アイドルの働き方改革!シフト制で活動する「Girls Live Project」の総合プロデューサーに里咲りさ氏が’就任

Zeppワンマンを達成した里咲りさ氏によるアイドルプロデュースが始動

シフト制アイドル「Girls Live Project(通称 ”GLP”)」では、シンガーソングライター・里咲りさ氏を総合プロデューサーとして迎えましたのでお知らせいたします。

「Girls Live Project」 撮影 稲垣謙一「Girls Live Project」 撮影 稲垣謙一

■里咲りさ氏が総合プロデューサーに就任

シフト制アイドル「Girls Live Project(通称 ”GLP”)」では、シンガーソングライター・里咲りさ氏を総合プロデューサーとして迎えましたのでお知らせいたします。

総合プロデューサーに着任した里咲りさ氏は「GLPを日本一健康的なグループにしたい」とコメント。里咲氏プロデュースの下、撮影した新アーティスト写真(撮影 稲垣謙一)と新ロゴ(デザイン 澤井真吾)も公開いたします。

加えて、総合プロデューサー・里咲りさ氏が自ら手がける新公演も発表。公演タイトルは「オンユアマークス」となりました。1月より東京アイドル劇場にて上演予定。(ビジュアルデザイン 小島百華)

GLPは、総合プロデューサー・里咲りさ氏、スーパーバイザー・槙田紗子氏の下で、アイドルの新しい形を模索してまいります。現在は、出演タレントを随時募集中です。下記ページをご確認の上、LINE@よりご応募ください。
https://www.girlsliveproject.com/pages/1344048/about

「Girls Live Project」ロゴデザイン 澤井真吾「Girls Live Project」ロゴデザイン 澤井真吾

 

 

「オンユアマークス」ビジュアルデザイン 小島百華「オンユアマークス」ビジュアルデザイン 小島百華

 

■GirlsLiveProject

「Girls Live Project」 撮影 稲垣謙一「Girls Live Project」 撮影 稲垣謙一

シフト制で活動できるアイドルユニット。楽曲と衣装をセットとした”公演”を、様々なタレントたちがパフォーマンスする。固定メンバー制ではないため、タレントにはアイドル以外にも自由な活動を約束し、タレントの働き方改革をテーマとする。総合プロデューサーは里咲りさ、スーパーバイザーには槙田紗子氏が就任している。
https://www.girlsliveproject.com/

■総合プロデューサー・里咲りさ

シンガーソングライター、社長。
手焼きCD-Rでオリコンチャートイン、Rグランプリ受賞、ぼったくり物販などで話題となり、ラジオ番組やバラエティ番組などで幅広く活躍。2017年には活動3周年でZepp DiverCity TOKYOでのワンマンライブを成功させ、現在も精力的に活動している。

■スーパーバイザー・槙田紗子

2009年ガールズロックユニット「ぱすぽ☆」のメンバーとしてデビュー。2011年、メジャーデビューシングル「少女飛行」が、女性グループのデビューシングルとしては史上初のオリコン週間ランキング初登場第1位を獲得。2015年12月卒業。現在は、2年連続でソロ写真集発売、3年連続写真展開催、主演舞台、脚本、多数のアイドルグループの振り付け、主催フェス「サコフェス」開催など、 女優・タレント・振付師としてマルチに活動中。

■ライブプラットフォーム「東京アイドル劇場」

2015年2月スタートしたライブ企画。1日10組程度のアーティストを集めることで、1公演あたりのチケット単価を抑えた単独イベントを開催する。場所代のリスク、チケット販売の手配、当日の入場管理などを東京アイドル劇場が請け負い、アーティストは単独ライブをコストをかけずに実施できる。
http://www.tokyoidolgekijo.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TOGEKI >
  3. アイドルの働き方改革!シフト制で活動する「Girls Live Project」の総合プロデューサーに里咲りさ氏が’就任