ヒツジになってチームでアイデア出し! オンラインサービス「AMATO」をリリース

~リモートワークでアイデア出せる環境づくりへ~

Sqoll株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役社長:山根 陽一)は、オンライン上で複数人が順番にアイデア出しできるサービス「AMATO(アマト)」をリリースしました。ニックネームを登録するだけで、ヒツジのアバターとしてアイデアを投稿できるほか、投稿回数に応じて架空の都市が発展していきます。すぐに使える利便性を目指し、無料で誰でも利用でき、会員登録も必要ありません。

イメージイメージ

コロナ禍以降、リモートワークが浸透したことで業務の多くがオンラインで行われるようになりました。そこで課題になったのが、チームワークで新しい価値を創出する作業の難しさです。従来であれば顔をつきあわせてブレインストーミングを行い、付箋でホワイトボードにまとめることができましたが、オンラインで同様のプロセスは簡単ではありません。

うまくアイデアを出せない要因の一つに、オンラインでの雰囲気づくりが影響しているのではないか?という疑問から本サービスを開発するに至りました。盛り上がりを重視し、ヒツジのアバターに変化してチームで架空の都市を作っていく設定になっています。オンラインのビデオサービスを併用し、リアルタイムに会話しながらご利用いただくと臨場感が高まります。

<主な機能>
・ニックネームの登録だけで利用開始できます
・メンバの招待は、発行されるURLをシェアするだけです
・複数人が参加でき、リレー方式で順番にアイデア出しできるよう誘導します
・アイデア出しする順番になった人は最初に決めた制限時間内に投稿します
・かわいい羊のアバターたちがあなたの代わりにアイデアを投稿してくれます
・チーム全員がアイデア出しした回数に応じて、架空の都市が発展します

>>ヒツジになってアイデア出しするオンラインサービスAMATO
https://amato.sqoll.com/lp.php


アイデア出しをチームリレーするというアイデア

アイデアを出すということは難しいものです。一人でも難しいのに、チームで出すとなったらなおさら困難を伴います。「自分のアイデアは大したことないんじゃないか」「否定されるんじゃないか」「そもそも何も頭に浮かんでこない」といった心理的な葛藤があるため、自発的な意見に制限がかかりやすくなります。

そこでチームでアイデア出しするときにアシストの要素を加えました。「平等に順番が回ってくる」「制限時間がある」「他人の発言を参照できる」「楽な気持ちで取り組める」という要素を加えることで、チーム全員の発言を促せると考えています。

>>ヒツジになってアイデア出しするオンラインサービスAMATO
https://amato.sqoll.com/lp.php

ニックネームで部屋を作り、メンバを招待しよう

1)まずアイデア出しのリレーをする部屋を作ります。

 

2)アイデア出しの制限を設定します。


3)参加してもらいたいメンバにURLリンクを送ります。


4)招待したメンバを待ちます。ビデオサービスで音声通話を併用すると効果的です。


5)アイデア出しのリレーをはじめます


6)規定の回数がきたら、終了です。回数に応じて都市が発展します。


>>ヒツジになってアイデア出しするオンラインサービスAMATO
https://amato.sqoll.com/lp.php

【会社概要】
会社名:Sqoll株式会社
本社:〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-3-31モノデコール石神井公園1F-4F
代表者:代表取締役 山根陽一
設立:2018年8月6日
資本金:2,000,000円
Tel:03-3997-7408
URL:https://sqoll.com/

事業内容 :
(1)インターネットを利用したサービスのプランニング業務
(2)インターネットを利用したサービスの開発及び運用業務
(3)インターネットを利用したコンサルティング業務
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Sqoll株式会社 >
  3. ヒツジになってチームでアイデア出し! オンラインサービス「AMATO」をリリース