電撃文庫編集長・三木一馬が明かす、明日役立つ仕事のメソッド『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』12月10日発売!

アスキー・メディアワークス

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)では、エンターテインメントの世界で数々のヒット作を生み出し、「電撃文庫」「電撃文庫MAGAZINE」編集長を務める三木一馬の著書『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』を、2015年12月10日(木)より全国書店およびインターネット書店にて発売いたします。

 株式会社KADOKAWAでは、エンターテインメントの世界で数々のヒット作を生み出し、「電撃文庫」「電撃文庫MAGAZINE」編集長を務める三木一馬の著書『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』を、2015年12月10日(木)より発売いたします。

 出版不況が叫ばれる昨今、アニメ調のイラストを表紙や挿画に用いた10代の中学~高校生をメインターゲットとした「ライトノベル」という小説ジャンルは活況を呈しています。本書は、その「ライトノベル」ジャンルでNo.1レーベルと言われる「電撃文庫」のヒットメーカー・三木一馬が、自身の思考法や仕事術のほか、自ら手掛けた大ヒット作品のエピソードなどを初めて明かす一冊です。

 『とある魔術の禁書目録』(累計1580万部)、『ソードアート・オンライン』(全世界累計1670万部)、『灼眼のシャナ』(累計860万部)、『魔法科高校の劣等生』(累計675万部)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(累計500万部)――三木一馬が担当編集を務めた作品は約500冊、その累計部数は6000万部を超えています。

 「どうしてこの作品は面白いのか」「なぜ作品はヒットするのか」「担当作が売れなかったときの向き合い方」をはじめ、「失敗した仕事への取り組み方」「激務にどう向き合い、考え方を変えるか」に至るまで、本書には“面白ければなんでもあり”を元にした、発想が広がる仕事術がぎっしり詰まっています。

 エンタメ業界の最前線を走る三木一馬の初の著書『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』に、ぜひご注目ください。
 

  • 『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』概要
    【書名】面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)
    【著者】三木一馬 【カバーイラスト】abec
    【仕様】四六判・ソフトカバー 【ページ数】296ページ 【定価】本体1,200円+税
    【発売日】2015年12月10日(木) 【発行】株式会社KADOKAWA
    【内容】第一線で活躍する編集者は何を考え、どう動いているのか?
        今すぐ使える仕事のルールと思考法がわかる一冊。
    【特設サイトURL】http://amwbooks.asciimw.jp/sp/nandemo/

■本書はこんな方にオススメです
●エンタメ業界に興味がある/働きたい   ●編集者が何を考えているかが知りたい
●今ひとつ自分の仕事に自信が持てない   ●やる気はあるのに、何をしたらいいか分からない
●面白い作品が作りたいが、煮詰まっている ●作家やクリエイターになりたい
●ラノベやアニメが好きで、その裏話が知りたい
 

■著者 三木一馬(みき・かずま)プロフィール
 株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス事業局 電撃文庫編集部編集長、電撃文庫MAGAZINE編集部編集長。≪電撃小説大賞≫最終選考委員。2000年に上智大学理工学部を卒業後、メディアワークス入社。2001年、電撃文庫編集部に配属される。そこで、『とある魔術の禁書目録(インデックス)』(累計1580万部)、『とある科学の超電磁砲(レールガン)』(電撃コミックス。累計680万部)、『ソードアート・オンライン』(全世界累計1670万部)、『灼眼のシャナ』(累計860万部)、『魔法科高校の劣等生』(累計675万部)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(累計500万部)、『アクセル・ワールド』(累計435万部)、『電波女と青春男』(累計150万部)、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(累計135万部)、『しにがみのバラッド。』(累計130万部)、『撲殺天使ドクロちゃん』(累計110万部)など、ベストセラー小説シリーズの企画・編集を多数担当する。今まで担当編集を務めた作品は約500冊におよび、累計部数は6000万部を突破している。

《主な担当作品》
 『とある魔術の禁書目録』シリーズ(著/鎌池和馬、イラスト/はいむらきよたか)、『ソードアート・オンライン』シリーズ(著/川原 礫、イラスト/abec)、『アクセル・ワールド』(著/川原 礫、イラスト/HIMA)、『灼眼のシャナ』(著/高橋弥一郎、イラスト/いとうのいぢ)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(著/伏見つかさ、イラスト/かんざきひろ)、『魔法科高校の劣等生』(著/佐島 勤、イラスト/石田可奈)、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(著/入間人間、イラスト/左)、『電波女と青春男』(著/入間人間、イラスト/ブリキ)、『撲殺天使ドクロちゃん』(著/おかゆまさき、イラスト/とりしも)、『しにがみのバラッド。』(著/ハセガワケイスケ、イラスト/七草) ほか多数。

■『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』目次抜粋
《はじめに》
 ・電撃文庫は『面白ければなんでもあり』がコンセプト
 ・創作物に、面白くない作品はひとつもない ・・・など
《第一章 読者に媚びない作品は格好悪い ~たくらむ(企画術)~》
 ・五〇〇万部突破作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』が生まれたきっかけ
 ・自分の『やりたいこと』を、作品の『家訓』にする ・・・など
《第二章 『とある魔術の禁書目録』御坂美琴はなぜ短パンを穿いているのか ~つくる(創作術)~》
 ・外見と内面にギャップをつける
 ・ストーリーをつくるとは、自分がこれから登る山の『登山ルート』を決めるようなもの ・・・など
《第三章 とあるラノベ編集の仕事目録 編集者になるまで編》
 ・遊びから学んだ『自分が一番楽をするための予定』
 ・一作目は絶対失敗しろ! ・・・など
《第四章 『売れる』と『売れない』はココが違う ~編み出す(編集術)~》
 ・売れる作品は、『演出』が違う
 ・読者の善意に甘えるな ・・・など
《第五章 イラストは化学反応を起こすための起爆剤
  ~彩る(イラスト選定術)、魅せる(コピーライティング術)~》

 ・イラストレーターの条件、それは『ラノベ未経験』
 ・タイトルはとにかくネタ出し!ネタ出し! ・・・など
《第六章 とあるラノベ編集の仕事目録 編集者になってから編》
 ・本当は地味な小説の編集者という仕事
 ・自分を支えてくれたのは、読者の応援パワー ・・・など
《第七章 メディアミックスとは「知る機会」を持ってもらうこと ~広げる(メディアミックス術)~》
 ・本は、店頭に並ぶ前から勝負は決まっている
 ・成功するメディアミックスは、『空気を読む』こと ・・・など
《第八章 創り手は、『静かなるBUYサイン』を信じて進め ~心構え術~》
 ・他の編集者との違いはたった一つ
 ・自分の「楽しい!」を仕事にするということ ・・・など
《おわりに》

■関連サイトURL・Twitterアカウント
・電撃文庫公式サイト:http://dengekibunko.jp/
・電撃文庫公式Twitter:@bunko_dengeki
・電撃文庫MAGAZINE公式サイト:http://dengekibunko.jp/magazine/
・KADOKAWAオフィシャルサイト:http://www.kadokawa.co.jp/
・アスキー・メディアワークス公式サイト:http://asciimw.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 電撃文庫編集長・三木一馬が明かす、明日役立つ仕事のメソッド『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』12月10日発売!