記事検索

【トレンド徹底活用術 vol.18】敬老の日編:「意識調査」と「ペルソナ設定」をポイントに行動変容に繋がる提案を

想いを込めたプレスリリースをより多くの人に興味を持ってもらうためにも、自社の新情報をまとめるだけでなく、時節やトレンド情報はうまく活用したいですよね。

自社の情報に時節やトレンド情報をかけ合わせることで、より注目度を上げ、メディア関係者だけでなく、生活者にも届く可能性が高まります。

トレンド徹底活用術」では、PR TIMES編集部が、トレンドキーワードをプレスリリースへ落とし込む方法を考察。

本記事では「敬老の日」をピックアップして、特に重要なステップを解説します!観光やホテルなど旅行に関連する業界はもちろんのこと、生活雑貨や食品など贈り物を想起しやすい業界の方、介護事業を運営されている企業様は特に活用しやすいトレンドのため、ぜひ参考にしてみてください。

「敬老の日」をプレスリリースに活用する重要な3つのステップ

敬老の日がある9月は、お盆休みが終わりその先の年末年始を意識される方が増えてくる時期ではないでしょうか。

総務省が発表する家計調査によると2020年9月の2人以上世帯の消費支出は前月比3.8%の微増となっています。コロナ禍でお盆休みに帰省や旅行ができず、その分9月を自宅で楽しむ方が増えたのかもしれません。

参考:総務省家計調査

2021年9月にもコロナ禍の影響が残っていることが予想され、対面で人と会うことが躊躇われる中、「敬老の日」を起点としてどのような広報活動を行えばよいか悩まれている広報担当者さんも少なくないのではないでしょうか。

そのような悩みにお答えすべく、「敬老の日」を活用したプレスリリースの作成について解説いたします!基本となる全ステップは以下9つです。

トレンドキーワードをプレスリリースに活用する基本の9ステップ01

本記事では特に重要な3つのステップを解説していきます。基本となる全9ステップについては以下のこちらの記事で解説してます。参考にしてみてください。

プレスリリース作成イメージ

重要STEP1.「敬老の日」の由来や現代における意味合いを調べる

まずは、「敬老の日」の由来や、現代における意味合いを知るところから始めましょう。

「敬老の日」がいつから制定されているのか、意味や由来を正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。

地道なリサーチではありますが、本来の意味や由来、新たな側面を見出すことは、トレンドを活用した情報発信をする上で、土台となる基礎知識となります。

「敬老の日」の由来

「敬老の日」は「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」というのが祝日法による定義となっています。

1951年(昭和26年)に作られた「としよりの日」が、1966年(昭和41年)に「敬老の日」に変わりました。当初は9月15日を「敬老の日」としていましたが、ハッピーマンデー制度により2003年から9月の第3月曜日に変更となり、暦によっては大型連休(シルバーウィーク)になることもあります。

ちなみに9月15日は「老人の日」と名称を変えて残っており9月15日~9月21日は「広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活向上に努める意欲を促す期間」という趣旨で「老人週間」と制定されています。

<参考>
一般社団法人 日本記念日協会
敬老の日.jp
内閣府

現代ではおじいちゃん・おばあちゃん、お世話になっているご高齢の方へ感謝を込めてプレゼントを贈る日として定着しています。

重要STEP2.意識調査などから情報収集

由来について知った後は、世論を調査し、現代の市場ではどのように捉えられてるのか、どのような情報発信の機会とされているのか、リアルな声・実例を調べてみましょう。インターネットを活用して以下のようなワードで調べてみると様々な情報が得られます。

<検索ワード例>

  • 「敬老の日 2021年」
  • 「敬老の日 プレゼント」
  • 「敬老の日 ギフト」
  • 「敬老の日 母の日 違い」

敬老の日の過ごし方

「母の日」に関する調査結果によると毎年プレゼントを贈っている人は約53%、「敬老の日」に関する調査結果では約37%という結果が出ており、異なる調査ではあるものの、母の日と比べると敬老の日に行動を起こす方は少ないようです。プレスリリースの配信本数も敬老の日は相対的に多いとは言えません。

そのため、「敬老の日をフックとして情報発信する」だけでなく「敬老の日をフックとしてどのように生活者へ行動変容を起こすか」まで設計してプレスリリースを配信することが肝要になりそうです。

