発売4か月で110万部達成!「ビリギャル」坪田信貴氏絶賛「子どもだけでなく全国民に読んでもらいたい!」 角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』

好調の要因は、コンパクトなサイズと祖父母からの贈り物需要

 

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区富士見、代表取締役社長:松原眞樹)は、新たな学習まんがシリーズ「角川まんが学習シリーズ」を創刊、その第一弾として2015年6月30日に刊行した『日本の歴史』(全15巻)が、発売開始後4か月間で累計110万部を達成しました。

好調の要因について、販売を行う都内の書店にて調査を実施したところ、「サイズがコンパクトでソフトカバーであること」「カバーや本文まんがのイラストが、今どきの子どものニーズに合っている」という回答が多くを占めました。そして、歴史の流れをつかむことを重視する「東大流」という最新の歴史教育メソッドで構成し、かつ、歴史解釈も最新であるなどが高く評価され、購入の契機となりました。

また、児童向け書籍は親世代が子へ買い与えるケースが多数ですが、本シリーズは祖父母世代から孫への贈り物としての需要が高いのも特徴で、15巻セットで購入されていることが販売増進の一因と考えられます。

更に、累計120万部のベストセラー『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(ビリギャル)』で、主人公の高校生が学習まんがを読んで受験勉強し成績を上げたことも話題となって中高生にまで購入層が広がり、販売に大きな影響を与えています。

本シリーズの監修を務める東京大学教授 山本博文氏は、 「今を生きる私達の立ち位置がわかるのが歴史」 「角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』は情報量が多く、最先端の歴史研究を元にした内容。昔の教科書で学んだ人には驚きの解釈もある。ぜひ大人にも読んでもらいたい」と、歴史を学ぶ意義について説明しています。
「ビリギャル」の著者で、まんがでの歴史学習を勧めた、学習塾「坪田塾」塾長、坪田信貴氏は、「コンパクトでソフトカバーなのは、持ち運びしやすく通学途中にも読むことが出来、単純接触効果(繰り返し接触することで好意度が増す)で心理的ハードルを下げるので、とても重要である」「学びのきっかけとして物事をビジュアル化して見せることが重要で、その点においてまんがは学習に圧倒的に良い」「日本史を学ぶことは学問に興味をもつ基本となる。角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』は、歴史上の登場人物が表情豊かに感情まで活き活きと描かれているので記憶に残りやすい。子どもだけでなく全国民に読んでもらいたい」と、学習まんがでの学びを推奨しています。

角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』は、11月中旬(予定)より、「2016特典つき全15巻セット」を販売。楽しく遊びながら歴史の大きな流れがつかめるカードゲーム「日本史トラベラー」 が特典としてついてきます。

■『角川まんが学習シリーズ』3つのポイント!

1.これが最先端の「東大流」!歴史の大きな流れをつかむ工夫が満載
 東京大学教授 山本博文氏による「歴史の大きな流れをつかむ」技法に基づき、構成しています。
 歴史まんが本編を読む前に、その時代の特徴がひと目でわかるイラストページを収録。
 更にそのイラストのどの部分に時代の移り変わりが現れているかを可視化してわかりやすく解説。
  大きな流れを踏まえた上でまんがを読むと、理解度が格段に違います。

 

●監修者プロフィール:山本博文(やまもと ひろふみ)
 

 

1957年岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒。東京大学史料編纂所教授。第一線の歴史研究者として、最新の研究成果を踏まえて歴史をつかむための技法を提唱している。日本近世史専攻。江戸時代に関する著書も精力的に刊行し、1992年には『江戸お留守居役の日記』で第40回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。その他「歴史をつかむ技法」など著書多数。NHKなど数々の歴史番組に出演する他、映画『天地明察』等、映像監修も手がける。

2.軽い!持ち運びやすい!コンパクトな四六判で小さいサイズながらも、ボリュームはたっぷり
  事前の親子モニター調査の結果、従来の定番サイズであった「菊判ハードカバー」より人気が集中したコンパク   トな「四六判ソフトカバー」を採用。一方で、判型は小さいけれどまんがページ数では他社比145%~184%と     大幅にボリュームアップしています。

3.豪華すぎるイラストの競演
 「ケロロ軍曹」の吉崎観音をはじめ、「DEATH NOTE」の小畑健、スタジオジブリの近藤勝也など、従来の学習

  まんがでは考えられなかった豪華な執筆陣によるカバーイラストを実現。彼らの描く華やかなイラストは、まさ

  に今のこどもたちが求めるビジュアルです。

 

【角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 概要】
・名称:角川まんが学習シリーズ 日本の歴史(かどかわまんががくしゅうしりーず にほんのれきし)
・刊行日:2015年6月30 日  ・発行、発売:株式会社KADOKAWA   ・編集長:石井康予
・刊行巻数:全15巻  ・対象学年:小学生・中学生  ・新学習指導要領対応
・体裁:四六判ソフトカバー   ・ルビ:総ルビ   ・頁数:各224頁   ・本体定価:800円  
・電子書籍:BOOK☆WALKERなど電子書店にて発売中
・各巻収録内容:第1巻 日本のはじまり 旧石器~縄文・弥生~古墳時代

                      第2巻 飛鳥朝廷と仏教 飛鳥~奈良時代
                      第3巻 雅なる平安貴族 平安時代前期
                      第4巻 武士の目覚め 平安時代後期
                      第5巻 いざ、鎌倉 鎌倉時代
                      第6巻 二つの朝廷 南北朝~室町時代前期
                      第7巻 戦国大名の登場 室町時代中期~戦国時代
                      第8巻 天下統一の戦い 安土桃山時代
                      第9巻 江戸幕府、始動 江戸時代前期
                      第10巻 花咲く町人文化 江戸時代中期
                      第11巻 黒船と開国 江戸時代後期
                      第12巻 明治維新と新政府 明治時代前期
                      第13巻 近代国家への道 明治時代後期
                      第14巻 大正デモクラシー 大正~昭和時代初期
                      第15巻 戦争、そして現代へ 昭和時代~平成
・カバーイラスト:第1巻 吉崎観音(『ケロロ軍曹』)
                         第2巻 浅田弘幸(『テガミバチ』)
                         第3巻 いとうのいぢ(『涼宮ハルヒ』シリーズ)
                         第4巻 藤田香(『黒魔女さんが通る』シリーズ)
                         第5巻 小畑健(『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』)
                         第6巻 藤真拓哉(『魔法少女リリカルなのはViVid』)
                         第7巻 いのまたむつみ(ゲーム『テイルズ オブ』シリーズ)
                         第8巻 江端里沙(『マクロスF』『AKB0048』)
                         第9巻 川元利浩(『カウボーイビバップ』『トワノクオン』)
                         第10巻 しゅー(『怪盗レッド』シリーズ)
                         第11巻  杉基イクラ(「サマーウォーズ」)
                         第12巻 片岡人生、近藤一馬(『デッドマンワンダーランド』)
                         第13巻  氷堂涼二(「ナデプロ!!」)
                         第14巻  琴音らんまる(「RDG(レッドデータガール)」「夜は短し歩けよ乙女」)
                         第15巻近藤勝也(「魔女の宅急便」「コクリコ坂から」)
・公式サイト: http://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/mangagakushu/
・「2016特典つき全15巻セット」特典内容: 日本史の出来事カードを、記憶を頼りに年号順に正しく並べて、
   自分の手持ちカードをいち早くなくしていくカードゲーム。 全54枚+箱入り

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 発売4か月で110万部達成!「ビリギャル」坪田信貴氏絶賛「子どもだけでなく全国民に読んでもらいたい!」 角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』