現代アートの投資ファンド「Amalgam Art Capital 1号匿名組合」を組成

世界の現代アートを投資対象とする投資ファンドが誕生。

株式会社Amalgam Art Capital(本社:東京都中央区、代表取締役:新井恵介)は、このたび、「Amalgam Art Capital1号匿名組合」(以下、当ファンド)を組成しました。

 

  • 本取組の背景とねらい
当ファンドでは、1960年以降に制作されたいわゆる「現代アート」に投資領域を絞り、アロケーションを組成します。
また、さらにその中でもアーティストの評価や市場価格、オークションでの実績をもとに成長銘柄、安定銘柄で区分けし、戦略的投資を実施します。
  • アートポートフォリオ特性
保有上位15銘柄(予定)
・草間彌生
・ロッカクアヤコ
・山口長男
・田中敦子
・アンディ・ウォーホル
・リーウーファン
・奈良美智
・村上隆
・小松美羽
・デイヴィット・ホイックニ―
・井田幸昌
・アレックス・カッツ
・岡崎乾二郎
・ジュリアン・オピー
・BANKSY
※ポートフォリオは現時点での構成であり、市況によって変動する可能性があります。
  • アートの評価、真贋について
 当ファンドのアドバイザリーであるオークショニアの倉田陽一郎氏に真贋、評価を依頼します。
  • 会員様向けイベントの開催
 会員様向けのアート作品の展示会を年2回程度開催しています。

Amalgam Art GalleryAmalgam Art Gallery

Amalgam Art Gallery 東急プラザ渋谷3F
  • ファンドに係る関係法人
本投資法人:株式会社Amalgam Art Capital
代表取締役:新井 恵介
設立:2021月8月
所在地:東京都中央区銀座2-9-13 GINZA-2 9F

法律アドバイザー:株式会社リーガルデザイン
リーガルデザイナー:吉崎 静
創業:2014年4月
所在地:東京都港区麻布十番1-10-3 モンテプラザ麻布907
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Amalgam Art Capital >
  3. 現代アートの投資ファンド「Amalgam Art Capital 1号匿名組合」を組成