“ここにも ふくしま PASS THE BATON” 福島の「Jヴィレッジ」から福島の魅力を伝えるリレーバトン広告がスタート!

~朝日新聞(全国版)に全12回にわたって魅力を発信~

  福島県は、2020年3月に始まる聖火リレーの出発地点「Jヴィレッジ」から、“ここにも ふくしま PASS THE BATON”プロジェクトをスタートしました。全国各地で福島を応援してくださっている方々に注目し、県内と県外とで繋ぐ福島への想いを、リレー形式でご紹介します。 ​


■2020年3月までに全12回のリレーバトン(広告掲載)を実施
  “ここにも ふくしま PASS THE BATON”プロジェクトは、朝日新聞(全国版)朝刊に、2020年3月まで毎月最終土曜日に広告の掲載を予定しております。
  日本酒や農産物、ものづくりなど様々なテーマにおいて、それに携わる福島の人々から生まれ、県内にとどまらず県外の人々へ繋がっていく想いや、県外で感じられる福島の魅力をお伝えします。
 初回となる4月掲載分では、4月20日に全面再開したJヴィレッジを舞台に、連載開始を宣言します。※4月の広告は同プロジェクトの連載開始告知となり、4月27日(土)に掲載予定です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 福島県広報課 >
  3. “ここにも ふくしま PASS THE BATON” 福島の「Jヴィレッジ」から福島の魅力を伝えるリレーバトン広告がスタート!