【新人賞】今話題の「自作ゲーム」と「ゲーム実況」の作品を募集!(第18回 エンターブレインえんため大賞)

エンターブレイン

エンターテイメント系クリエイター プロデビューの登竜門
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、小説、コミックなどのエンターテイメント作品を募集する新人賞『エンターブレインえんため大賞』(以下『えんため大賞』)の第18回について、本日より自作ゲーム部門とゲーム実況部門の募集を開始したことをお知らせいたします。
 

 

『えんため大賞』は、小説・コミックを中心に新人作家の発掘を目的とする新人賞で、1998年の設立以来、多数の受賞者がプロデビューし活躍しています。受賞作品の刊行からアニメ・舞台・実写化などに繋がるヒット作も数多く誕生し、新人作家の登竜門となっています。

近年、個人・少人数で制作する“自作ゲーム”が、動画投稿サイトで人気が高い“ゲーム実況”の題材として遊ばれ、広く認知されるようになりました。こういった自作ゲームに注目が集まっていることを背景に、18回目となる『えんため大賞』では、自作ゲーム部門を新設しました。今回は、パソコン用ゲーム制作ソフト「ツクール」シリーズを使用して制作されたゲームを、【二次創作コース】と【MVオリジナルコース】の2部門で募集します。

【二次創作コース】では、弊社の人気コンテンツ『バカとテストと召喚獣』や『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』といった指定作品のストーリーやキャラクターを題材とした二次創作ゲームを募集します。素材集が用意されているため、作品のファンだけでなく、ゲーム制作が初めての方でも、楽しんでゲーム作りに取り組んでいただけるコースとなっています。制作のハードルを下げることでクリエイターへの第一歩を踏み出しやすくするほか、多くの方に二次創作ゲームを制作いただき、また、遊んでいただくことによって、人気コンテンツのさらなるプロモーションにつなげていきます。

【MVオリジナルコース】では、「ツクール」シリーズ最新作の「RPGツクールMV」を使用して制作されたオリジナルのゲーム作品を募集します。優秀なオリジナル作品については、小説化やコミック化など、様々なメディアミックス展開を図っていきます。

ゲーム実況部門では、新作・旧作・インディーズ問わず全てのゲームを対象に、タイトルの魅力が伝わるようなゲーム実況動画を募集します。優秀な作者(作品)には、ファミ通グループをはじめ、弊社の関連媒体・イベントでの出演起用や作品掲載など、活躍の場を広げるサポートをしていきます。

『えんため大賞』では、エンターテイメントの変化に対応し、様々なジャンルを扱う新人賞として、今後も、斬新な発想に溢れた作品の発掘や、次世代のエンターテイメント業界を牽引する才能の育成に取り組んでまいります。



『第18回 エンターブレインえんため大賞』募集部門について

■3月8日より募集開始の部門

◇自作ゲーム部門
パソコン用ゲーム制作ソフト「ツクール」シリーズ(開発:株式会社KADOKAWA)を使用して作成したゲームを以下の2つのコースで募集。いずれの場合も、誰でも自由に遊べるよう配布している状態で、無料でプレイできる、全年齢向けの作品が対象です。

(1)【二次創作コース】大賞:30万円/優秀賞:10万円/特別賞:5万円
指定作品を課題作品とし、えんため大賞及びツクールシリーズの公式サイト「ツクールWEB」(https://tkool.jp/)からDLできる素材集を使用して作成した二次創作ゲームが対象。
ストーリーや展開をなぞる必要はなく、それぞれの原作やゲーム作品の世界観・ストーリーやキャラクターを題材に、その魅力をより拡張できるような二次創作ゲームを募集。また素材集のグラフィック以外に自身で作成したオリジナル素材を加えることもできます。
<課題作品一覧>
・ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣』(著:井上堅二/イラスト:葉賀ユイ)
・ビーズログ文庫、ビーズログ文庫アリス『闇の皇太子』(著:金沢有倖/イラスト:伊藤明十)
・アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』(制作:ニンジャ委員会)
・テーブルトークRPG『クトゥルフ神話TRPG』(著:サンディ ピーターセン、リン ウィリスほか/翻訳: 中山てい子、坂本雅之)
・PS4、PS3、PS Vita向けゲーム「AKIBA’S TRIP2」(発売:株式会社アクワイア)

 

