「小説屋sari-sari9月号」(KADOKAWA/角川書店)に、第1回角川文庫キャラクター小説大賞二次選考作品全作品の講評掲載!

角川キャラクター小説マガジン「小説屋sari-sari」(KADOKAWA/角川書店)最新9月号の配信がスタート。第1回角川文庫キャラクター小説大賞二次選考全作品の講評を掲載!
毎月7日配信の角川キャラクター小説マガジン「小説屋sari-sari」(KADOKAWA/角川書店)最新9月号の配信がスタート。第1回角川文庫キャラクター小説大賞二次選考全作品の講評を掲載しています。小説化志望の方はもちろん、そうでない方もぜひご参考に!

表紙イラスト/佐原ミズ

○第1回角川文庫キャラクター小説大賞二次選考作品講評!
受賞作3作が決定した、第1回角川文庫キャラクター小説大賞。最終選考の1歩手前の二次選考に残った、受賞作を含む全18作品について、編集部の講評を掲載しています。

○青柳碧人新シリーズ連載開始!
「浜村渚の計算ノート」シリーズが大ヒット中の青柳碧人新シリーズがスタート!
妖怪が跋扈する町にやってきた若者の奮闘劇。前代未聞の妖怪&お仕事エンタテインメント!
綾志別町役場妖怪課  青柳碧人

他執筆陣(五十音順)
蒼井上鷹/青木俊直/北山猛邦/小路幸也/藤木稟/三川みり
 

©KADOKAWA

★「小説屋sari-sari」って?
「sari-sari」とはタガログ語で「何でもあり」という意味。その名のとおり、様々なタイプの小説作品を、主に20代~40代の女性に向けて紹介するKADOKAWAの電子文芸誌です。

★「キャラクター小説」って?
出版不況と言われている中で今活況を呈しているのがキャラクター小説。魅力的なキャラクターたちのやり取りや成長がメインに物語が描かれ、読みやすい筆致と描写が人気です。主に文庫で刊行され、ミステリ、恋愛、ホラーなどその世界観は多岐にわたります。
様々な文庫レーベルが立ち上がり、今もっとも熱いジャンルです。

「小説屋sari-sari」は、面白い小説はもちろん、メディアミックス情報、作家情報などを毎号掲載。
本好きの方にはより楽しい読書ライフを、そうでない方には、楽しくて面白い小説の世界ご紹介。今後の「小説屋sari-sari」のにご注目ください。

「小説屋sari-sari」
毎月7日~配信
価格:100円+税(希望小売価格)
BOOK☆WALKER(http://bookwalker.jp/)をはじめ、主要電子書店でお求めいただけます.

●「小説屋sari-sari」公式ホームページ
http://www.kadokawa.co.jp/sari-sari/
●「小説屋sari-sari」twitter公式アカウント
@syousetuyasari2
 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 「小説屋sari-sari9月号」(KADOKAWA/角川書店)に、第1回角川文庫キャラクター小説大賞二次選考作品全作品の講評掲載!