「マザコンのお兄ちゃんは、ちょっと読めないと思うよ」。七回忌が終わってやっと開けた日記には、オフクロの想いが溢れていた。『とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記篇』が大反響!電子書籍フェアも開催!

『とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記篇』は、しゃれにならないバカだらけの板谷家において唯一の良心であった“オフクロ”を通じ、板谷家の裏を紹介。本作は電子書籍でも現在話題沸騰中。この反響を受けて電子書店では『ゲッツ板谷フェア』も開催いたします!

2013年1月3日 金曜日 (オフクロの日記より、一部抜粋)

肺をドクターに見せるため、1月6日に病院に行かなくてはならない。私の母が平成11年に亡くなり、その何年か後に娘の私が後を追ってゆくのか……。

2013年1月9日 木曜日 (オフクロの日記より、一部抜粋)
板谷正勝。64歳。春清寺でお通夜。正ちゃん(※)、私は行けなくてゴメン。しかしこの間、私はお別れしたつもり。本当に長い間ごくろうさまでした。人が喜ぶことが好きな正ちゃん。でも、やはり私は自分自身を大切にして欲しかったな。私も今更遅いけど、もう無理はしないで自分らしく過ごそうと思うよ。物心ついた頃を思い出すと、いつも、空腹だったなぁ。もういいや。ご冥福を祈ります。安らかに天国に行って下さい。私も後を追ってゆくからね。(※正ちゃん=オフクロの旦那さんの弟)

2013年8月21日 木曜日(オフクロの日記より、一部抜粋)
ラジオカセットを宏一(※)が購入し、持参してくれる。長いようで短いような夏が過ぎてゆく。しかし、こうしてのんびり、特に心配ごともなく一日一日を過ごしてゆけることは幸せなんだと噛み締める。平凡な毎日がそんなに平和かと、つくづく思う。身体のことも病気のこともあるがままに受け止め、共生してゆきたい。少しでも長生きして、お父さんの面倒を見なくてはいけないと思う。(※宏一=ゲッツ板谷)

-----------------------------------------------

『板谷バカ三代』『やっぱし板谷バカ三代』で描かれてきた板谷家のバカっぷり。その板谷家の唯一の良心であったオフクロ(ゲッツ板谷の母)が癌になり、翌年再発。残念ながら、オフクロは2006年12月に亡くなった。だが、ゲッツ板谷はなかなかその事実を受け止めることが出来なかった。

板谷家のバカっぷりはすさまじい。週の大半をフリカケ作りに捧げ、なんとドラム缶3本分!もふりかけを作ってしまったバアサン。会社の上司にバックドロップをお見舞いし、万年係長のオヤジ。「トラックが青じゃないから」という謎の理由で運送会社を辞めたセージ(ゲッツ板谷の弟)など、そうそうたるメンバーが揃う。そのバカ集団・板谷家の、唯一の良心が“オフクロ”だった。

オフクロの死後、まもなくして、弟のセージがオフクロが付けていた2冊の分厚い日記帳を発見した。ゲッツ板谷は試しに中をめくってみたが、発見当初は涙がバカみたいに出てきて、わずか半ページしか読めなかった。三回忌が過ぎ、ゲッツ板谷はやっとオフクロが死んだことを認めることが出来た。そして七回忌が終わってやっとオフクロが遺した日記を開くことが出来た。「マザコンのお兄ちゃんは、ちょっと読めないと思うよ」と弟に言われた、オフクロが残した分厚い日記2冊を、噛みしめるように……。

-----------------------------------------------

ゲッツ板谷はそのオフクロが遺した日記を、彼の思いと共に紡ぎ『とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記』として著書にまとめました。

今、本書が大反響を呼んでいます。

それは、自らが癌に侵されてもその優しさで板谷家のみならず“周囲の皆を優しく包みこんでくれたオフクロの想い”と、オフクロのことを「字も絵も下手クソで、おまけに文章も小学生に毛が生えたような内容しか書けなかったが、地味な努力をすることだけは誰にも負けなかった」と記しているゲッツ板谷の“オフクロへ熱い想い”が、本書に溢れているからでしょう。

『とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記篇』。電子書籍ではこの反響を受けて急遽電子書店にて「ゲッツ板谷 電子書籍フェア」を開催いたします。この機会に是非、板谷家のどうしようもないバカさ加減を、そしてその馬鹿どもを優しさで包み込む“今は亡きオフクロ”の想いを、ゲッツ板谷が時に笑い転げながら、そして時に涙をぬぐいながら書き綴った一冊から、あなたも感じてみてください。

◆『とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記篇』
ゲッツ板谷著 電子希望小売価格1,500円+税
発行 株式会社KADOKAWA

■著者プロフィール
ゲッツ板谷(げっついたや):1964 年東京生まれ。暴走族やヤクザ予備軍として10 代を過ごし、紆余曲折あ
ってフリーライターになり様々な媒体で活躍。2006 年に脳内出血で倒れるも無事生還。著書に『タイ怪人紀
行』『板谷バカ三代』『やっぱし板谷バカ三代』『わらしべ偉人伝』『板谷遠足』(以上角川文庫)ほか多数。

◆Amazonにて開催!「ゲッツ板谷フェア」2015年11月13日(金)~19日(木) 
シリーズ既刊『板谷バカ三代』『やっぱし板谷バカ三代』はもちろん、 KADOKAWA刊行のゲッツ板谷作品全17点などが電子書店Amazon Kindleストアにてフェア展開されます。 

http://www.amazon.co.jp/b?node=2275256051

※本書はAmazon kindleストア以外でも購入することが可能です。ご購入はAmazon Kindleストアを含む各電子書店でお願いいたします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 「マザコンのお兄ちゃんは、ちょっと読めないと思うよ」。七回忌が終わってやっと開けた日記には、オフクロの想いが溢れていた。『とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記篇』が大反響!電子書籍フェアも開催!