自然に戻る働き方改革「キャンピングオフィス」が始動

労働の質向上を目指す働き方改革をスノーピークビジネスソリューションズが提案。五感が刺激される新しい働く環境を体験できる展示会が2017年8月23日(水)〜25日(金) に開催されます。

2017年8月23日(水)〜25日(金) 8:45~19:00にグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール1F・2Fで開催される「第91回経営戦略セミナー 研究会全国大会」内の「第4回ビジネスパートナーフェア」で、株式会社スノーピークビジネスソリューションズがオフィス内外の仕事環境を整える新しい取組「キャンピングオフィス」の展示会を開催します。

 

昨今、厚生労働省が中心となり盛んに取り組まれているのが「働き方改革」です。仕事の量的な施策が中心となっていますが、今回の展示会で体験できるのは、労働の質向上を目指すオフィス環境改革の取り組みです。この背景にあるのが、2014年から米国内外で広まったウェル認証です。これは、多くの時間を過ごす建物空間を「空気」「光」「快適性」など7分野を評価軸とするものです。つまり、国を問わず「人を第一に考える」健康経営を実現できる働き方志向が強まっていることがわかります。
 



キャンピングオフィスは、このような時流の中で生まれたオフィス内外の仕事環境を整える新しい取組です。オフィスのアウトドア化を目指すこの取組では、オフィス内の環境整備とオフィス外のオフィス化の2点に取り組みます。オフィス内には、生産性や集中力が高まるグリーン・テント・アウトドア用の机や椅子・自然音響を用いて環境を作ります。キャンプのような雰囲気は五感を刺激して自由な発想が生まれやすいため、社員同士の関係良好になり自然と生産性を高めます。オフィス外へは、キャンプギアを持ち出すことで、仕事ができる環境を作ります。このように労働環境を整えることで、労働の質を上げて働き方改革を目指すのがキャンピングオフィスの狙いです。
 



発案したのは、株式会社スノーピークビジネスソリューションズ(本社:愛知県岡崎市、代表取締役:村瀬亮(むらせりょう))です。スノーピークビジネスソリューションズは、テクノロジーの進化による世間のキャンプ・アウトドア熱の高まりと企業が抱える組織づくりの問題に着目して、オフィス環境へのキャンプギア導入や自然の中で行う社員研修などを提供しています。

今回のキャンピングオフィス展示会は、2017年8月23日(水)〜25日(金) 8:45~19:00に株式会社船井総合研究所が主催する「第91回経営戦略セミナー 研究会全国大会」内の「第4回ビジネスパートナーフェア」で開催されます。会場は、グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール1F・2F(所在地:東京都港区高輪3-13-1)です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ >
  3. 自然に戻る働き方改革「キャンピングオフィス」が始動