病気やケガ、育児や介護の時にも収入を確保できる、新しい「フリーランス向け案件紹介サービス」を提供開始

フリーランス1000万人時代に求められるセーフティーネットを提供

 株式会社フロンティアパートナーズ(東京都渋谷区)は、病気やケガ、育児や介護の時にも収入を確保できる、新しいフリーランス向け「案件紹介サービス」の提供を開始しました。フリーランスに案件(仕事)を紹介する「案件紹介サービス」の利用者に対して、実績に応じた「固定収入」を提供することで、フリーランスの収入面の安定化を支援します。
■フリーランス業態における収入面の不安定
 民間の調査(*1)によれば、日本国内のフリーランス人口は1000万人を超えると言われています。また、フリーランスの64.4%は、「収入がなかなか安定しない」ことをフリーランスを継続していく上での障壁として捉えています(*2)。
 当社のアンケート調査によれば、フリーランスの収入に関する悩みとして、約70%が「病気やケガの時に収入が途絶えてしまう」と回答しているほか、約46%は「案件の急なキャンセルや延期がある」と回答しています。
 多くの専業フリーランスが加入する国民健康保険には「傷病手当金」等の生活保障制度がないため、病気やケガにより稼働できなくなった場合には、そのまま無収入状態となってしまいます(なお、「出産手当金」もありません)。
 また、稼働を見込んでいた案件(仕事)が一方的にキャンセルされたり、発注者側の予算手続の遅延等で数ヶ月遅れたりすることも珍しくありません。このような無収入状態を穴埋めするために、受注しやすい低単価の案件を受注せざるを得ない場合もあり、フリーランスの収入低下に拍車をかけています。

フリーランスに対するアンケート調査結果(n=254)フリーランスに対するアンケート調査結果(n=254)

 このように、フリーランスの収入は非常に不安定なものとなっており、フリーランスとして家庭を築いたり、十分な生計を立てたりすることが困難な状況になっています。フリーランス人口が1000万人を超える社会において、この収入問題は優先的に解決すべき社会問題と位置づけられます。

*1: ランサーズ「フリーランス実態調査」(2019年)
*2: プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会「フリーランス白書2018」(2018年)

■「固定収入」を提供する新しい案件紹介サービス
 本サービスでは、稼働実績に応じた「ポイント制」を採用することで、本サービス利用者(フリーランス)に対する「固定収入」の提供を実現しました。

 

「固定収入」を実現するポイント制の仕組み「固定収入」を実現するポイント制の仕組み

 本サービス利用者は、日々の案件での稼働でポイントを貯めることができます。本サービスの特徴は、この稼働ベースのポイントだけではなく、稼働外の「事務局タスク」や「マネージメント」でもポイントを貯めることができる点にあります。
 当社では、一般的な案件紹介ビジネスに必要となる営業活動やマネージメント業務に対応するスタッフを最小限とし、これらの業務を本サービス利用者に分担して頂きます(参加は自由)。この業務の対価を、「固定収入」の原資としています。

■フリーランス視点のサービス展開
 当社では今後とも、フリーランスの収入向上支援や現場での困り事の解消、キャリア形成や資産形成など、フリーランス視点に基づいた独自のサービスを展開してまいります。

■「案件紹介サービス」ウェブサイト
https://www.frontierpartners.co.jp/freelance/

■会社概要

会社名:株式会社フロンティアパートナーズ
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー18F
代表者:代表取締役 千葉康介
創業・設立:2000年8月(2019年5月 分社により設立)

資本金:6,000,000円
事業内容:
 ・経営コンサルティング事業
 ・人材紹介事業(有料職業紹介事業許可03-ユ-310996)
 ・教育事業

連絡先:info@frontierpartners.co.jp

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フロンティアパートナーズ >
  3. 病気やケガ、育児や介護の時にも収入を確保できる、新しい「フリーランス向け案件紹介サービス」を提供開始