【パナホーム】ISO9001/14001 2015年改正規格への移行対応の認証を取得

【パナホーム】ISO9001/14001 2015年改正規格への移行対応の認証を取得

 

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、このたび、住宅業界で初めて、同社の「全社品質・環境マネジメントシステム」が、品質と環境のISO規格9001/14001における2015年改正規格(※)への移行対応の認証を取得いたしました。

同社におけるISO取得は、1996年度に筑波工場でISO9002を、1997年度に商品開発部門でISO9001を取得以来、各部門でISO9001およびISO14001の認証を順次取得し、2011年3月には、住宅業界で初めてとなる全社統合マネジメントシステムでISO9001/14001の認証を取得するなど、会社の品質管理と環境管理の仕組みにISO規格を活用してまいりました。

同社は、今回ISO9001/14001規格が2015年版に改正されたことにいち早く対応し、お客様の満足度と社会からの信頼性をさらに向上させることを目的として、改正のポイントである「リスク管理」と「強みを伸ばすマネジメントシステム」の見直しを図りました。

今後も、同社は、ISO9001/14001の規格を活用し、自発的かつ継続的に会社の仕組みを改善することにより、住宅の品質(環境性能含む)と環境活動の向上を図ります。さらに、品質ロス・環境負荷を低減することで、“顧客満足”と“企業信頼”の最大化を実現し、高品質な住まいと地球環境の保護に貢献するスマートなくらしを提供してまいります。

■認証取得の概要
【登録番号】品質:RQ0055 環境:RE0206
【認証日】2016年2月27日(品質・環境ともに)
【登録範囲】
品質:住宅の商品開発・設計、邸別設計、工事監理、部材製造・調達、施工、販売、アフターサービス、リフォーム及び賃貸管理(販売及び賃貸管理は一部グループ会社)、高齢者向けの住宅の運営サービス
環境:住宅の商品開発・設計、邸別設計、工事監理、部材製造・調達、施工、販売、アフターサービス、リフォーム及び賃貸管理(販売及び賃貸管理は一部グループ会社)
【ISO規格】
ISO9001:2015/JIS Q 9001:2015
ISO14001:2015/JIS Q 14001:2015
【認証機関】一般財団法人 建材試験センター ISO審査本部

※:ISOの2015年規格改正について
ISO9001/14001の規格改正は、過去、9001が2008年、14001が2004年に実施されました。2015年の規格改正は、今後10年以上を見据え、ますます複雑で厳しくなる事業環境の変化を反映した規格の要求事項と、事業活動・マネジメントシステムを一体化させ、効果的な事業活動に繋げることを目的にしています。

■お問い合わせ先
パナホーム株式会社 広報・宣伝部
〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
TEL 06-6834-1955
井筒 克彦・古矢 直美

▼[パナホーム プレスリリース] ISO9001/14001 2015年改正規格への移行対応の認証を取得(2016年3月18日)
http://www.panahome.jp/company/news/release/2016/0318-2.html
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パナソニック
  4. >
  5. 【パナホーム】ISO9001/14001 2015年改正規格への移行対応の認証を取得