コロナ禍で遅延するがん治療。東京MITクリニックが自宅でできるがん治療 (オンライン診療)を開始

自宅でできるがん治療 (オンライン診療)

全国を対象にコロナによって治療が遅延したり、通院が困難な方々にオンライン診療を利用した在宅医療支援を開始いたします。
東京都中央区八重洲にある免疫治療を専門とする腫瘍内科の東京MITクリニックは、全国を対象にコロナによって治療が遅延したり、通院が困難な方々にオンライン診療を利用した在宅医療支援を開始いたします。 患者様は自宅または、入院先からスマートフォンを使ってオンライン診療を受診し、郵送処方によって治療を受けることができます。

自宅でできるがん治療 (オンライン診療)自宅でできるがん治療 (オンライン診療)


対象となる患者様
  • 「コロナ禍が理由で、抗がん剤治療が打ち切りに。」
  • 「目前だったがん手術が、無期限の延期に。」
  • 「治療成果が出ていたのに、緩和ケア病院への転院となった。」
  • 「夜間の急変に、かかりつけ先での受け入れが断られた。」
上記のような方々にあくまでコロナ禍における暫定期間にお申し込みの方に限られますが、それにより実際に外来で投与するのとまったく同じ内服薬等の提供が可能になります。
  1. がんと診断された方
  2. 患者本人がオンライン診療に同席できること

適応となるがんの種類
肺がん、膵臓がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、腎臓がん、食道がん、乳がん、卵巣がん、子宮がん、咽頭がん、悪性リンパ腫、前立腺がん、直腸がん、S状結腸がん、十二指腸がん、小腸がん 、膀胱がん、甲状腺がん、舌がん等

オンライン診療による治療内容
1,サイトカイン誘導治療(郵送処方)
活性化キラーT細胞が強力にがん細胞の進行阻止

サイトカイン誘導治療(郵送処方)サイトカイン誘導治療(郵送処方)


2,アポトーシス誘導治療(郵送処方)
免疫システムでがんに障害を与えた後にミトコンドリアからがん細胞を自滅させるアポトーシスを発令させる

アポトーシス誘導治療(郵送処方)アポトーシス誘導治療(郵送処方)


クリニックのご紹介
1996年から日本免疫治療学会会長として約20,000件を超えるがん免疫治療を行い、1999年にこれまでの免疫研究をもとにしたがん免疫検査システム「リスクチェッカー」を開発。

がん専門医療施設 東京MITクリニック
〒104-0028
東京都中央区八重洲2-5-6 KBYビル3F
オンライン診療のご相談、お申込み
050-3649-6571
ホームページ
https://www.mitgroup.jp/case/lung

東京MITクリニック東京MITクリニック


院長 宇野克明 腫瘍内科医 日本免疫治療学会会長

院長 宇野克明院長 宇野克明

1986年: 東海大学医学部卒業
1986年: 東京女子医科大学第2外科において一般外科・救急外科を研修
1988年: 杏林大学医学部第1外科・免疫班に転籍、外科手術と併せて非特異的・抗腫瘍免疫治療の研究を行う。
1996年: 横浜市中区の医療法人財団コンフォート病院より理事長として招聘・就任
1999年: これまでの免疫研究を元にして がん免疫検査システム「がん免疫ドック(イムノドック)を開発
2000年: 東海大学医学部外科・研究員として組織適合抗原HLAならびにがん免疫研究を再開
2000年: 上記コンフォート病院内にがん研究部門「免疫研究センター」を開設
2004年: 東海大学医学部・基礎系生体構造機能学教室・非常勤講師(兼任)
2004年: ハルピン医科大学・名誉教授に就任(兼任:中国・黒竜江省)
2005年: 医療法人財団コンフォート病院理事長を退任・引き続き最高統括理事に就任
2007年: 国連支援交流協会特別顧問に就任
2009年: 免疫学的な腫瘍消失現象(アポトーシス)を強力に誘導する新規医療素材ES-27を開発
2009年: ES-27を用いミトコンドリアレベルから腫瘍のアポトーシスを誘導する“がんミトコンドリア治療”開発
2012年: がん免疫検査システム「イムノドック」を完全リニューアル、「リスクチェッカー」と改称し解析業務を再開
2012年: 新たながん専門医療施設、東京MITクリニックを東京駅前・八重洲に設立、初代院長となる
2014年: 東京MITクリニックの法人化に伴い「東京MITクリニック」の名称は「医療法人社団東京MIT・東京MITクリニック」へと変更、初代理事長・院長に就任
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 医療法人社団東京MIT・東京MITクリニック >
  3. コロナ禍で遅延するがん治療。東京MITクリニックが自宅でできるがん治療 (オンライン診療)を開始