東京国際映画祭<WOWOW賞>受賞作『草原の実験』プレミア放送決定!

第27回東京国際映画祭コンペティション部門<WOWOW賞>受賞作『草原の実験』「TOUCH!WOWOW2014」にて一度限りのプレミア放送決定!

2014年10月23日〜31日に開催された第27回東京国際映画祭のコンペティション部門で、今年から新設された<WOWOW賞>と、<最優秀芸術貢献賞>をダブル受賞したロシア映画『草原の実験』を、11月22日(土)にWOWOWが開催する大型イベント『TOUCH!WOWOW2014』の中で一度限りのプレミア放送することが決定しました。
main image
<WOWOW賞>とは、映画を愛するWOWOW加入者6名が公式選考委員となり、東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された15作品の中から、“その作品の感動を世界の映画ファンと共有したい”と考える一本を選ぶというものです。
10月31日に決定した記念すべき初代<WOWOW賞>に輝いた作品を、なんと22日後にプレミア放送するという、画期的な企画です。

『草原の実験』2014年:ロシア
監督・脚本:アレクサンドル・コット
出演:エレーナ・アン、ダニーラ・ラッソマーヒン、カリーム・パカチャコーフ
(C) Igor Tolstunov's Film Production Company

■解説
第27回東京国際映画祭で新設された<WOWOW賞>の初代受賞作。カザフスタンでロケを行ない、せりふが一切なく(登場人物の息づかいは聞こえるが)、ストーリーも解釈を観客に委ねた部分が多い、野心的な一本。しかし、映像は圧倒的にすばらしく、ほとんどのシーンが大草原に立つ一軒の小屋で展開しながら、光や色彩、風や水が奏でるシンフォニーはスペクタクルを思わせる。無名の主演女優E・アンの透明感あふれる美貌も一見の価値あり。また、衝撃的なラストだが、カザフスタンで実際に起きた出来事が下敷きだ。選考委員らは『草原の実験』の選出理由を「セリフを排した本作品の映像・音のもつ力は、言語・国境を越える強さを感じます。この作品をここ東京から世界に発信することが、監督、俳優、作品関係者それぞれの可能性をさらに広げるきっかけになることを願い、<WOWOW賞>選考委員満場一致で決定しました。この新しい挑戦に敬意を表します。」としている。

■あらすじ
少女ジーマは、大草原にぽつんと立つ小屋で父親トルガトと住んでいる。どこか遠くに行って働く父親を見送ってはその帰りを待つ単調な毎日だが、ジーマに不満はない。そこへ白人の少年マクシムと地元の少年カイスィンが代わる代わる現われ、いずれもジーマに好意を示すが、ジーマはどちらも拒まない。そんな平和な日々に突然、暗い影が落ちてかかる。ある夜、急に銃で武装した男たちが小屋を取り囲み……。

■放送情報
・「第27回東京国際映画祭〈WOWOW賞〉受賞作『草原の実験』」
11/22(土)午前11:45(WOWOWシネマ)

・「TOUCH!WOWOW2014」東京国際映画祭関連番組情報
「密着!第27回東京国際映画祭<WOWOW賞>受賞作決定の舞台裏」
11/22(土)午前11:00(WOWOWシネマ)
<WOWOW賞>創設を記念して、WOWOW加入者6名の選考委員に密着したドキュメンタリーを放送。
映画をこよなく愛する6名は、どのようにして作品を選んだのか!?
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社WOWOW
  4. >
  5. 東京国際映画祭<WOWOW賞>受賞作『草原の実験』プレミア放送決定!