敬老の日の贈り物

Instagramでは「#敬老の日」のハッシュタグで約22万件、「#敬老の日プレゼント」で約3.4万件の投稿があります。楽しい想い出は友人や大切な人とシェアする時代となっているため、各SNSにてどのような投稿がされているかも合わせて調べてみましょう。どんな風に過ごしているのか、どんな贈り物が選ばれているのか、など参考になるでしょう。

例えば2020年に発表された敬老の日に関する調査では、贈り物としては食品・お花・お酒・生活雑貨が多いですが、趣味に関するものや自由な時間を贈る方もいます。

2021年もコロナ禍によって引き続き自粛ムードが予想される中、どのような動向があるかを把握した上で、自社サービスをどのような切り口で生活者へ伝えていくかが重要となります。必要に応じて、顧客を対象に自社で調査してみるのも有効です。

<参考>
敬老の日ギフトに関するアンケート調査 2020年版(敬老の日.jp調べ)

【敬老の日アンケート結果報告】孫との交流にスマホ・ネットで「育児テック」を活用する祖父母世代

重要STEP3.誰に届けたい?ペルソナを設定

自社の商品やサービスを誰に一番伝えたいのかペルソナをしっかりと設定し、調べた由来や風習、調査結果などから得た情報をどのような切り口で提案するとより良いのかを策定しましょう。そうすることにより、効果的にニーズに沿った情報を届ける事ができます。

<ペルソナごとの提案例>
日頃、あまりおじいちゃん・おばあちゃんと話す機会がない生活者
→おじいちゃん・おばあちゃんの好みのものをプレゼントしたくても話す機会が少ないために選ぶことが難しい顧客層であるため、プレゼントを贈って終わりではなく、その後も一緒に楽しめる・話す機会が増えるような商品・サービスの使い方を合わせて提案する

このように「敬老の日」を自分事として捉えてもらえるように「80代の祖父母をもつ50代の生活者」や「祖父母との関わりが少ない核家族の10代」など設定した特定のペルソナに沿った提案をしていきましょう。そのためにも、由来や風習、世論調査で得た情報を切り口に、自社サービスと敬老の日がどのように関連するのかを見直し、情報発信に向けて整理していきましょう。

プレスリリース確認イメージ

些細だけれど大切なポイント

主に重要となるステップは上記3点です。しかしそれ以外にも些細だけれど大切なポイントがあります。基本ステップに沿って実行する際の参考にしてみてください。

その他ポイント.配信するタイミング

2020年の調査によると、生活者が敬老の日を意識しはじめるのは、1週間前もしくは1か月前が多数派となっています。Googleトレンドを活用して生活者がいつから敬老の日について検索しはじめているのか調べるのも効果的でしょう。

自社の商品・サービスによって適切なタイミングは異なりますが、生活者の意識が働くタイミングを把握したうえで配信時期を検討することが大切です。

意識調査で得た情報をもとに適切なペルソナを設定しタイミングを意識して配信しましょう!

コロナ禍の影響もあり、家族との時間を大切に捉えてる生活者が増えていると言われています。そんな時代だからこそ、大切な人と過ごす時間を、特別な商品・サービスで彩りたいと考える方は少なくありません。

まだ市場規模の拡大が見込める敬老の日。自社の商品・サービスを届けたいペルソナを設定し、適切なタイミングで情報発信を行い、特別な敬老の日を提案しましょう。

<編集:大森 美野>

トレンドキーワードをプレスリリースに活用する基本の9ステップ02

このシリーズの記事

前の記事 【トレンド徹底活用術 vol.17】「山の日編」:レジャーやアクティビティのアピールには最適な時期
次の記事 【トレンド徹底活用術 vol.19】お月見編:「見た目や行動から連想する」がポイント!
最初から読む 【トレンド徹底活用術 vol.0】トレンドキーワードを活用したプレスリリース作成の基本のキ!
このシリーズの記事一覧へ

この記事のライター

金村 魁

2020年にPR TIMES入社。前職では人材業界でキャリアアドバイザー業務に従事。求職者の転職支援を通じて「伝える」と「伝わる」の違いに興味を持ち、言葉についてより深く知れると考えPRの世界へ。現在はプレスリリース配信のお手伝いや社会貢献団体の支援を担当。根っからの動物好き。ペットフードを新しく買ったら自分でも食べてみてるのは内緒。

この記事に関連する記事

今注目の記事