This is Japan!日本を最高に楽しみたい旅人が集まる宿。日本橋馬喰町にカフェバー一体型ゲストハウス「Japanize Guest House & Bar」がオープン


2016年8月31日、Web開発会社の株式会社Widsley(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高橋 弘考http://widsley.com/)は、東京日本橋馬喰町にカフェバー一体型ゲストハウス「Japanize Guest House & Bar」をオープンします。1階のカフェバーでは宿泊者以外も飲食のできるエリアになっており、週末にはDJを招いてのイベントや、ワークショップなどが行われます。内装デザインには映画キル・ビルで撮影された権八を手掛けたことでも著名な「デザインレーベルノットの佐藤氏」、家具には飛騨高山の職人「大噴火の清水氏」、壁画には画家の近藤氏が担当しています。「ローカルファースト」をコンセプトとしたゲストハウスの内装は、日本全国の伝統的な製品などが寄せ集められており、購入することもできます。

【HP】http://www.jnize.com/guesthouse
【Facebook】https://www.facebook.com/jnizecom/

 

 


■コンセプト
ジャパナイズゲストハウスは、日本を最大限に楽しんでもらう事を目的に作られました。1階のバーでは気持ちのいい音楽とおいしい料理とお酒で楽しみ、旅の仲間を見つけてください。酔いつぶれても大丈夫、すぐ上はホテルです。ただ泊まるだけではもったいない、生涯の出会いを見つけ、最高の旅を楽しんでください。我々スタッフはそのために最大限の努力を惜しまず、また一緒に美味しいお酒を酌み交わせれば至上の幸せです。

オープンスタッフは全員がバックパッカー経験者。諸外国を旅する際にはゲストハウスに泊り、そこで出会った友人と観光をすることの楽しみを強く感じています。オーストラリアのゲストハウスで7年前に出会った二人が再会し、このプロジェクトが立ち上げられました。

 


 全国の日本の伝統的なものにフューチャーしたこのゲストハウスは、家具や内装などが日本全国の職人たちによる作品でできており、ゲストハウスが丸ごとショールームとなっています。製品はその場またはECで購入することができます。

料理やお酒ももちろん和にこだわっています。
産地直送システム「toriii」(http://toriii.jp/)と提携しており、旬と鮮度、質の良い国産食材にこだわった料理を提供しています。
また、ゲストハウス内の各所に設置したタブレットで食材の特徴や生産者のこだわりを見ることができます。
世界の料理×和風(日本化[japanize])した料理を随時開発しており、月によってメニューが変わっていく予定です。

 

 

 


■特徴
・アーティストがあつまり作られたこだわりの空間
・旅行仲間ができるアットホームなゲストハウス
・ローカルファーストがコンセプトで全国の日本の伝統品などを集めた内装
・おいしい料理とお酒、気持ちのいい音楽(週末にはイベントも)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Widsley >
  3. This is Japan!日本を最高に楽しみたい旅人が集まる宿。日本橋馬喰町にカフェバー一体型ゲストハウス「Japanize Guest House & Bar」がオープン