CBD JAPAN EXPO 2021 オンラインで4月21日に初開催

CBD(カンナビジオール)製品に関するビジネスイベント開催。CBD製品の市場活性化と消費者へのCBD製品に関する啓蒙、薬物乱用防止の啓蒙を目的として開催。

CBD JAPAN EXPO 実行委員会(所在地:東京都渋谷区[RFA digital brains株式会社内])は、CBD製品に関するビジネスイベント「CBD JAPAN EXPO 2021」を2021年4月21日(水) にオンラインで開催します。

CBD製品の市場活性化と消費者へのCBD製品に関する啓蒙、薬物乱用防止の啓蒙を目的として開催されます。CBDに関わる皆様の協力のもと、CBD製品の正しい知識を広め、健全かつ活発な市場の育成に努めます。

現在、視聴チケットの申し込み受付中です。視聴チケットは、業界関係者のみでなく、一般の方の購入も可能です。詳しくはWEBサイトにてご確認ください。https://www.cbdjapanexpo.biz/


---------------------------------------------
■CBD(カンナビジオール)とは

麻の有効成分を総称して『カンナビノイド』といいます。
米国をはじめ海外では大麻が一部の地域で医療用として使われており、2016年11月にWHO(世界保健機構)にて安全性も高いと発表されています。 カンナビノイドの中のCBDは多くの試験から良好な安全性の特徴、忍容性があり、テトラヒドロカンナビノール(THC)のような精神作用を含むことはなく、乱用、依存、耐性はみられないとされています。

・CBD(精神作用を引き起こさない)
・THC(精神作用を引き起こす)

現在、CBDは欧米を中心に広く医療への応用の可能性があるとみられ研究されており、海外では医療品や健康食品、化粧品などに使用されている安全性の高い原料です。

※一般社団法人 日本カンナビジオール協会ホームページより引用

---------------------------------------------
■CBD JAPAN EXPO 2021 開催概要
イベント名称:CBD JAPAN EXPO 2021
日時:2021年4月21日(水)
時間:13:00〜15:30
会場:オンライン
視聴チケット(税込): 1,000円
WEBサイト: https://www.cbdjapanexpo.biz/

---------------------------------------------
■イベント内容
(1)プレゼンテーション
・最新のTHC分析について:Botanacor Laboratories
・アメリカのマーケットについて: APCO
・日本のCBD製品製造の現場:株式会社グレースエフエー
・今年のCBD市場予測:一般社団法人日本カンナビジオール協会

(2)ディスカッション
・日本におけるCBD製品の実情

(3)出展企業による製品紹介

※内容は変更になる場合があります。

主催:CBD JAPAN EXPO実行委員会
協力:一般社団法人日本カンナビジオール協会
事務局:RFA digital brains株式会社

---------------------------------------------
■問い合わせ先
CBD JAPAN EXPO実行委員会・事務局

担当 山口純司
info@cbdjapanexpo.biz

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-8 第5スカイビル 2F
RFA digital brains株式会社内

---------------------------------------------

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RFA digital brains 株式会社 >
  3. CBD JAPAN EXPO 2021 オンラインで4月21日に初開催