【PR TIMESノウハウ】画像が準備できない場合はどうしたらいいの?

プレスリリースを配信する際、必要不可欠なのが画像です。最近では、Webメディアのニュースをみていても、ほとんどのニュースに画像が入っていますよね。

しかし、プレスリリースの内容や自社の状況・タイミングによっては、プレスリリースに適した画像を準備することが難しい場合もあるかもしれません。

本記事では、画像がないプレスリリースの懸念点をお伝えしながら、配信時に画像がない場合の対処法についてご紹介します。

画像がないプレスリリースの3つの懸念点

プレスリリースには画像が必要!ということはなんとなく理解できても、どうして画像が必要なのか、その理由がぼんやりしているという人も多いのではないでしょうか。

まずは、プレスリリースに画像がない場合の3つの懸念点について説明します。これを機に、画像の果たす役割をおさらいしてみましょう!

懸念点1.本文読了前に離脱されてしまう

まず、1つ目にして最大の懸念点とも言えるのが、本文を読了する前に離脱される可能性が上がってしまうという点です。

インターネットの発展によって情報発信の機会は大幅に増え、それと同時に、誰しもが簡単に情報が得られる時代になりました。その結果、プレスリリースも従来のメディア関係者を対象とした「報道資料」としての役割だけでなく、一般の生活者が直接目にする「ニュース」としての役割も果たしています。つまり、プレスリリースをいかに多くの人に読んでもらうかが広報担当者の腕の見せ所とも言えるのです。

そして、多様な情報が日々溢れているいまだからこそ、画像などビジュアル素材を効果的に活用することが必要不可欠です。

PR TIMESで、画像有りのプレスリリースページと画像無しのプレスリリースページのアクセス解析を行ったところ、本文最下部までの読了率はスマートフォンで約2.4倍、パソコンで約1.4倍、画像有りの方が良いという結果が出ています。(対象期間は2016年8月1日〜8月30日。同一カテゴリのPR TIMESプレスリリースページにおいて画像有りと画像無しのパターン別に平均値を算出して比較)

また、ファーストビュー(Webページを開いて最初に表示される領域)での離脱率を比較してみると、スマートフォンで約2.1倍、パソコンで約1.9倍、画像有りのほうが離脱しにくいという結果となっています。

参考: 1500万点超の画像素材でプレスリリースにビジュアル革命!
PR TIMESとピクスタが業務提携

これらの結果からも、画像を活用することでプレスリリースのコンテンツ力がアップし、最後まで読んでもらえる可能性が高くなるといえるでしょう。

懸念点2.SNSのタイムラインで見逃されてしまう

2つ目の懸念点は、SNSのタイムラインで見逃されやすいという点です。

インターネットの発展による情報の相互発信が活発になる中で、SNSは今や人々にとって欠かせないコミュニケーションツールとなっています。TwitterやFacebookなどのタイムラインには、今話題のトピックスが日々流れており、皆さんも日常的に目にしていることでしょう。

そんな膨大な量の情報が流れてくるSNSのタイムラインにおいても、ほかの情報と差をつけられるひとつの要素が画像の有無です。画像がない文字だけの情報と比べると、アイキャッチになる分、視認性が高くなりますし、クリックしてもらえる可能性もアップするでしょう。

懸念点3.読み手がイメージしづらい

3つ目の懸念点は、プレスリリースの読み手が具体的なイメージを持ちづらいという点です。

百聞は一見に如かず。文章だけの情報よりも画像とセットになっている方が、読み手のサービスや商品、イベント概要、活動の意義などプレスリリースの内容に対する理解が深まります。

加えて多くのメディアでは、ニュースを取り上げる際に画像や動画などの素材も併せて使用します。内容がいかに面白くても、画像がなければ記事として掲載できないというメディアもあるほどです。そのためあらかじめプレスリリースの内容に適した画像が添えられていると、メディア関係者にとっても親切で、結果として、掲載ボリュームが大きくなる可能性も高くなると言えるでしょう。

【状況別】プレスリリースの配信時に画像がない場合の対処法

ここまでで、プレスリリースに画像をつけることの重要性についてお伝えしてきましたが、様々なメリットは理解しながらも、どうしてもプレスリリースの配信時に画像が用意できないという場合もあるかもしれません。

そこで最後に、3つのケースに分けて、プレスリリースの配信時に画像がない場合の対処法についてご紹介したいと思います。

無形商材の場合

まず1つ目に考えられる状況として、プレスリリースで配信する内容が無形商材である場合です。

無形商材とは、形のない商品・サービスを扱う職種のことを指します。例えば、生命保険やパソコンのソフト、スマホのアプリなどが無形商材に当てはまります。

この場合には、下記のような例を参考に、画像をピックアップしてみると良いでしょう。

  • サイト・サービス・アプリなど、画面のスクリーンショット
  • ユーザーの利用シーンのイメージ写真(例:若い女性がスマホを触っている、面談しているなど)
  • サービスロゴやコーポレートロゴ

サービスやアプリ商材の場合は、開発するに至った経緯となるデータアンケート調査の集計グラフなども用意できるといいでしょう。グラフ素材が用意できる場合も利用シーンのイメージ写真があるとなお良いです。このイメージ写真については社内の宣材写真で適したものが無い場合、ストックフォトサービス「PIXTA」から画像を選定することをおすすめします。PR TIMESで配信するプレスリリースには無料で「PIXTA」を活用できるので、詳しくは下記記事をご参照ください。

参考記事:【PR TIMESノウハウ】PIXTA(ピクスタ)の画像は使ってもいいの?挿入方法は?

使用できる画像がまだ準備できていない場合

考えられる2つ目のケースは、プレスリリースの配信時に使用できる画像がまだ準備できていないという場合です。

この場合には、無理に配信をせず、配信日時を遅らせ、画像が用意できた時点で配信するという選択肢もあります。

広報の仕事は、正しい情報を正確に発信することです。情報の内容をより良いものにするためにも、画像がない未完成の状態で配信するよりも、画像が揃った完全な状態で配信する方が良い場合があります。

ただし他社との連携・提携に関する発表など、情報解禁日時の変更ができないプレスリリースの場合はその限りではありません。状況に応じた柔軟な判断が必要です。

どうしても画像準備が間に合わない場合は、前述したサービス・アプリの利用画面(スクリーンショット)やPIXTAを活用したイメージ画像、サービスロゴなどを利用し、代用できる画像を用意することをおすすめします。

経営発表など早急に配信する必要がある場合

3つ目のケースは、経営発表など、画像が揃うのを待つ余裕がなく、早急に配信する必要がある場合です。

謝罪や訂正、抗議など早急かつセンシティブな内容の場合には、内容のトーンも考慮し、画像がないまま配信しても問題ありません

それ以外の内容であれば、コーポレートロゴやオフィス写真など、手元にあり、すぐ用意できる宣材画像を載せることをおすすめします。

プレスリリース配信時には画像をなるべく用意しよう

本記事では、プレスリリースの配信時に画像が準備できない場合の対処法についてご紹介しました。

画像がないプレスリリースは、本文を読み追える前にユーザーが離脱してしまったり、SNSのタイムラインで目に留まりにくかったり、読み手がイメージしづらく伝えたい内容の理解が低くなってしまう等の懸念点があります。これでは、せっかく内容がまとまった良いプレスリリースでも思うように内容が伝わらず、プレスリリースの意義を損ねてしまうでしょう。

そうならないためにも、可能な限り画像を用意するのがベターでしょう。良い画像が見つからない場合には、ストックフォトサービス「PIXTA」をうまく活用してみてくださいね。

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事