環境・子ども・アフリカの各分野で活動するNPO/NGOの組織基盤強化を支援~「Panasonic NPOサポート ファンド」2016年助成先を決定

アフリカ分野:ウォーターエイドジャパン『アフリカの水・衛生問題についての普及・啓発活動』

 

パナソニック株式会社は、このたびNPO/NGOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」の2016年助成先を決定し、2015年12月17日に公表しました。2016年の助成先は環境分野10団体、子ども分野で10団体、アフリカ分野で5団体です。
環境分野/子ども分野においては、国内で先進的な取り組みを展開するNPOや、新興国・途上国で活動するNGOを支援対象とし、第三者の多様で客観的な視点を取り入れながら、組織の優先課題を抽出し解決の方向性を見出す「組織診断」のほか、組織運営上の課題を解決する「組織基盤強化」を応援します。またアフリカ分野では、現地の社会課題を解決すべく活動しているNPO/NGOの広報基盤の強化を支援します。

▼環境分野 助成先一覧はこちら
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/2015/kan_index.html
▼子ども分野 助成先一覧はこちら
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/2015/ko_index.html
▼アフリカ分野 助成先一覧はこちら
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/africa.html

「環境分野」「子ども分野」は、全国86団体から応募いただき、その中から環境分野10団体(助成額1,500万円)、子ども分野10団体(助成額1,500万円)の助成が決定しました。助成テーマを「客観的な視点を取り入れた組織基盤の強化」とし、第三者の多様で客観的な視点を取り入れることを重視しています。また組織基盤強化の取り組みのみならず、組織全体の課題を抽出し解決の方向性を見出すための組織診断も応援します。新規助成12団体のうち、組織診断から応援する対象の団体は、7割の8団体でした。組織基盤強化のみを応援する団体についても応募前に組織診断と同等の取り組みを行っており、組織診断を重視した選考結果となりました。

広報基盤の強化を支援する「アフリカ分野」は、全国から10団体の応募をいただき、その中から5団体(総額400万円)への助成を決定しました。応募いただいたのは、主に東京拠点、財政規模が1,001~5,000万円の団体が過半数を占めました。これは、本助成プログラム開始以来続いている傾向です。

パナソニックは、社会課題の解決促進に向けて市民活動が持続的に発展していくためには、NPO/NGOの組織基盤強化が必要であるとの認識のもと、2001年に本ファンドを設立。以来、一貫してNPO/NGOの組織基盤強化を応援し、これまでに283件、3億3千700万円の助成をしてきました。

社会からNPO/NGOに寄せられる期待が大きい今、各組織の基盤強化支援を通じて市民活動の持続的発展、社会課題の解決促進、社会の変革に貢献してまいります。

【Panasonic NPOサポート ファンド 2015年募集事業 助成先団体】

■環境分野10団体(助成総額:1,500万円)
<新規助成>
公益社団法人 日本環境教育フォーラム
「会員・寄付10%増加に向けた広報戦略策定事業」
代表者:川嶋 直(理事長) 所在地:東京都 助成額:150万円

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
「蓄積された人的リソースの再活用、新規会員・寄付者獲得のためのデータベース構築及びそれを通したビジネスモデル見直し」
代表者:大江 正章・細川 弘明(共同代表) 所在地:東京都 助成額:200万円

認定特定非営利活動法人 びわこ豊穣の郷
「持続可能な経営基盤の確立で、次世代に継承」
代表者:長尾 是史(理事長) 所在地:滋賀県 助成額:100万円

特定非営利活動法人 芦生自然学校
「京都・美山の森と川を守り活かすための組織強化」
代表者:井栗 秀直(理事長) 所在地:京都府 助成額:100万円

特定非営利活動法人 兵庫県有機農業研究会HOAS
「団体の歴史的蓄積と強みを明確化し次世代へつなげる組織分離・再編に伴う組織基盤強化」
代表者:牛尾 武博(理事長) 所在地:兵庫県 助成額:180万円

特定非営利活動法人 棚田LOVER's
「棚田保全の実践者、寄付者獲得、認定NPO法人取得のための組織診断・基盤強化事業」
代表者:永菅 裕一(理事長) 所在地:兵庫県 助成額:100万円

一般社団法人 水辺のユニオン
「高梁川流域の循環型社会形成のための組織基盤強化事業」
代表者:岡野 智博(代表理事) 所在地:岡山県 助成額:100万円

<継続助成>
特定非営利活動法人 しずおか環境教育研究会
「真にユニークな『環境教育NPO』としての完成を目指した、事業構築力と人材育成力のステップアップ」
代表者:兼髙 里佳(理事長) 所在地:静岡県 助成額:200万円

認定特定非営利活動法人 自然再生センター
「長期目標のミッション・ビジョンの確立(中期目標実現のための体制強化)」
代表者:徳岡 隆夫(理事長) 所在地:島根県 助成額:170万円

認定特定非営利活動法人 環境市民
「ソーシャルインパクトを出せるアドボカシー型NGOとして発展するための財政基盤と組織マネジメントの仕組み確立」
代表者:杦本 育生(代表理事) 所在地:京都府 助成額:200万円

■子ども分野10団体(助成総額:1,500万円)
<新規助成>
社会福祉法人 日本国際社会事業団
「子どものための国際福祉:持続可能性に向けた組織基盤強化」
代表者:大槻 弥栄子(代表理事) 所在地:東京都 助成額:150万円

