新機能満載のEdge1000Jは画面が広く本体が薄くなって新登場!

セグメント機能でゴールを目指せ
株式会社いいよねっと
米国・ガーミン社正規代理店 株式会社いいよねっと(本社:埼玉県富士見市ふじみ野東1-7-6 代表取締役:真鍋 陽一)は、セグメント機能搭載でスマートフォン連携を強化した「Edge1000J」を11月7日(金)に新発売致します。

ツール・ド・フランスを含め世界中のレースで活躍する、 プロ・ロードサイクリングチーム「Team GARMIN-SHARP」の選手達とのR&Dで生み出されるガーミン「Edgeシリーズ」。

新モデルの「Edge1000J」は、 画面を大きく本体を薄くし8GBの本体メモリー搭載というハードウェア変更だけでなく多くの新機能を搭載しました。

大きくなった画面は、 Edge800Jに比べ解像度が約2倍になり静電容量式マルチタッチ化され、 見やすく操作しやすくなりました。
通信面では、 スマートフォン連携機能として新たに通知機能(スマートノーティファイ)をサポート。 着信やメール受信があった際はEdge1000Jの画面でお知らせ、 メール本文も確認可能です。 アクティビティデータやコース、 ワークアウトなどのデータ交換とリアルタイム位置情報発信機能「LiveTrack」がお使い頂けるスマートフォンアプリ「GarminConnect Mobile」もこれまで通りお使い頂けます。
その他通信機能としては、 スマートフォンやPCを介さずとも、 無線LAN親機と直接通信可能なWi-Fiサポートや、 Edge1000J同士でデータの送受信が可能なユニット間通信も搭載されました。

Edge本体でセグメントレースがリアルタイムに楽しめるのはEdge1000Jのみ。
GarminConnect上で公開されているセグメント(特定区間のレースコース)のデータをEdge1000Jにダウンロード、 セグメントリーダーや自己ベスト、 コネクション(仲間)のライダー達とバーチャルレースが展開できます。

内蔵メモリに搭載されているナビゲーション可能な道路地図は、 後日ダウンロード対応で自転車道を追加する事が出来ます。

SHIMANO電動コンポDi2とANT+インターフェースで接続可能。
前後ギアのポジションやDi2側のバッテリー残量がEdge1000Jの画面で確認可能です。

標準付属されるセンサーは加速度(G)を検知して動作する新タイプ。 マグネットの接地が不要になり調整が楽になりました。 また、 スピード側とケイデンス側が別体式になったため、 異型フレームやミニベロでも取り付けが可能になりました。



●Edge1000J(エッジセンジェイ)の主な仕様

・製品番号      :116110
・希望小売価格    :79,000円(税別)
・本体寸法      :58mm(幅)× 112mm(縦)× 20mm(厚)
・重量(電池込み)  :114.5g
・本体メモリ     :8GB
・メモリースロット  :microSDメモリ用スロット
・ディスプレイ    :39mm x 65mm / 静電容量式マルチタッチ対応 240 x 400ピクセル
・GPSチップ    :GPS/GLONASS/みちびきの3測位対応高感度タイプ
・防水性能      :日常生活防水 IPX7
・使用電池      :充電式リチウムイオンバッテリー
・インターフェース  :ANT+Sports対応 2.4GHz帯ワイヤレス/Bluetooth SMART/Wi-Fi/microUSB
・最長電池寿命    :約15時間
・ラップ取得可能数  :約1000ラップ
・トレーニング機能  :セグメント、 バーチャルトレーナー、 各種アラート、 自動ラップなど
・スマホアプリ    :「Garmin Connect Mobile」(iOS/Android)
・データ管理サイト  :「GARMIN Connect」 http://connect.garmin.com
・別売センサー    :VectorJ(ペダル式パワー計)
・付属品       :プレミアムハートレートセンサ&ストラップ、 スピードセンサー、 ケイデンスセンサー、 延長アウトフロントマウント、 ステム/ハンドルバーマウント、 microUSBケーブル、 日本詳細道路地図(内蔵)、 日本語マニュアル他

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社いいよねっと >
  3. 新機能満載のEdge1000Jは画面が広く本体が薄くなって新登場!
種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
スポーツモバイル端末
キーワード
関連URL
http://www.iiyo.net/cproductdetail.aspx?sku=116110
この記事の詳細を見る