万城目学、待望の最新小説『バベル九朔(きゅうさく)』3月19日、遂に発売!今年最大の「奇書」を見逃すな!

万城目氏より直筆メッセージが到着! 作家生活10周年にして、新たな万城目ワールドの幕が開ける!

2006年、『鴨川ホルモー』で鮮烈なデビューを果たし、『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など新作を発表する度に、映像化や、直木賞ノミネート、本屋大賞ノミネートなどで話題になる人気作家、万城目学。近年では『偉大なる、しゅららぼん』の映画化が記憶に新しい。その万城目学が約2年半ぶりとなる長編小説を完成させた。本作は、長編作品では初めての関西以外の土地が舞台。そして、主人公は会社を辞めて作家を目指しながら祖父が遺した雑居ビル「バベル九朔」の管理人をしている青年!これは万城目学自身のことなのか・・・? デビュー10年目にして初の「自伝的?」 青春エンタメ!

万城目氏からの直筆メッセージ。謎めいた短歌の意味とは……?

【書誌情報】

『バベル九朔』

著:万城目学
発売予定日:2016年3月19日(土)
定価:1,600円+税
電子書籍配信予定日:2016年3月19日 ※ストアによって配信日が異なる場合があります。
電子書籍希望小売価格:本体1,600円+税
体裁:四六判上製
ページ数:432頁
発行:株式会社KADOKAWA
初出:電子小説誌「文芸カドカワ」(KADOKAWA刊)2015年5月号~2016年3月号
http://bunkado.kadokawa.co.jp/

【内容】
俺を追ってくるのは、夢か? カラスか?
作家志望の雑居ビル管理人が巻き込まれた、世界の一大事とは――。

作家志望の「夢」を抱き、 雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現われ問うてきた……「扉は、どこ?バベルは壊れかけている」。巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦――心が安まる暇もない俺がうっかり触れた一枚の絵。その瞬間、俺はなぜか湖で溺れていた。そこで出会った見知らぬ少女から、「鍵」を受け取った俺の前に出現したのは――雲をも貫く、巨大な塔だった。

【著者略歴】 万城目学(まきめ・まなぶ)
1976年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒。化学繊維会社勤務を経て、2006年に第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー、同書は本屋大賞にノミネートされ、文庫は現在39万部のベストセラーとなっている。続く『鹿男あをによし』がテレビドラマ化、第137回直木賞候補、『プリンセス・トヨトミ』が映画化、第141回直木賞候補、『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』で第143回直木賞候補、『偉大なる、しゅららぼん』が映画化、『とっぴんぱらりの風太郎』で第150回直木賞候補、『悟浄出立』で第152回直木賞候補、第5回山田風太郎賞候補となる。その他の著書に『ホルモー六景』、エッセイ集に『ザ・万歩計』『ザ・万遊記』『ザ・万字固め』、門井慶喜氏との共著に『ぼくらの近代建築デラックス!』がある。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 万城目学、待望の最新小説『バベル九朔(きゅうさく)』3月19日、遂に発売!今年最大の「奇書」を見逃すな!