三日坊主でも受験可能な検定サービスを開始します

申込から最短2日で受験可能!結果は1週間以内に手元に届く!

合同会社アビリティ(本社:大阪市北区、代表社員 井山朋亮)が運営するテープ起こし技能検定は、2月1日(木)から受験申込の受付をスタートします。初日に申込と入金を済ませれば最短で2月8日には受験結果が手元に届きます。
【テープ起こし技能検定とは】
テープ起こし技能検定は、文字起こしやテープ起こしと呼ばれる音声を文章化する技能を知識と技能の両面で出題し、合計点数が80点以上が合格となります。

【三日坊主でもモチベーションの維持が可能!?】
今までの資格を取ろうと思ってから何か月も勉強のモチベーションを維持して、不合格になってしまったら数か月後の試験日に向けて勉強していかなければならないというものを一切排除し、公式のテキストは電子書籍でクレジットカードがあればすぐに購入いただけます。試験自体も、銀行営業日に申込をして振込を同銀行営業日内に行えば、最短で2日後には受験することができます。

【試験時間は1日中!】
試験時間は1日としていますので、「午前中は家事で忙しくて受けられないな。」「フルタイムの仕事で夜しか時間が取れそうにないよ。」というような現代の社会人にピッタリな受験スタイルを目指しました。
また、毎日が試験開催日だからこそ、試験前日までに受験日変更の連絡をすれば振替することも可能です。突発的な病気や家庭の状況は誰にも予測できない事態です。落ち着いた状況で受けてもらいベストを尽くしてもらいたいからこそ、日程変更ができるスタイルにしました。

【高額なテキストや講習にお金を使う必要なし!】
受験料に関しましてもこれから在宅ワークやフリーランスでやる為に資格を取って一歩リードしたいのに、数万円の講習を受けないといけないとか数万円のテキストを買わないといけない。というような検定を受けると稼ぐために検定を受けるのかわからなくなってしまいます。当社では外部サービスを利用して最大限経費削減に努めた結果、5000円以下でお申し込みして頂くことが可能になりました。
公式テキストに関してもワンコインという求めやすい値段ながら、今後仕事としてやっていくときに必要な最低限の内容を盛り込みました。PDF形式なので、印刷して書き込めるという点でも、自分流のテキストにできます。

また、母体が独立系の検定運営会社なので試験内容や音声データの長さなども公表しています。せっかく資格を取ったのに、検定ホームページに試験内容などが公表されておらずクライアントにアピールすることができないということが少なくなります。

【検定内容】
基礎コース・・・テープ起こしの知識・一般常識問題・カタカナ語ビジネス用語などを50問ランダムで出題+実技試験として、1対1のインタビュー(約30分)のテープ起こし
上級コース・・・テープ起こしの知識・一般常識問題・カタカナ語ビジネス用語などを50問ランダムで出題+実技試験として、1対1のインタビュー(約60分)のテープ起こし
【検定料】
基礎コース・・・4320円(税込)
上級コース・・・4860円(税込)
【受験資格】
どなたでも受験可能(未成年者は親権者の同意を得ていること)

公式ホームページよりお申し込みやスケジュールなどが確認いただけます。
https://tape-transcription.com/

弊社では、今後もテープ起こしに限らず、多くの在宅ワーカーがスキルを証明できるように検定を企画して実施していきます。詳細は公式Twitterもしくはホームページ上で行います。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社アビリティ >
  3. 三日坊主でも受験可能な検定サービスを開始します