Africa YouTube
http://www.youtube.com/user/PanasonicMiddleEast

▼Panasonic Global Business Solutions(英語)
http://panasonic.net/business/
▼Panasonic Global Solutions Case Studies
http://panasonic.net/es/solution-works/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パナソニック
  4. >
  5. パナソニックが中東およびアフリカ市場に向けてLED照明126モデルを発売