特定非営利活動法人 e-Education
「会計・広報の戦略性を高め、マンスリーサポーター拡大を起点とした財政基盤強化の達成」
代表者:三輪 開人(理事長) 所在地:東京都 助成額:150万円

特定非営利活動法人 アレルギーネットワーク京都 ぴいちゃんねっと
「設立当初の目標『常設居場所』の獲得から、これからの組織体制・事業の再構築」
代表者:空閑 浩人(理事長) 所在地:京都府 助成額:155万円

特定非営利活動法人 キッズ&子育て応援隊 MerryTime
「“ちょっとやんちゃな、ごちゃまぜスタイル”というMerryTimeらしさを明確にするための人材・組織基盤整備」
代表者:永谷 陽子(代表理事) 所在地:大阪府 助成額:145万円

特定非営利活動法人 ふぉーらいふ
「学校外で学ぶ貧困家庭を含む子どもたちに対する持続可能な支援の再構築」
代表者:中林 和子(理事長) 所在地:兵庫県 助成額:150万円

<継続助成>
特定非営利活動法人 キッズドア
「第2創業を支え長期的経営安定を図る組織基盤強化」
代表者:渡辺 由美子(理事長) 所在地:東京都 助成額:150万円

認定特定非営利活動法人 長野サマライズ・センター
「組織基盤強化による聴覚障害児・者支援体制の整備」
代表者:宮野 美晃(理事長) 所在地:長野県 助成額:150万円

特定非営利活動法人 フリースクールみなも
「法人内外への『コミュニケーション』円滑化による組織基盤強化」
代表者:今川 将征(理事長) 所在地:大阪府 助成額:150万円

特定非営利活動法人 ソルト・パヤタス
「ライフスキル教育を用いて貧困地区の子どもたちの中途退学者を削減!二つ目のモデル地域を生み出すための組織基盤強化」
代表者:小川 博(代表理事) 所在地:福岡県 助成額:150万円

認定特定非営利活動法人 みやぎ発達障害サポートネット
「自閉症/発達障害児・者と保護者を支援する組織基盤強化 -安心して暮らせる社会づくりのために、2016年サポートネットは進化×深化します-」
代表者:相馬 潤子(代表理事) 所在地:宮城県 助成額:150万円

■アフリカ分野5団体(助成総額:400万円)
一般社団法人 コモン・ニジェール
「貧しくて危険なだけではない!~『ニジェール物語の世界展』開催で美しいニジェールの姿をアーティスティックに訴えかける」
代表者:福田 英子(代表理事) 所在地:茨城県 助成額:80万円

特定非営利活動法人 ウォーターエイドジャパン
「アフリカの水・衛生問題についての普及・啓発活動『ウォーターエイド・スピーカークラブ』」
代表者:滝沢 智(理事長) 所在地:東京都 助成額:100万円

認定特定非営利活動法人 HANDS
「伝達ではなく対話を!アフリカの保健医療協力の現状と未来の姿を若い世代と共有し語り合う」
代表者:中村 安秀(代表理事) 所在地:東京都 助成額:80万円

公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)
「定期的な対面イベントの実施による支援者の獲得と関係構築および当会スマートフォン用サイトの開設」
代表者:小野 了代(理事長) 所在地:京都府 助成額:70万円

特定非営利活動法人 リボーン・京都
「Fashion Passion Innovation!~ルワンダ&京都発のメッセージをより広く、より多くの人々へ~広報活動をより確実なものへ」
代表者:小玉 昌代(理事長) 所在地:京都府 助成額:70万円

▼環境分野 助成先一覧はこちら
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/2015/kan_index.html
▼子ども分野 助成先一覧はこちら
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/2015/ko_index.html
▼アフリカ分野 助成先一覧はこちら
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/africa.html

なお、このたび助成が決定した皆様を迎えて「贈呈式」を開催します。選考委員長による総評や、助成通知書の贈呈、継続団体による事例発表を行います。どなたでも参加いただけますので、NPOの組織基盤強化にご関心のある方はぜひご参加ください。
・日時: 2016年1月21日(木) 贈呈式:13時00分~14時15分 
・会場: パナソニックセンター東京 1階ホール
・アクセス: http://www.panasonic.com/jp/corporate/center/tokyo/access.html
東京都江東区有明3丁目5番1号 電話:03-3599-2600
りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分 ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分 
・詳細および申し込み先:
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/presentation/forum.html

<関連情報>
・パナソニック CSR・環境活動
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability.html
・パナソニックのNPO組織基盤強化支援
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf.html
・Panasonic NPOサポート ファンド
http://www.panasonic.com/jp/pnsf/npo_summary.html
・【助成事例レポート】 NPO法人 ホームスタート・ジャパン
展開3年目の壁を乗り越え、国内27都道府県に広がる
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/report/home-start.html
・【助成事例レポート】認定NPO法人 スペースふう
2020年までの全国普及を目指し、世代交代で持続可能な組織へ 
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/report/spacefuu.html
・【活動レポート】2014年度 贈呈式
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2014_pc.html
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パナソニック
  4. >
  5. 環境・子ども・アフリカの各分野で活動するNPO/NGOの組織基盤強化を支援~「Panasonic NPOサポート ファンド」2016年助成先を決定