女優の夏帆が、三船敏郎、黒澤明ら著名人の墓参りに…「掃苔のすすめ」で自分を見つめ直すきっかけに

 

WOWOWでは、俳優、映画監督、文筆家などの墓参りを通じて、故人の知られざる人物像を推察・検証していくドキュメンタリー番組「掃苔のすすめ~お墓を巡る物語~」を、10月17日より毎週土曜午後1時から、3週にわたって放送する。「掃苔(そうたい)」とは、墓石のコケを掃き清め、そこに書かれている言葉を読み解くように墓参りをすること。近年、文学者をはじめとした著名人の墓を参り、その人物に思いをはせる“墓マイラー”がひそかなブームになっている。

今回、掃苔人を務める女優の夏帆がその足跡に触れる人物は、俳優の三船敏郎と映画監督の黒澤明、女優の森光子と田中絹代、作家の開高健と劇作家の寺山修司といった、一時代を築いたそうそうたる面々だ。この企画を聞いた夏帆は「一時代を築いた方たちのお墓を巡る機会はなかなかないですし、お墓を通じて故人の人生をひもといていくなんて興味深い。ぜひ出演したいなと思いました」という。

実際にそれぞれの墓を巡ってみて、「毎回、背筋が伸びる思いでお参りしていました。お墓の前に立つと、ここに眠っていらっしゃるんだなと不思議な気持ちになるんです。もちろん生前にお会いしたことはないですが、それでも、すごく偉大な方たちにご挨拶をさせていただいたような感じがしました」と語る夏帆。「これだけ有名な方たちなので、名前はもちろん知っていましたが、これまで作品に触れる機会は少なかった。もちろん事前に調べてからお参りに行きましたが、それでも故人の人物像を知るうちに、もっともっと深く知りたいなと思うようになりました」と刺激を受けた様子だった。

本番組は、墓碑銘や墓石の形状や墓地の由来、さらには関係者のインタビューなどを通じて、故人の知られざる人物像を推察し検証していく。「お墓を通して、その人の人生をたどってみると、その人の違った一面が見られます。どのお墓にも家族とのつながりが見えてきます。誰が何のためにこのお墓を建てたのか。家族との生前のつながりはどのようなものだったのか。それぞれ個性があって面白い」と語った夏帆は、「それぞれの人生を見ていく中で、自分と家族とのつながりや、今までの自分はどうだったか、これからの自分はどうするのか、というように、自分の人生を見つめ直す機会にもなりました」と振り返る。
まだまだ自分の墓について考える年齢ではないとはいえ、それでも今回、墓参りをしてみて感じることがあったという夏帆。「自分で建てるのか、誰かに建ててもらうのかにもよりますけど、わたしらしいお墓を建ててもらうということには憧れます。これから自分がどんな風に生きていくのか。それを人からどういう風に評価してもらえるのか。それがお墓に現れるんだと思います」としみじみ付け加えた。
 

掃苔のすすめ ~お墓を巡る物語~

10月17日(土)スタート(全3回) 
毎週土曜午後1:00 WOWOWプライム
10月17日(土)#1 三船敏郎・黒澤明篇
10月24日(土)#2 森光子・田中絹代篇
10月31日(土)#3 開高健・寺山修司篇
詳しくは番組HP
http://www.wowow.co.jp/documentary/original/

 

 

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社WOWOW
  4. >
  5. 女優の夏帆が、三船敏郎、黒澤明ら著名人の墓参りに…「掃苔のすすめ」で自分を見つめ直すきっかけに