記事検索

【PR TIMESノウハウ】位置情報の活用方法|どこに反映される?設定するべき場所は?

PR TIMESには、「位置情報」を設定できる機能があるのをご存知でしょうか。オフィス所在地、イベント開催場所、商品やサービスの販売・対象エリアなど、プレスリリースには「位置」に関する情報が含まれることが多くあります。この記事では、「位置情報」を正しく設定し、より多くの人に適切に情報を届けるための方法を解説します。

PR TIMESの位置情報はどこに反映される?

PR TIMESで設定したプレスリリースに関する位置情報が反映される箇所は2つです。まずは、トップページ > サイドバー >「カテゴリで検索」>「都道府県」で、該当都道府県の一覧にプレスリリースが表示されます。もう1箇所は、該当地域のプレスリリース受信を設定しているメディアユーザーや個人ユーザーの方にも、メールで情報が届きます。

PR TIMESの位置情報はどこを設定するべき?

企業によっては、「本店」「支店」「ポップアップストア」など、複数の位置情報を持つ場合があります。その場合、PR TIMESの位置情報はどのように設定すれば良いのでしょうか。ここでは、どの位置情報を設定すれば良いかを解説します。

本社や本店じゃないとダメなの?

PR TIMESの位置情報は、本社や本店以外でも設定可能です。例として、東京都を位置情報に設定したプレスリリースの一覧を見てみましょう。画面右上の【カテゴリ】メニューから、「本社・支社」「自治体」「店舗・民間施設」という3つのカテゴリを選択できます。このように、本社・本店とは異なる店舗等の位置情報も設定可能なので安心してくださいね。

位置情報の活用方法01

複数あるときにはどうしたらいいの?

では、1つのプレスリリースに対して複数の位置情報を設定したい時は、どうしたら良いのでしょうか。実は、PR TIMESの位置情報は最大5つまで設定が可能。位置情報を入力した後、それぞれの情報が「本社・支社」「自治体」「店舗・民間施設」のどのカテゴリに属するかを選択してください。

位置情報の活用方法02
本社の位置情報

PR TIMESの位置情報の活用方法

情報を探しているメディアや生活者向けの機能だと思われることもある位置情報。しかし、実はPR TIMESでプレスリリースを配信する企業側も、位置情報を活用できるのをご存知でしょうか。自社のプレスリリースの品質向上に役立つ、2つの活用方法をご紹介します。

1.自社と同じ位置情報の他社プレスリリースを調査する

1つ目の活用方法は、他社プレスリリースの調査。地方紙などのエリア特化型のメディアに対して的確に情報を届けるため、同じエリアの他社のプレスリリースを調査しておくのは非常に重要です。他社と自社のプレスリリースの差別化を図るために調査が必要な時は、次の2つのやり方で調査に取り組んでみてください。

  1. PR TIMESトップページ > サイドバー >「カテゴリで検索」>「都道府県」から、各都道府県の位置情報を持つプレスリリースの一覧を参照する
  2. 情報を集めたい地域のプレスリリース情報の受信を設定し、メールで情報を受け取る

2.同エリアの他社との共同企画のきっかけにする

メディア露出のチャンスを増やすため、他社との共同企画に取り組む企業も少なくありません。そんな共同企画でタッグを組む企業を探す際にも、位置情報をもとにしたプレスリリース検索が便利です。同じエリアという共通点を持つ企業と共同であれば、より高いニュースバリューを持つ広報企画を実現できるかもしれません。PR TIMESの位置情報検索で、ぜひパートナー企業を探してみてください。

パートナー企業を探している

位置情報の設定方法

位置情報の設定には2つの方法があります。自動取得するか手動で追加するか、状況に合わせて設定方法を選択してください。

プレスリリースから自動取得する

1つ目の方法は、プレスリリースからの自動取得。【プレスリリースから自動取得する】ボタンを押すと、PR TIMESが自動でプレスリリース内容を解析し、プレスリリースに記載された位置情報を一覧化します。手動の入力に比べてスピーディなだけでなく、入力ミスも防げるおすすめの方法です

位置情報の活用方法03

手動で位置情報を追加する

2つ目の方法は、手動での追加。どうしても手動で設定したい場合やプレスリリース本文に記載がない位置情報を追加したい場合は、【位置情報を追加する】ボタンを押して、直接情報を入力しましょう。

位置情報の活用方法05

位置情報を設定したらカテゴリも選択しておこう

PR TIMESの位置情報はどこを設定するべき?の項目でもご紹介したように、プレスリリースを検索する際には「本社・支社」「自治体」「店舗・民間施設」という3つのカテゴリで絞り込みが可能です。位置情報を設定したら、同時にカテゴリも設定しましょう。設定方法は、【カテゴリを選択】タブから、その位置情報の説明として最も適切なものを選択するだけ。1分とかからずに設定できます。

位置情報の活用方法06

位置情報を設定して、より的確に情報を届けよう

位置情報も、企業とメディア・生活者を繋ぐ大切な情報。特に、地方誌などのエリア特化型のニュースを配信するメディア関係者は、地域単位で情報を探していることが多くあります。狙ったターゲットに対して的確に情報を届けるためにも、位置情報・カテゴリ情報をしっかりと設定するようにしましょう。

このシリーズの記事

前の記事 【PR TIMESノウハウ】キーワードの表示先と設定するときの5つのポイント
次の記事 【PR TIMESノウハウ】PR TIMESでエラーが起きたときの対処法まとめ
最初から読む 【PR TIMESノウハウ】配信後に修正・訂正できる?プレスリリースのミス対応
このシリーズの記事一覧へ

この記事のライター

三寳 里菜

ライター・編集者。2013年、大学在学中に旅行系ITベンチャーに入社し、現在まで約6年にわたりコンテンツ責任者・広報・PR・組織開発を担当。それぞれのフィールドでの経験を活かして、「読みやすく、分かりやすく、伝わりやすいコンテンツ」づくりに取り組んでいます。ハウツーからイベントレポート・インタビューまで、様々なコンテンツ制作が得意です。

この記事に関連する記事

今注目の記事