(2)【MVオリジナルコース】大賞:50万円/優秀賞:15万円/特別賞:5万円
※優秀なオリジナル作品には、小説化、コミック化の可能性もあります(該当作品が無い場合もあります)。
「RPGツクールMV」(2015年12月17日発売)を使用して作成した、オリジナルゲームを募集します。

 

 【応募受付締め切り】
2016年6月30日(木)23:59まで
 
【選考方法】
紹介動画の評価、再生数を参考に、全応募作品の中から最終候補を選出した後、選考委員がプレイしたうえで選考します。
 
【選考委員(敬称略・順不同)】
・浜村弘一(カドカワ株式会社 取締役)
・皆葉英夫(有限会社デザイネイション 代表取締役、「グランブルーファンタジー」ほかキャラクターデザイン)
・ツクール開発チーム(株式会社KADOKAWA)
・UGC企画課(株式会社KADOKAWA)

 
◇ゲーム実況部門
ゲーム実況に関する動画を募集。ゲームに関する動画であれば内容(動画の長さ、実況やテロップの有無)は自由。また、YouTubeポリシーに反しなければ、新・旧・インディーズ問わず全てのゲームをプレイ可能。YouTubeチャンネルネットワーク「ゲーム実況エクストリーム」(https://www.fdgamex.com/)へ加入していることが条件となります。

【賞・賞金】
大賞:50万円/優秀賞:10万円/FUTURE賞:3万円 ※該当作品が無い場合もあります。
カドカワ株式会社及び株式会社KADOKAWAの関連媒体での出演もしくは掲載予定。

【応募受付締め切り】
2016年8月31日 23時59分

【選考方法】
投稿作品の再生数、イイね数を参考にしつつ、選考委員によって最終決定。

【選考委員(敬称略・順不同)】
・竹内健次郎(青二プロダクション 番組営業部部長)
・吉田尚記 (ニッポン放送アナウンサー)
・アメリカザリガニ 柳原哲也(松竹芸能)
・アメリカザリガニ 平井善之(松竹芸能)
・林 克彦(『週刊ファミ通』編集長)
 

■既存の募集部門

◇ライトノベル ファミ通文庫部門
SF、ホラー、ファンタジー、ギャグ、伝奇、恋愛、学園もの等々、ジャンルを問わず、ファミ通文庫で出版可能なライトノベル作品を募集。大賞・優秀賞受賞者はファミ通文庫よりデビュー。その他の受賞者、最終選考候補者にも担当編集者がついてデビューに向けてアドバイス。

◇ライトノベル ビーズログ文庫部門
女の子がドキドキするような、胸がきゅんとなる、ビーズログ文庫にふさわしいオリジナリティ溢れる女性向けのエンターテインメント作品を募集。大賞・優秀賞受賞者はビーズログ文庫およびビーズログ文庫アリスよりデビュー。

◇ガールズコミック部門
B's-LOG COMICSレーベルから出版可能な、オリジナルのコミック作品を募集。コミック、ノベル、ゲーム、アニメ、声優、同人誌、動画サイトなどが好きな、10代~30代の女性がターゲットです。大賞・優秀賞受賞者は月刊誌『B's-LOG COMIC』でデビュー。その他の受賞者にも担当編集者がついてデビューに向けてアドバイス。

◇BLコミック部門
B's-LOVEY COMICSレーベルから出版可能な、オリジナルのボーイズラブコミック作品を募集。大賞・優秀賞受賞者は電子書籍『B's-LOVEY recottia』でデビュー。その他の受賞者にも担当編集者がついてデビューに向けてアドバイス。

※各部門とも詳しい応募要綱に関しては、『えんため大賞』公式サイト(http://entame-awards.jp/)をご覧ください。

 

『第18回 エンターブレインえんため大賞』概要
■主催:株式会社KADOKAWA エンターブレイン事業局
■後援・協賛:学校法人東放学園
■公式サイト: http://entame-awards.jp/
■公式Twitter: https://twitter.com/entame_awards
■えんため大賞チャンネル: http://ch.nicovideo.jp/entameawards <NEW OPEN!>


プレスリリースのダウンロード:http://prtimes.jp/a/?f=d7006-20160308-7166.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 【新人賞】今話題の「自作ゲーム」と「ゲーム実況」の作品を募集!(第18回 エンターブレインえんため大賞)