日本映画に革命を起こした角川映画の核心に迫るノンフィクション! 角川映画40周年を記念し、大幅加筆にてついに文庫化!

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は『角川映画1976-1986[増補版]』を2月25日に発売しました。
 1970年代半ば、低迷していた日本映画界に彗星のごとく登場した角川映画――小説と映画と主題歌をヒットさせ、ベストセラー作家とスターを生んでいくその画期的なシステムは、まさに日本初の本格的メディアミックスだった!
『犬神家の一族』に始まり、『野性の証明』、『復活の日』等の大作や『セーラー服と機関銃』、『時をかける少女』等のアイドル映画など、日本映画の歴史を変えた数々の傑作はどのようにして生まれたのか? 映画のみならず、音楽、テレビ、出版のあり方まで一変させた角川映画の全貌を描く話題のノンフィクションが、角川映画40周年を記念してついに文庫化! 刊行にあたっては、2014年発売の単行本に大幅に筆を加え、今年2016年に続々と公開される『セーラー服と機関銃-卒業-』(主演・橋本環奈)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(主演・岡田准一、阿部寛)などの『新生角川映画』を中心に、1986年以降の“その後”にまで迫ります。





 


『人間の証明』(C)KADOKAWA 1977
 

『犬神家の一族』(C)KADOKAWA 1976





目次

第一章 『犬神家の一族』ではじまった・・・一九七六年

第二章 『人間の証明』での『証明』・・・一九七七年

第三章 『野性の証明』でのスター誕生・・・一九七八年

第四章 『復活の日』へ・・・一九七六年から八〇年

第五章 模索・・・一九八〇年から八一年

第六章 栄冠・・・一九八二年

第七章 頂点・・・一九八三年

第八章 明暗・・・一九八四年

第九章 翳り・・・一九八五、八六年

終章  その後



 



 

 

『角川映画1976-1986[増補版]』
定価:(本体880円+税)
文庫判
著者:中川右介

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 日本映画に革命を起こした角川映画の核心に迫るノンフィクション! 角川映画40周年を記念し、大幅加筆にてついに文庫化!