12万部突破! やり直し英語本の金字塔は挫折知らず! この1冊で今年こそ英語がマスターできる!!

今や日本観光ブーム。2015年は約1800万人と年々日本を訪れる外国人の数は増加傾向にあります。外国人から話しかけられることも多くなり、接客業の人たちは更に外国人観光客と接する機会が多いのではないでしょうか。
新年は新しいチャレンジをする一番良いタイミングです。外国人観光客の更なる増加が予想される2020年東京オリンピック/パラリンピックまであと4年。今英語勉強を考えている人に向けて、2015年12月に12万部を突破し圧倒的な支持を得ている英語本がお勧めです。

シンプルでわかりやすい解説だから覚えられる!

著者・稲田一は塾で指導している中、英語が理解できない生徒から予想しない質問を数多く受けてきました。生徒たちの苦手な箇所や、どこで理解できなくなっているのかをよくわかっている著者だからこそ、挫折しやすいポイントをわかりやすく解説し、覚えるべき基本に特化した内容になっています。

6年間の内容を一冊に総まとめ! 一気に最後まで読める!
今まで中学から高校、あるいは大学まで英語を習ってきた社会人が英語を再学習するために最も効率的な方法は、中学3年間の英語を総復習することがポイントです。つまり、頭の中に残っている過去の断片的な英語の知識を体系化することです。どんなに複雑な英文でも、基本はすべて中学英語が出発点となっています。
中学英語をおさらいした後、5つしかない英文の骨組みを中心に解説した「高校英語」に進むと、驚くように「高校英語」も頭に入っていきます。

日常会話やTOEIC®にも対応する基礎力が身につく!
昨今大手企業でなくとも、英語が離せないと生き抜けない時代に突入しています。英会話教室やTOEIC対策用のテキストなどでいくら勉強しても、基本中の基本である中学英語が理解できていない限り意味がありません。
まずは、多くの人が授業で習っている中学英語からスタートすることで、かつての記憶を呼び戻すことができます。“わかる手ごたえ”で モチベーションを上げて、挫折知らずで英語を再学習しましょう。


■Twitterで、中学・高校英語を総復習■ 
「今年こそ英語!」 まずはTwitterで始めよう!
KADOKAWA 語学書編集部 @gogaku_KADOKAWA 3月31日まで本書から毎日1問出題。
https://twitter.com/gogaku_KADOKAWA

【動詞の種類 be動詞と一般動詞/中1】
例文:私は学生だ。
答え:I am a student.
≪Point≫
be動詞:am/is/are(現在形)
一般動詞:play、haveなど、be動詞以外のすべての動詞と考えると覚えやすい。

 


【本書概要】

『中学・高校6年間の英語をこの1冊でざっと復習する』
稲田一・著

発売日:2014年7月28日
定価:本体1200円(税別)
ISBN:978-4-04-600930-2
B6判・並製/256P
発行:KADOKAWA

電子書籍版
【希望小売価格】926円(+税)
BOOK☆WALKER、kindle等、主要電子ストアで購入できます
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 12万部突破! やり直し英語本の金字塔は挫折知らず! この1冊で今年こそ英語がマスターできる!!