【山形・新庄市】LCCと国内外メディアを活用したインバウンド誘客

LCC利用者の特性を最大限活かしたプロモーション施策を実施

山形県新庄市と株式会社さくらんぼテレビジョン(本社:山形県山形市)、株式会社角川アップリンク(本社:沖縄県那覇市)は、平成28年度の「内閣府地方創生加速化交付金」を活用して、「訪日外国人旅行客をターゲットとした地域ブランディングによる観光まちづくり事業」を実施しました。
本事業では、団体旅行やツアー旅行に頼らない FIT(Foreign Independent Tour)旅行者の増加に伴い、訪日外国人観光客誘致のための情報発信の場を、FIT旅行者の需要が期待されているLCC(Low Cost Carrier)に定め、ジェットスター・ジャパンの機内誌「ジェットスター・マガジン」やPeach Aviationの一部機内で配布されている「Peach Select」、バニラ・エアの機内で配布されているクーポン誌「tabic」を活用しました。

また、お客様の情報取得の多様性にも対応し、訪日外国人観光客向けの観光情報WEBサイト「Experience SHINJO」を立ち上げました。同サイトは、昨今、訪日外国人の増加に伴い、重要な課題となっている通信環境の整備として活用されるSIMカードや「ジェットスター・マガジン」「Peach Select」「tabic」と連携するなど、多重的な訪日外国人への情報発信を実施しました。

地方自治体と地元メディア、グローバルに展開するメディアが“三位一体”となり展開した外国人誘客の取り組みを、ぜひ、貴媒体にてご掲載いただけますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。

【新庄市とは?】

 


​山形県新庄市は、神室連峰をはじめとする山々に囲まれた盆地で、夏冬の寒暖差が激しい豪雪地帯です。そのため、食物の長期保存が求められ、さまざまな保存技術により、保存食文化が発達した町でもあります。
雪の下で保存される野菜は甘みがあり、寒風で干された野菜は味を凝縮させ、低温と湿度は発酵をじっくりと進めます。

また、盆地特有の日照時間の短さは日本一で、昔はたびたび飢饉に見舞われたため、豊作を祈願する祭りが受け継がれてします。「国重要無形民俗文化財」で、2016年に「ユネスコ無形文化遺産」に登録された「新庄まつり」もその1つです。
そして、雪に閉ざされる冬期間に、家の中で農家が培った手業が数多く残っています。

新庄市は「雪国だからこそ残った生活の知恵、手業、保存技術、そして、豊作を祈りつつ、食材を残さず調理する、ありがたみの文化の町」です。

【LCC利用客の特性を活用した送客効果事例 -栃木市-】


〜たびクーポン合同会社、栃木市産業振興部観光振興課 合同プレスリリースより(2016年6月30日)〜 


<実施内容1>
「新庄まつり」ほか新庄市の観光コンテンツ8本を映像化し、「Experience SHINJO」内で紹介。


<実施内容2>
新庄市多言語観光WEBサイト 「Experience SHINJO」の立ち上げ・公開。


新庄市多言語観光WEBサイト
「Experience SHINJO」
URL:http://www.experienceshinjo.com/
2016年12月2日公開
対応言語:日本語 英語 繁体字中国語
 



「Experience SHINJO」各ページ紹介
新庄まつりページ
新庄まつりの概要と、まつりに関わる「人」にスポットを当てた情報発信。ユネスコ無形文化遺産に登録された、新庄まつりの「山車(やたい) 」制作過程や、演者として参加された方々のインタビュー等を多言語で紹介。
 


新庄グルメページ
カド焼きまつり、味覚まつり、そばまつり…1年を通して、グルメイベントが満載の新庄市には、美味しい店も勢ぞろい! 昼の「んめにゃ!」~新庄市の定番ランチ特集~のほか、あらゆるジャンルのイチオシグルメスポットを紹介。
 

 


<実施内容3>
角川アップリンクが編集・発行するジェットスター・ジャパン機内誌「ジェットスターマガジン」、Peach Aviationの「Peach Select」、バニラ・エアの「tabic」、SIMカード「J Walker SIM」を活用したプロモーション。

【12月号】
2016年12月の発行号では、3誌各2ページにて「新庄まつり」を紹介。
 



【2月号】
2017年2月の発行号では、3誌各2ページにて「雪国ワンダーランド」をPR。
 



【4月号】
2017年4月の発行号では、3誌各4ページにて「留学生の新庄市モニターツアーリポート」と「キトキトマルシェ」をPR。
 


また、国内初の取組みとして株式会社角川アップリンクが日本国内の一部施設で発売する観光情報小冊子付きSIMカード「J Walker SIM」と連携することで、日本を訪れる訪日外国人にとって重要な課題として取り上げられている通信環境の提供と同時に、「Experience SHINJO」のプロモーションを実現するなど、LCC機内での情報発信に留まらず、日本到着後も多重的に訪日外国人観光客に山形県新庄市の魅力を発信いたしました。

※「J Walker SIM」とは…
2015年7月から、台湾角川をMVNOとした、訪日外国人向けに日本でのデータ通信を可能にするKADOKAWAグループのオリジナルSIM カード。現在、台湾、香港、 日本で販売を展開している。日本国内では、京浜急行羽田空港国際線ターミナル駅、那覇空港国際線ターミナル、ゆいレール那覇空港駅、LCC機内にて販売中。

<実施内容4>
台湾人留学生による新庄市観光モニターツアーを開催。2泊3日で、新庄市の観光スポット、食、伝統文化を体験していただきました。


【観光スポット】
・新庄・最上漫画ミュージアム
・新庄ふるさと歴史センター
・肘折温泉「洞窟乃湯 松屋」
・最上川舟下り
・もがみ物産館
【体験スポット】
・そば打ち体験
・新庄東山焼体験
・体験工房「機織り長屋」
【食スポット】
・甘味処 悠豆里庵
・立ち飲みちょっとバー 味おんち
・梅屋
・げたぱん
 


<実施内容5>
KADOKAWAのグループ会社で、台湾に現地法人を構える「台湾角川」のネットワークを利用して、新庄市に関するアンケート調査を実施しました。

目的:訪日外国人に対する認知度、および、誘客に関するリサーチ
実施期間:2017年2月7日~28日
回答方法:WEBアンケート、PRにおいて台北ブックフェア、台湾角川Facebook、LCC機内誌/クーポン誌を活用
有効総サンプル数:652名
回答者の国籍:台湾/香港/中国/マカオ/シンガポール/アメリカ/カナダ

アンケート抜粋「新庄市の観光資源への興味度ランキング」
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 山形県新庄市 >
  3. 【山形・新庄市】LCCと国内外メディアを活用したインバウンド誘客