April Dream No.271

高齢者の生きがいを創出し、生涯現役社会をつくる。

高齢者にずっと元気でいてほしい、そんな思いで起業をしました。社名は「株式会社ぴんぴんころり」きっかけは88歳の祖母。元気で働き者で、得た収入でお買い物や趣味を楽しんでいましたが、80歳になり仕事をやめてから覇気がなくなり、心配していた矢先怪我をして入院してしまいました。そんな話を周囲の人にすると「私の父も定年退職後にがっくり元気がなくなり痩せてしまった」など、同じような経験をした方が何人かおりました。いきがいのある仕事を持つことが、シニアにとって1番のビタミン剤だと思うようになりました。人生100年時代、定年後のシニアが元気でまだまだ活躍できる時代。2030年には3人に1人がアクティブシニアになると言われています。そんな4000万人のアクティブシニアを元気にすることが私の夢です。